1. 2021年1月 (1)年
  2. 2020年12月 (3)年
  3. 2020年10月 (1)年
  4. 2020年9月 (1)年
  5. 2020年8月 (1)年
  6. 2020年7月 (1)年
  7. 2020年6月 (2)年
  8. 2020年5月 (1)年
  9. 2020年4月 (2)年
  10. 2020年3月 (4)年
  11. 2020年2月 (1)年
  12. 2020年1月 (1)年
  13. 2019年11月 (1)年
  14. 2019年10月 (4)年
  15. 2019年8月 (2)年
  16. 2019年7月 (1)年
  17. 2019年6月 (2)年
  18. 2019年5月 (2)年
  19. 2019年4月 (2)年
  20. 2019年3月 (2)年
  21. 2019年2月 (1)年
  22. 2019年1月 (1)年
  23. 2018年12月 (1)年
  24. 2018年11月 (1)年
  25. 2018年10月 (3)年
  26. 2018年8月 (3)年
  27. 2018年7月 (4)年
  28. 2018年5月 (2)年
  29. 2018年4月 (1)年
  30. 2018年3月 (3)年
  31. 2018年2月 (4)年
  32. 2017年11月 (1)年
  33. 2017年10月 (6)年
  34. 2017年8月 (1)年
  35. 2017年6月 (4)年
  36. 2017年5月 (4)年
  37. 2017年4月 (2)年
  38. 2017年3月 (4)年
  39. 2017年2月 (1)年
  40. 2016年12月 (1)年
  41. 2016年11月 (1)年
  42. 2016年10月 (1)年
  43. 2016年8月 (4)年
  44. 2016年6月 (1)年
  45. 2016年4月 (1)年
  46. 2016年3月 (4)年
  47. 2015年11月 (2)年
  48. 2015年10月 (1)年
  49. 2015年9月 (2)年
  50. 2015年8月 (4)年
  51. 2015年6月 (1)年
  52. 2015年5月 (1)年
  53. 2015年4月 (3)年
  54. 2015年3月 (1)年
  55. 2015年2月 (2)年
  56. 2015年1月 (1)年
  57. 2014年11月 (1)年
  58. 2014年10月 (2)年
  59. 2014年9月 (2)年
  60. 2014年8月 (2)年
  61. 2014年7月 (2)年
  62. 2014年5月 (1)年
  63. 2014年4月 (1)年
  64. 2013年12月 (2)年
  65. 2013年11月 (1)年
  66. 2013年10月 (2)年
  67. 2013年9月 (1)年
  68. 2013年8月 (1)年
  69. 2013年7月 (1)年
  70. 2013年6月 (1)年
  71. 2013年3月 (2)年
  72. 2013年2月 (3)年
  73. 2013年1月 (1)年
  74. 2012年12月 (2)年
  75. 2012年11月 (1)年
  76. 2012年10月 (3)年
  77. 2012年7月 (1)年
  78. 2012年6月 (1)年
  79. 2012年5月 (1)年
  80. 2012年4月 (1)年
  81. 2012年2月 (2)年
  82. 2012年1月 (1)年
  83. 2011年12月 (2)年
  84. 2011年11月 (1)年
  85. 2011年10月 (1)年
  86. 2011年9月 (1)年
  87. 2011年8月 (1)年
  88. 2011年3月 (3)年
  89. 2011年2月 (2)年
  90. 2010年12月 (3)年
  91. 2010年11月 (1)年
  92. 2010年10月 (1)年
  93. 2010年9月 (1)年
  94. 2010年8月 (1)年
  95. 2010年7月 (1)年
  96. 2010年5月 (3)年
  97. 2010年3月 (2)年
  98. 2010年2月 (1)年
  99. 2010年1月 (1)年
  100. 2009年12月 (3)年
  101. 2009年11月 (2)年
  102. 2009年7月 (1)年
  103. 2009年6月 (1)年
  104. 2009年5月 (1)年
  105. 2009年3月 (2)年
  106. 2009年2月 (1)年
  107. 2008年12月 (2)年
  108. 2008年11月 (1)年
  109. 2008年9月 (2)年
  110. 2008年8月 (1)年
  111. 2008年4月 (1)年
  112. 2008年3月 (1)年
  113. 2008年1月 (1)年
  114. 2007年12月 (2)年
  115. 2007年8月 (1)年
  116. 2007年7月 (5)年
  117. 2007年6月 (1)年
  118. 2007年5月 (1)年
  119. 2006年7月 (1)年
  120. 2006年6月 (5)年
  121. 2006年5月 (3)年
  122. 2006年2月 (1)年
  123. 2005年6月 (1)年
  124. 2005年1月 (1)年
  125. 2004年10月 (1)年
  126. 2004年7月 (1)年
  127. 2004年6月 (1)年
  128. 2004年5月 (1)年
  129. 2004年4月 (1)年
  130. 2004年3月 (4)年
  131. 2003年5月 (1)年
  132. 2003年2月 (3)年
  133. 2003年1月 (2)年
  134. 2002年8月 (2)年
  135. 2002年5月 (1)年
  136. 2002年1月 (2)年
  137. 2001年8月 (2)年
  138. 2001年7月 (1)年
  139. 2001年3月 (1)年
  140. 2000年12月 (1)年
  141. 2021 (1)年年
  142. 2020 (18)年年
  143. 2019 (18)年年
  144. 2018 (22)年年
  145. 2017 (23)年年
  146. 2016 (13)年年
  147. 2015 (18)年年
  148. 2014 (11)年年
  149. 2013 (15)年年
  150. 2012 (13)年年
  151. 2011 (11)年年
  152. 2010 (15)年年
  153. 2009 (11)年年
  154. 2008 (9)年年
  155. 2007 (10)年年
  156. 2006 (10)年年
  157. 2005 (2)年年
  158. 2004 (9)年年
  159. 2003 (6)年年
  160. 2002 (5)年年
  161. 2001 (4)年年
  162. 2000 (1)年年
ニュース

