1. 2020年12月 (2)年
  2. 2020年10月 (1)年
  3. 2020年9月 (1)年
  4. 2020年6月 (1)年
  5. 2020年3月 (1)年
  6. 2020年2月 (1)年
  7. 2019年11月 (1)年
  8. 2019年8月 (1)年
  9. 2019年5月 (1)年
  10. 2019年3月 (1)年
  11. 2018年12月 (1)年
  12. 2018年10月 (1)年
  13. 2018年3月 (1)年
  14. 2017年10月 (1)年
  15. 2017年5月 (2)年
  16. 2017年4月 (2)年
  17. 2017年3月 (4)年
  18. 2017年2月 (1)年
  19. 2016年12月 (1)年
  20. 2016年8月 (1)年
  21. 2016年4月 (1)年
  22. 2016年3月 (1)年
  23. 2015年10月 (1)年
  24. 2015年9月 (1)年
  25. 2015年8月 (1)年
  26. 2015年6月 (1)年
  27. 2015年5月 (1)年
  28. 2015年4月 (2)年
  29. 2015年3月 (1)年
  30. 2015年2月 (1)年
  31. 2015年1月 (1)年
  32. 2014年10月 (1)年
  33. 2014年8月 (1)年
  34. 2014年7月 (2)年
  35. 2014年5月 (1)年
  36. 2014年4月 (1)年
  37. 2013年12月 (1)年
  38. 2013年9月 (1)年
  39. 2013年8月 (1)年
  40. 2013年7月 (1)年
  41. 2013年6月 (1)年
  42. 2013年3月 (1)年
  43. 2013年2月 (2)年
  44. 2012年12月 (1)年
  45. 2012年11月 (1)年
  46. 2012年10月 (2)年
  47. 2012年7月 (1)年
  48. 2012年6月 (1)年
  49. 2012年5月 (1)年
  50. 2012年4月 (1)年
  51. 2012年2月 (2)年
  52. 2012年1月 (1)年
  53. 2011年12月 (1)年
  54. 2011年10月 (1)年
  55. 2011年9月 (1)年
  56. 2011年8月 (1)年
  57. 2011年3月 (2)年
  58. 2011年2月 (2)年
  59. 2010年12月 (3)年
  60. 2010年11月 (1)年
  61. 2010年9月 (1)年
  62. 2010年8月 (1)年
  63. 2010年7月 (1)年
  64. 2010年5月 (3)年
  65. 2010年2月 (1)年
  66. 2010年1月 (1)年
  67. 2009年12月 (3)年
  68. 2009年11月 (2)年
  69. 2009年7月 (1)年
  70. 2009年6月 (1)年
  71. 2009年5月 (1)年
  72. 2009年3月 (1)年
  73. 2009年2月 (1)年
  74. 2008年12月 (1)年
  75. 2008年8月 (1)年
  76. 2008年1月 (1)年
  77. 2007年12月 (2)年
  78. 2007年8月 (1)年
  79. 2007年7月 (1)年
  80. 2007年5月 (1)年
  81. 2006年7月 (1)年
  82. 2006年6月 (4)年
  83. 2006年5月 (1)年
  84. 2005年6月 (1)年
  85. 2004年3月 (4)年
  86. 2003年5月 (1)年
  87. 2003年2月 (3)年
  88. 2002年8月 (2)年
  89. 2002年1月 (1)年
  90. 2001年8月 (2)年
  91. 2001年7月 (1)年
  92. 2020 (7)年年
  93. 2019 (4)年年
  94. 2018 (3)年年
  95. 2017 (10)年年
  96. 2016 (4)年年
  97. 2015 (10)年年
  98. 2014 (6)年年
  99. 2013 (8)年年
  100. 2012 (11)年年
  101. 2011 (8)年年
  102. 2010 (12)年年
  103. 2009 (10)年年
  104. 2008 (3)年年
  105. 2007 (5)年年
  106. 2006 (6)年年
  107. 2005 (1)年年
  108. 2004 (4)年年
  109. 2003 (4)年年
  110. 2002 (3)年年
  111. 2001 (3)年年
ニュース News

ニュースリリース

News Release 樹脂製の「UPバルブ」でバルブ分野に参入

ポリプロピレンを主原料とする、耐薬品性とコストパフォーマンスに優れた
UPバルブ(ユーピーバルブ)の販売を開始

ウシオグループの一員であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、産業用機器・システムなどの配管に多く使用されているバルブのビジネスに参入、新製品として、耐薬品性とコストパフォーマンスに優れた、ポリプロピレン(PP)を主原料とする「UPバルブ」を、12月上旬から販売開始することを、お知らせします。

理化学機器、分析装置、製造装置・システムといった産業用機器の内部で使用する、空気、水などの気体・液体用配管チューブには、「流す」、「止める」といった制御をするバルブが使用されています。
このバルブにも種類があり、高いスペックや強度が求められる場合には、フッ素樹脂、金属製がおもに使われます。
その一方、コストパフォーマンス優先で、必要とするクオリティが担保できる素材で作られたバルブがあれば、それに切り換えたいというユーザーも潜在的にいます。
また、同時に、耐圧性や耐薬品性、使用している配管や継手との相性も、バルブ選びの要素になります。

UPバルブは、PPを主原料にした樹脂製で、現在、市場にはほとんどありません(当社調べ)。高い耐圧性や耐薬品性、優れたコストパフォーマンスを兼ね備えているという特長があることから、上記のようなユーザーに対して、大きなメリットとソリューションをもたらします。
Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

News Release「Care222® iシリーズ ダウンライトタイプ i-DU」販売開始について

有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222®」を搭載した
「Care222® iシリーズ ダウンライトタイプ i-DU」を2021年1月から販売

ウシオ電機株式会社の100%子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222®」を搭載した「Care222® i シリーズ ダウンライトタイプ i-DU」(以下、Care222® i-DU)の販売を2021年1月から開始します。

「Care222® i-DU」は、ウシオグループが提供する「Care222® i シリーズ*1」のラインアップとして、ウシオライティングの照明分野におけるノウハウをベースに、一般的な埋め込み型ダウンライトの形状に合わせて、222nm紫外線モジュールをユニット化したもので、商業施設・店舗、オフィスや学校などの有人環境下で、照明器具同様に空間デザインへ調和し、ウイルス抑制・除菌に貢献するものです。
Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