1. 2019年3月 (1)年
  2. 2019年1月 (1)年
  3. 2018年12月 (1)年
  4. 2018年10月 (1)年
  5. 2018年3月 (1)年
  6. 2017年10月 (1)年
  7. 2017年5月 (2)年
  8. 2017年4月 (2)年
  9. 2017年3月 (4)年
  10. 2017年2月 (1)年
  11. 2016年12月 (1)年
  12. 2016年8月 (1)年
  13. 2016年4月 (1)年
  14. 2016年3月 (1)年
  15. 2015年10月 (1)年
  16. 2015年9月 (1)年
  17. 2015年8月 (1)年
  18. 2015年6月 (1)年
  19. 2015年5月 (1)年
  20. 2015年4月 (2)年
  21. 2015年3月 (1)年
  22. 2015年2月 (1)年
  23. 2015年1月 (1)年
  24. 2014年10月 (1)年
  25. 2014年8月 (1)年
  26. 2014年7月 (2)年
  27. 2014年5月 (1)年
  28. 2014年4月 (1)年
  29. 2013年12月 (1)年
  30. 2013年9月 (1)年
  31. 2013年8月 (1)年
  32. 2013年7月 (1)年
  33. 2013年6月 (1)年
  34. 2013年3月 (1)年
  35. 2013年2月 (2)年
  36. 2012年12月 (1)年
  37. 2012年11月 (1)年
  38. 2012年10月 (2)年
  39. 2012年7月 (1)年
  40. 2012年6月 (1)年
  41. 2012年5月 (1)年
  42. 2012年4月 (1)年
  43. 2012年2月 (2)年
  44. 2012年1月 (1)年
  45. 2011年12月 (1)年
  46. 2011年10月 (1)年
  47. 2011年9月 (1)年
  48. 2011年8月 (1)年
  49. 2011年3月 (2)年
  50. 2011年2月 (2)年
  51. 2010年12月 (3)年
  52. 2010年11月 (1)年
  53. 2010年9月 (1)年
  54. 2010年8月 (1)年
  55. 2010年7月 (1)年
  56. 2010年5月 (3)年
  57. 2010年2月 (1)年
  58. 2010年1月 (1)年
  59. 2009年12月 (3)年
  60. 2009年11月 (2)年
  61. 2009年7月 (1)年
  62. 2009年6月 (1)年
  63. 2009年5月 (1)年
  64. 2009年3月 (1)年
  65. 2009年2月 (1)年
  66. 2008年12月 (1)年
  67. 2008年8月 (1)年
  68. 2008年1月 (1)年
  69. 2007年12月 (2)年
  70. 2007年8月 (1)年
  71. 2007年7月 (1)年
  72. 2007年5月 (1)年
  73. 2006年7月 (1)年
  74. 2006年6月 (4)年
  75. 2006年5月 (1)年
  76. 2005年6月 (1)年
  77. 2004年3月 (4)年
  78. 2003年5月 (1)年
  79. 2003年2月 (3)年
  80. 2002年8月 (2)年
  81. 2002年1月 (1)年
  82. 2001年8月 (2)年
  83. 2001年7月 (1)年
  84. 2019 (2)年年
  85. 2018 (3)年年
  86. 2017 (10)年年
  87. 2016 (4)年年
  88. 2015 (10)年年
  89. 2014 (6)年年
  90. 2013 (8)年年
  91. 2012 (11)年年
  92. 2011 (8)年年
  93. 2010 (12)年年
  94. 2009 (10)年年
  95. 2008 (3)年年
  96. 2007 (5)年年
  97. 2006 (6)年年
  98. 2005 (1)年年
  99. 2004 (4)年年
  100. 2003 (4)年年
  101. 2002 (3)年年
  102. 2001 (3)年年
ニュース News

ニュースリリース

第1回デジタル・ライティング・シンポジウムを開催

 6月1日(金)、当社と京都造形芸術大学の“産学連携プロジェクト”として、同大学において「第1回デジタル・ライティング・シンポジウム」を開催しました。
 このシンポジウムは、当社が掲げる3つの事業テーマの1つである、「光と映像の融合」に対する取り組みで、舞台・ステージ-空間-建築-一般照明の垣根を取りはらうことができるデジタルライティングを提案、映像と照明の間に存在する壁を破る、1つのきっかけにするものです。
 なかでも、映像照明機器・LED照明メーカーの技術者から照明・空間・インテリアデザイナーまで、ハード、ソフトの垣根を超え、そうそうたるメンバーにご参集いただいたパネルディスカッションは、「光の未来との関わり方」をテーマに白熱し、まさに照明分野におけるシナジーを産み出しました。

Continue reading

カテゴリー: 出展・イベント

弊社ハロゲンランプ(JR12V50Wタイプ)ご使用のお客様へのお知らせ<専用フリーダイヤル導入のご案内>

 

2007年7月12日

ウシオライティング株式会社

お客様各位

 

 

弊社ハロゲンランプ(JR12V50Wタイプ)ご使用のお客様へのお知らせ
<専用フリーダイヤル導入のご案内>

 

日頃は、弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、弊社ホームページ上 7月3日付でお知らせいたしました、「弊社ハロゲンランプ(JR12V50Wタイプ)ご使用のお客様へ お詫びとお知らせ」内に記載の、《お客様お問い合わせ先》電話番号を変更、新たに専用のフリーダイヤルを導入いたしますことを、お知らせいたします。

Continue reading

カテゴリー: 重要なお知らせ

2000Wロングスロームービングライト新型「SHOWGUN(ショーガン)」を発表

 ウシオライティング株式会社は、日本総代理店として販売を行っているHigh End Systems, Inc.(ハイエンドシステムズ、本社:米国テキサス州オースチン、社長 フランク・ゴードン)の新製品である、2000Wロングスロームービングライト 「SHOWGUN(ショーガン)」の国内販売を2007年7月9日(月)より開始します。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

ユーミンスペクタクル シャングリラIII 「YUMING SHANGRILAIII」でDL.2が採用

ユーミンこと松任谷由実による、「ロックショーであり、サーカスであり、シンクロナイズドスイミングのショーであり、またそのどれでもない」、まったく新しいエンターテイメントショーである「ユーミンスペクタクル シャングリラ」。

Continue reading

カテゴリー: 出展・イベント

弊社ハロゲンランプ(JR12V50Wタイプ) ご使用のお客様へ <お詫びとお知らせ>

2007年7月3日

ウシオライティング株式会社

お客様各位

 

 

弊社ハロゲンランプ(JR12V50Wタイプ) ご使用のお客様へ
<お詫びとお知らせ>

 

日頃は、弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

さて、弊社ハロゲンランプのうち、2007年(平成19年)5月末から6月初旬に出荷いたしました下記製品の一部で、ランプのバルブ封入ガス圧が通常より高くなっているものがあり、点灯時ごく稀に破損し、破片が飛散する可能性のある製品が含まれていることが判明いたしました。

つきましては、今後とも安心してお使いいただくために、無償にて交換を実施させていただきます。

Continue reading

カテゴリー: 重要なお知らせ

ページトップ