ニュース

代表取締役の異動

ウシオ電機を核とするウシオグループの一員であるウシオライティング株式会社(本社:東京都中央区)は、1月14日に行った取締役会において、代表取締役社長 中森 克己が退任し、同日付で後任として、小田 聰樹(前取締役常務執行役員)が新社長に就任したことをお知らせします。

2021年1月14日
ウシオライティング株式会社


お問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報 金子
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:t-kaneko@ushiolighting.co.jp


カテゴリー: 重要なお知らせ

ウェブサイトリニューアルのご案内




いつも当サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、ウェブサイトの利便性向上のためのリニューアルを実施しています。

これにより、これまで分散していた以下3サイトの情報をウシオエンターテインメントサイトに統合します。

・ウシオライティング (http://www.ushiolighting.co.jp/
・マックスレイ http://www.maxray.co.jp/
・クリスティ・デジタル・システムズ/日本語サイト (http://www.christiedigital.jp/

また、コンテンツを再整理し、より見やすいデザインに変更、これまでよりも便利にご利用いただけるようになります。
今後とも、一層ウェブサイトの充実と利便性向上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

公開日

近日公開 : 不具合が発覚したため、公開を延期します。解消のめどが立ちましたら改めてお知らせいたします。


並行運用期間

1月4日(月)~1月31日(日)までは、並行運用期間とし、既存の3サイトも閲覧が可能です。
2月1日(月)以降、既存サイトへのアクセスは自動的に新サイトにリダイレクトします。

お問い合わせ

サイトリニューアルに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報課 金子
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:info@ushiolighting.co.jp


カテゴリー: ニュース重要なお知らせ

News Release 樹脂製の「UPバルブ」でバルブ分野に参入

ポリプロピレンを主原料とする、耐薬品性とコストパフォーマンスに優れた
UPバルブ(ユーピーバルブ)の販売を開始

ウシオグループの一員であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、産業用機器・システムなどの配管に多く使用されているバルブのビジネスに参入、新製品として、耐薬品性とコストパフォーマンスに優れた、ポリプロピレン(PP)を主原料とする「UPバルブ」を、12月上旬から販売開始することを、お知らせします。

