導入事例

堂島川護岸(大阪市)ライトアップ

-風の動きを光色変化でインタラクティブに表現、特別な夜景を演出-



2017年4月3日、中之島中央エリアの堂島川護岸を彩るあらたなライトアップがスタートしました。
特別な夜景を演出するために、エリアを吹き抜ける風によって表情を変える川面に着目、「揺風囁光(ようふうしょくこう)」をライティングコンセプトとして、風渡る川面を走る風、光り囁くように光が揺らぐ、そんな川面のゆらぎを光により表現、LED照明を無線制御し、桜色や暖色系の和風色彩を再現することで、護岸を歳時記に合わせてカラフルに染めあげています。また、風向風速計で風の流れを計測し、風向は「光の色」、風速は「白色光の動き」に変換、インタラクティブな表現を実現させています。

Photo Gallery

写真:A.P.First 荒木 義久

施主:大阪府
照明設計:スタイルマテック・松本設計室
設置:小寺電業
製品納入、オペレーション:ウシオライティング

採用された製品

- RLB・LEDライトバー(特注仕様) x 703台
- DMXレコーダ(UDMR) x 9台
- 無線制御システム(無線送受信機 x 10台)
- 風向風速計 x 2台

大阪府 ライトアップと水辺の創出事業について

大阪府は、「大阪ミュージアム構想」のもと、他都市にない「水都大阪」の魅力を高め、ブランド力と発信力を向上するため、「ライトアップと水辺の創出事業」において、「水の回廊(大阪市内中心部を囲む河川)」の川沿いにある既存資産を活用した、光の景観形成を推進しています。2009年からエリア内の橋や船着き場のライトアップが開始され、さらに2012年には、大阪府と大阪市が共同で「大阪都市魅力創造戦略」を策定、重点取り組みの1つとして「水と光の首都大阪の実現」を掲げ、より魅力的な光景観の創出に取り組んでいます。





 

ページトップ