1. 2020年1月 (1)年
  2. 2019年11月 (1)年
  3. 2019年10月 (4)年
  4. 2019年8月 (2)年
  5. 2019年7月 (1)年
  6. 2019年6月 (2)年
  7. 2019年5月 (2)年
  8. 2019年4月 (2)年
  9. 2019年3月 (2)年
  10. 2019年2月 (1)年
  11. 2019年1月 (2)年
  12. 2018年12月 (1)年
  13. 2018年11月 (1)年
  14. 2018年10月 (3)年
  15. 2018年8月 (3)年
  16. 2018年7月 (4)年
  17. 2018年5月 (2)年
  18. 2018年4月 (1)年
  19. 2018年3月 (3)年
  20. 2018年2月 (4)年
  21. 2017年11月 (1)年
  22. 2017年10月 (6)年
  23. 2017年8月 (1)年
  24. 2017年6月 (4)年
  25. 2017年5月 (4)年
  26. 2017年4月 (2)年
  27. 2017年3月 (4)年
  28. 2017年2月 (1)年
  29. 2016年12月 (1)年
  30. 2016年11月 (1)年
  31. 2016年10月 (1)年
  32. 2016年8月 (4)年
  33. 2016年6月 (1)年
  34. 2016年4月 (1)年
  35. 2016年3月 (4)年
  36. 2015年11月 (2)年
  37. 2015年10月 (1)年
  38. 2015年9月 (2)年
  39. 2015年8月 (4)年
  40. 2015年6月 (1)年
  41. 2015年5月 (1)年
  42. 2015年4月 (3)年
  43. 2015年3月 (1)年
  44. 2015年2月 (2)年
  45. 2015年1月 (1)年
  46. 2014年11月 (1)年
  47. 2014年10月 (2)年
  48. 2014年9月 (2)年
  49. 2014年8月 (2)年
  50. 2014年7月 (2)年
  51. 2014年5月 (1)年
  52. 2014年4月 (1)年
  53. 2013年12月 (2)年
  54. 2013年11月 (1)年
  55. 2013年10月 (2)年
  56. 2013年9月 (1)年
  57. 2013年8月 (1)年
  58. 2013年7月 (1)年
  59. 2013年6月 (1)年
  60. 2013年3月 (2)年
  61. 2013年2月 (3)年
  62. 2013年1月 (1)年
  63. 2012年12月 (2)年
  64. 2012年11月 (1)年
  65. 2012年10月 (3)年
  66. 2012年7月 (1)年
  67. 2012年6月 (1)年
  68. 2012年5月 (1)年
  69. 2012年4月 (1)年
  70. 2012年2月 (2)年
  71. 2012年1月 (1)年
  72. 2011年12月 (2)年
  73. 2011年11月 (1)年
  74. 2011年10月 (1)年
  75. 2011年9月 (1)年
  76. 2011年8月 (1)年
  77. 2011年3月 (3)年
  78. 2011年2月 (2)年
  79. 2010年12月 (3)年
  80. 2010年11月 (1)年
  81. 2010年10月 (1)年
  82. 2010年9月 (1)年
  83. 2010年8月 (1)年
  84. 2010年7月 (1)年
  85. 2010年5月 (3)年
  86. 2010年3月 (2)年
  87. 2010年2月 (1)年
  88. 2010年1月 (1)年
  89. 2009年12月 (3)年
  90. 2009年11月 (2)年
  91. 2009年7月 (1)年
  92. 2009年6月 (1)年
  93. 2009年5月 (1)年
  94. 2009年3月 (2)年
  95. 2009年2月 (1)年
  96. 2008年12月 (2)年
  97. 2008年11月 (1)年
  98. 2008年9月 (2)年
  99. 2008年8月 (1)年
  100. 2008年4月 (1)年
  101. 2008年3月 (1)年
  102. 2008年1月 (1)年
  103. 2007年12月 (2)年
  104. 2007年8月 (1)年
  105. 2007年7月 (5)年
  106. 2007年6月 (1)年
  107. 2007年5月 (1)年
  108. 2006年7月 (1)年
  109. 2006年6月 (5)年
  110. 2006年5月 (3)年
  111. 2006年2月 (1)年
  112. 2005年6月 (1)年
  113. 2005年1月 (1)年
  114. 2004年10月 (1)年
  115. 2004年7月 (1)年
  116. 2004年6月 (1)年
  117. 2004年5月 (1)年
  118. 2004年4月 (1)年
  119. 2004年3月 (4)年
  120. 2003年5月 (1)年
  121. 2003年2月 (3)年
  122. 2003年1月 (2)年
  123. 2002年8月 (2)年
  124. 2002年5月 (1)年
  125. 2002年1月 (2)年
  126. 2001年8月 (2)年
  127. 2001年7月 (1)年
  128. 2001年3月 (1)年
  129. 2000年12月 (1)年
  130. 2020 (1)年年
  131. 2019 (19)年年
  132. 2018 (22)年年
  133. 2017 (23)年年
  134. 2016 (13)年年
  135. 2015 (18)年年
  136. 2014 (11)年年
  137. 2013 (15)年年
  138. 2012 (13)年年
  139. 2011 (11)年年
  140. 2010 (15)年年
  141. 2009 (11)年年
  142. 2008 (9)年年
  143. 2007 (10)年年
  144. 2006 (10)年年
  145. 2005 (2)年年
  146. 2004 (9)年年
  147. 2003 (6)年年
  148. 2002 (5)年年
  149. 2001 (4)年年
  150. 2000 (1)年年