理化学機器、分析装置、製造装置・システムといった産業用機器の内部で使用する、空気、水などの気体・液体用配管チューブには、「流す」、「止める」といった制御をするバルブが使用されています。
このバルブにも種類があり、高いスペックや強度が求められる場合には、フッ素樹脂、金属製がおもに使われます。
その一方、コストパフォーマンス優先で、必要とするクオリティが担保できる素材で作られたバルブがあれば、それに切り換えたいというユーザーも潜在的にいます。
また、同時に、耐圧性や耐薬品性、使用している配管や継手との相性も、バルブ選びの要素になります。

UPバルブは、PPを主原料にした樹脂製で、現在、市場にはほとんどありません(当社調べ)。高い耐圧性や耐薬品性、優れたコストパフォーマンスを兼ね備えているという特長があることから、上記のようなユーザーに対して、大きなメリットとソリューションをもたらします。
Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

News Release「Care222® iシリーズ ダウンライトタイプ i-DU」販売開始について

有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222®」を搭載した
「Care222® iシリーズ ダウンライトタイプ i-DU」を2021年1月から販売

ウシオ電機株式会社の100%子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222®」を搭載した「Care222® i シリーズ ダウンライトタイプ i-DU」(以下、Care222® i-DU)の販売を2021年1月から開始します。

「Care222® i-DU」は、ウシオグループが提供する「Care222® i シリーズ*1」のラインアップとして、ウシオライティングの照明分野におけるノウハウをベースに、一般的な埋め込み型ダウンライトの形状に合わせて、222nm紫外線モジュールをユニット化したもので、商業施設・店舗、オフィスや学校などの有人環境下で、照明器具同様に空間デザインへ調和し、ウイルス抑制・除菌に貢献するものです。
Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

株式会社姫路ヴィクトリーナとのスポンサー契約締結に関するお知らせ

スポンサー契約終了(2020年10月31日更新)
当社は、2019-2020シーズンの契約満了に伴い、2020年10月末日をもって契約更新を見送ることとしました。
スポンサー契約は終了しますが、今後も引き続き、ヴィクトリーナ姫路の活躍を祈念しています。
また、サポーターの皆さまからいただいた、当社へのあたたかいお言葉にも、心から感謝いたします。



<2019年1月23日 ニュースリリース本文>
ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:牛尾志朗、以下、ウシオエンターテインメント)は、傘下のウシオライティング株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:椿隆二郎)を通じて、バレーボールのV.LEAGUE(Division2)加盟チームである「ヴィクトリーナ姫路」を運営する株式会社姫路ヴィクトリーナ(所在地:兵庫県姫路市、代表取締役球団社長:橋本 明)とのスポンサー契約を締結、オフィシャルライティングパートナーとして、その活動をサポートしていきます。

ヴィクトリーナ姫路は、2016年に設立された日本初の女子プロバレーボールチームで、今シーズン(2018/19シーズン)から、日本バレーボールリーグ機構が運営する「V.LEAGUE Divison2」に参戦しています。
同チームは、兵庫県姫路市を本拠地に、「姫路から世界へ」をチームスローガンとして活動しています。
ゼネラルマネージャーには姫路市出身で、バレーボール女子日本代表監督を8年間務め、2012年ロンドン五輪で日本女子バレー界に28年ぶりの銅メダルをもたらした眞鍋政義氏が、監督には同五輪でセッターとして活躍し、メダル獲得のチーム躍進を支えた竹下佳江氏が就任したことで、注目と期待が集まっています。

ウシオは、「地域社会との調和」、「地域の発展に貢献」を基本方針、行動指針の1つとして企業活動を推進するなか、創業の地でもある姫路に根ざし、姫路から世界を目指す同チームの活動をサポートすることは意義のあることだと考えます。また、単なるスポンサーにとどまることなく、ウシオが得意とする照明、映像、音響の、これまで重ねてきたさまざまな商業施設、テーマパーク、アミューズメント施設でのコラボレート実績をフルに活用し、公式ライティングパートナとしてホームゲームの試合会場を演出することで、会場を訪れる地域の方々に、元気と一体感をもたらします。
さらに、ワクワク、ドキドキするエンターテインメントシーンを創出、提供することは、バレーボールの魅力向上にも資すると信じています。




