導入事例

牛久駅前広場ライトアップ

JR常磐線 牛久駅(茨城県牛久市)で、5月1日からカラー演出照明がスタートしました。牛久市の玄関口にあたる駅東口リニューアルに合わせて計画されたもので、市街地の活性化を図る同市事業の一環として整備されました。
この演出照明に、ウシオライティングのLED照明器具が採用されています。

バスロータリの中央に位置する、白い膜構造の「大屋根」。五角形の1辺に6灯ずつ、計30灯の屋外用フルカラーLEDバーライトを設置、電球色照明と組み合わせたライティングにより、大屋根をやわらかく染めあげ、幻想的なグラデーションをつくりだしています。

この演出照明は、年間を通じて行われる予定で、あらかじめ季節やイベントに合わせて複数のシーンを設計、加えて、日の出、日の入りを検出できる年間タイマを組み合わせることにより、時間ごとの調光や、季節ごとのシーン変化をフルオートで実現しています。


建築設計 : kuaa.
照明デザイン : シリウスライティングオフィス
監修 : 牛久市中央地区都市デザイン会議

Photo Gallery

桜をイメージした春の演出
空と海をイメージした夏の演出
紅葉をイメージした秋の演出
雪が積もるような冬の演出
かっぱ祭りをモチーフにした演出







 

ページトップ