ニュース

ポリプロピレンを主原料とする、 優れた柔軟性と耐圧性能をもつ樹脂チューブ UPチューブ(ユーピーチューブ)の販売を開始

UPチューブウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅)は、産業・医療・理化学用の機器、装置、システムなどの配管に多く使用されているチューブのビジネスに参入、新製品として、優れた柔軟性と耐圧性能をもつ、ポリプロピレン(PP)を主原料とする「UPチューブ」を、11月15日(木)から販売開始しますので、お知らせします。

産業用機器のなかでも、マシントラブル回避のためにシビアな品質が要求される自動化・省力化機器や半導体製造装置、理化学機器などにおいて、その中で使用する空気、水といった気体、液体の配管用チューブについても、高い性能が必要とされます。
また、同時に、チューブのコスト、耐久性、柔軟性、配管口やチューブ用継手との相性といった課題がつねにつきまとっています。


UPチューブは、PPを主原料にした樹脂チューブで、高い耐圧性能、優れた柔軟性とコストパフォーマンスを兼ね備えるという特長から、自動化・省力化機器や半導体製造装置、理化学機器などで使用する空気、水といった気体、液体の配管に適しています。

基材であるPPは、プラスチックの中でも比較的安価で軽く、剛性と耐衝撃性のバランスや耐熱性、耐薬品性に優れ、このPPと軟性を高める効果があるオレフィン系樹脂、これらを独自の比率で配合、PPならではの特性と、最小曲げ半径9.0mm(4 x 2.5タイプ)という柔軟性を兼ね備えるとともに、最高使用圧力0.8MPaという耐圧性能を実現しました。
高圧状態で使用していないナイロンチューブなどの交換用として、また、ウシオライティングのプラスチック継手「Zユニオン」を使用している現場に最適な樹脂チューブとして、機器、装置、システムの安定運転に貢献します。
なお、処分する場合でも、塩ビと比較してダイオキシンの発生が少ないので、環境負荷も抑えることができます。

主な特長

● ハイコストパフォーマンスを実現
● 高い耐圧性能(0.8MPa)
● 優れた柔軟性が小さい曲げ半径を実現、限られたスペースでの配管が可能
● PP同様の耐薬品性能
● 半透明なので流体の目視確認が可能
● 高精度センサによるクオリティコントロールが安定した品質を実現
● Zユニオン用チューブとして最適

使用可能な主な流体1

● 空気および、その他気体
● 水(純水、水道水、一般工業用水)、その他液体

1
使用に際して、化学薬品や有機溶剤、塩分、腐食性ガスを含む場合は、不良の原因となることがあります
その他の気体、液体については耐薬品性を確認ください
液体を使用する場合は、凍結のないようにしてください


主な用途

自動化、省力化機器、半導体製造装置、理化学機器 など

仕様一覧

品番 チューブ径(mm) チューブ内径(mm) 最高使用圧力(MPa)2 最小曲げ半径(mm)3 チューブの長さ(m)
UPP-4 4 2.5 0.8 9 100
UPP-6 6 4 0.8 14 100
UPP-8 8 5 0.8 18 100
UPP-10 10 6.5 0.8 24 100
2
実用温度範囲(下記参照)における値
3
外形変化率が10%以下となる値


実用温度範囲1

流体の種類によって、実用温度範囲が異なります
● 空気、気体:-20℃~60℃
● 水、液体:0℃~60℃
● 一般作動油:未対応

販売について

● 価格:オープン *ロール単位で販売(1ロール=100m)
● 販売目標:1,200ロール(~2013年度)
● 発売開始日:2012年11月15日(木)

ポリプロピレンについて

ポリプロピレンは、プラスチックの中で比較的安価かつ、極めて軽く(密度0.9g/cm3)、融点が高い(160~170℃)素材です。成型加工が容易であることから、自動車部品、家庭電化製品、食品包装フィルムなどに幅広く使われます。

主な特長

- 剛性と耐衝撃性のバランスに優れる
- 耐熱性に優れる
- 密度が低い
- 耐薬品性が高い
- 湿度水分の影響をほとんどうけない
- リサイクル性が高い
- 燃やしても有害ガスの発生が少ない

オレフィン系樹脂について

二重結合を1箇もった鎖状炭化水素の総称。柔らかく衝撃を吸収し、低温で変形する特性があります。

主な特長

- 軽く、柔軟性があり、衝撃を吸収する
- 疲労特性が良好で、耐薬品性に優れている
- 剛性が低く、低温で変形、加工させやすい
- 低価格である

お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社
産業事業部プラスチック営業課
Phone:03-3552-8277 / Fax:03-3552-8283
E-mail:info@ushiolighting.co.jp

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