株式会社姫路ヴィクトリーナ
代表取締役球団代表 橋本 明

この度、ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社様からのご支援が決定したことは非常に嬉しく思います。
我々ヴィクトリーナ姫路は、女子バレーボール界初のプロチームです。
プロチームにとってホームゲームの演出は、今後の大きな課題でありもっとも力を入れるべきテーマですので、大変心強く思います。
ウシオエンターテインメント様の技術や力をお借りして、会場の一体感が高まりファンに一層喜ばれる試合となることを期待し、この度の合意が両者にとって有益なものとなるよう取り組んでまいりたいと考えております。



ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社
代表取締役 牛尾 志朗

私たちは、光や映像、音響による演出により、あらゆる場所で人々に「驚き」や「感動」を与えるエンターテインメントを創造してきました。
この度、ヴィクトリーナ姫路への支援を通じて、地域スポーツの健全な発展と、スポーツ観戦の新たな魅力創出に尽力する所存です。
また、ウシオ創業の地でもある姫路で、スポーツのさらなる発展、地域の活性化に寄与できる機会が得られたことを誇らしく思います。
私たちもヴィクトリーナ姫路とともに、姫路から世界へはばたきます。



►リリースPDFを開く



お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報 金子
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:t-kaneko@ushiolighting.co.jp


2018-2019シーズン ホームゲーム演出


Photo Gallery







カテゴリー: ニュースニュースリリース

洗足学園音楽大学の「デジタル緞帳」でプロジェクターが採用

Christieブランドの4K解像度3DLPプロジェクターが
学校法人として初めて設置されたデジタル緞帳で色彩豊かな映像を再現

デジタル緞帳の全景
ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(東京都中央区/代表取締役:牛尾 志朗)の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、洗足学園音楽大学(神奈川県川崎市、学長:万代 晋也)が8月17日にオープンさせたミュージカルシアター「MUSIC POOL CINO(シーノ)」の「デジタル緞帳」で、Christie(クリスティ)ブランドの4K解像度3DLPプロジェクタープロジェクターが採用されたことを、お知らせします。

*緞帳(どんちょう):
舞台にある幕のひとつで、客席から舞台を隠すためのもの。一般的には絵や刺繍などが施されているが、「デジタル緞帳」は、これらの代わりとして、プロジェクターで映像を映しだす

洗足学園音楽大学は、学校法人洗足学園が1967年に設置したもので、音楽を愛する心を育て、豊かな人間性を養うことを目的として、音楽全般を幅広く学ぶとともに、それぞれの専門分野を深く掘りさげる教育が行われています。
「MUSIC POOL CINO」は、学園のKids Square内にあったプールを改修、ミュージカル専用シアターとしたもので、この度、シアターの「顔」ともいえる緞帳にエンターテインメント性をもたせ、来場者に驚き、感動、開演前の高揚感を与えることを目的として、デジタル緞帳を導入しました。

幅19 m、高さ4.84 mもある、この大型緞帳に、デジタルコンテンツを投影するプロジェクターとして、Christieブランドの4K解像度プロジェクター「Boxer(ボクサー) 4K30」を2台、納入しました。
観客がシアターに入場した時点では、映像は静止画なので、一般的な緞帳に見えます。しかし、開演の数分前に突然、その映像が動きだすように演出しています。

「Boxer 4K30」は、3万センタールーメンの高輝度プロジェクターで、ランプタイプのフラッグシップモデルとして位置づけています。
小型、軽量なので運搬しやすく、堅牢な設計であることから、イベント・レンタルステージや、会議室、大ホールなどでの使用に適しています。また、360゚の全方位対応であることから、設置、配置が柔軟かつ容易に行え、さらに、どんな設置角度でも、一定のポテンシャルを発揮します。

また、投影対象が緞帳なので、空調や気圧の影響で端の位置が前後にずれ、その結果、2枚にわたる映像のブレンディング部に歪みやズレが生じることがあります。これらの補正を目的に、「Christie Mystique(クリスティ ミスティーク)」ソフトウェアが導入されています。このソフトは、自動化された、カメラベースの調整・再調整ソリューション(オプション)で、同シアターでも採用されています。複数のプロジェクターで構成する投影画面をすばやく調整し、その状態を維持できることから、ユーザー自身で簡単にトラブルシュート可能です。

シアター内部

シアター内部

「MUSIC POOL CINO」のデジタル緞帳には、来場者のみならず、在校生や、これから同大学を受験する生徒や海外からの留学生に、芸術、アートへの関心を喚起させる効果も狙い、コンテンツの第1弾として狩野内膳の「南蛮屏風」を題材にしたものが用意されました。

この屏風自体は安土桃山時代のもので、スペインやポルトガルなどの港を出て日本に到着した南蛮船、建物や人々が、色彩豊かに煌びやかに描かれています。
これらにデジタルならではの動きをつけ、当時の様子が蘇るように生き生きと描くとともに、歴史的な屏風絵が動きだす驚きを、プロジェクターによって与えています。

洗足学園音楽大学

洗足学園音楽大学

なお、洗足学園大学からは、
『2年前にシアター新設の計画が立てられるなかで、来場者を「楽しませる」ための目玉として、学校法人には前例のない「デジタル緞帳」の導入を決めた。
ミュージカルは、もともと欧米で誕生した舞台芸術。世界中で盛んに上演されるなか、本学では、加えてオリジナルの邦楽ミュージカルを取りいれていることもあり、コンテンツは和洋折衷の「南蛮屏風」を選んだが、この精緻な作品のディテールを、プロジェクターが明るく鮮やかに再現してくれている。緞帳の仕上がりを見て、将来的にはステージバックでも映像を使うなど、デジタルによってインタラクティブ性の高いシアターにしていきたいと感じている。
またシアターは、ミュージカルコースのホームグランドとして、同コース学生が研鑽を積むためのものだが、今後は、他コースの学生も巻きこみ、ワークショップや授業をつうじてコンテンツ制作会社と共同で、互いに感性を高め合う作品づくりにチャレンジする場にもできると思う。』
(篠原 真 教授・ミュージカルコース統括責任者)とのコメントが寄せられました。

 
 

Boxer 4K30 の主な特長

① 4K解像度の3 万ルーメンプロジェクター
6個の450W専用ランプ(3 ランプ・カートリッジ x 2)により、3 万センタールーメンの明るさを実現しています。イベント・レンタルステージ、会議室・大ホールといった用途に適しています。

➁ 軽量、コンパクト
質量は72.6kg。ステージ、レンタルといった用途にあわせ、運搬しやすく、堅牢な設計になっています。

③ 360゚全方位対応
どんな角度で設置しても、変わらないポテンシャルを発揮するうえ、現場での設置、配置が柔軟かつ容易に行えます。

④ 現場で使いやすいモニター機能
スマートフォンでランプ寿命などの確認ができます。

案件情報

施主:洗足学園音楽大学(学校法人洗足学園)
建築設計・工事:鹿島建設株式会社
コンテンツ制作:株式会社ネイキッド
プロジェクター納入、コントロール:ウシオライティング株式会社

お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 エンタテインメント事業部 クリスティ営業部
Phone:03-6316-2261 / Fax:03-3552-8027

カテゴリー: ニュースリリース

有明事業所 移転のお知らせ

有明事業所 移転のお知らせ

この度、有明事業所の全機能を、下記のとおり本社(東京・八丁堀)に移管、統合し、7月1日より業務を開始することとなりましたので、お知らせいたします。
Continue reading

カテゴリー: ニュース重要なお知らせ

日本科学未来館にプロジェクターが採用されました

RGBピュアレーザープロジェクターで臨場感あふれるダイナミックな大型ドーム映像を展開
ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(東京都中央区/代表取締役:牛尾 志朗)の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、Christie(クリスティ)ブランドのRGBピュアレーザー4Kプロジェクターが、機材とシステムをリニューアルし、6月3日に再開した日本科学未来館(東京都江東区、館長:毛利 衛、運営:国立研究開発法人科学技術振興機構)「ドームシアターガイア」に採用されたことを、お知らせします。
Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