1. 2019年6月 (2)年
  2. 2019年5月 (2)年
  3. 2019年4月 (2)年
  4. 2019年3月 (2)年
  5. 2019年2月 (1)年
  6. 2019年1月 (2)年
  7. 2018年12月 (1)年
  8. 2018年11月 (1)年
  9. 2018年10月 (3)年
  10. 2018年8月 (3)年
  11. 2018年7月 (4)年
  12. 2018年5月 (2)年
  13. 2018年4月 (1)年
  14. 2018年3月 (3)年
  15. 2018年2月 (4)年
  16. 2017年11月 (1)年
  17. 2017年10月 (6)年
  18. 2017年8月 (1)年
  19. 2017年6月 (4)年
  20. 2017年5月 (4)年
  21. 2017年4月 (2)年
  22. 2017年3月 (4)年
  23. 2017年2月 (1)年
  24. 2016年12月 (1)年
  25. 2016年11月 (1)年
  26. 2016年10月 (1)年
  27. 2016年8月 (4)年
  28. 2016年6月 (1)年
  29. 2016年4月 (1)年
  30. 2016年3月 (4)年
  31. 2015年11月 (2)年
  32. 2015年10月 (1)年
  33. 2015年9月 (2)年
  34. 2015年8月 (4)年
  35. 2015年6月 (1)年
  36. 2015年5月 (1)年
  37. 2015年4月 (3)年
  38. 2015年3月 (1)年
  39. 2015年2月 (2)年
  40. 2015年1月 (1)年
  41. 2014年11月 (1)年
  42. 2014年10月 (2)年
  43. 2014年9月 (2)年
  44. 2014年8月 (2)年
  45. 2014年7月 (2)年
  46. 2014年5月 (1)年
  47. 2014年4月 (1)年
  48. 2013年12月 (2)年
  49. 2013年11月 (1)年
  50. 2013年10月 (2)年
  51. 2013年9月 (1)年
  52. 2013年8月 (1)年
  53. 2013年7月 (1)年
  54. 2013年6月 (1)年
  55. 2013年3月 (2)年
  56. 2013年2月 (3)年
  57. 2013年1月 (1)年
  58. 2012年12月 (2)年
  59. 2012年11月 (1)年
  60. 2012年10月 (3)年
  61. 2012年7月 (1)年
  62. 2012年6月 (1)年
  63. 2012年5月 (1)年
  64. 2012年4月 (1)年
  65. 2012年2月 (2)年
  66. 2012年1月 (1)年
  67. 2011年12月 (2)年
  68. 2011年11月 (1)年
  69. 2011年10月 (1)年
  70. 2011年9月 (1)年
  71. 2011年8月 (1)年
  72. 2011年3月 (3)年
  73. 2011年2月 (2)年
  74. 2010年12月 (3)年
  75. 2010年11月 (1)年
  76. 2010年10月 (1)年
  77. 2010年9月 (1)年
  78. 2010年8月 (1)年
  79. 2010年7月 (1)年
  80. 2010年5月 (3)年
  81. 2010年3月 (2)年
  82. 2010年2月 (1)年
  83. 2010年1月 (1)年
  84. 2009年12月 (3)年
  85. 2009年11月 (2)年
  86. 2009年7月 (1)年
  87. 2009年6月 (1)年
  88. 2009年5月 (1)年
  89. 2009年3月 (2)年
  90. 2009年2月 (1)年
  91. 2008年12月 (2)年
  92. 2008年11月 (1)年
  93. 2008年9月 (2)年
  94. 2008年8月 (1)年
  95. 2008年4月 (1)年
  96. 2008年3月 (1)年
  97. 2008年1月 (1)年
  98. 2007年12月 (2)年
  99. 2007年8月 (1)年
  100. 2007年7月 (5)年
  101. 2007年6月 (1)年
  102. 2007年5月 (1)年
  103. 2006年7月 (1)年
  104. 2006年6月 (5)年
  105. 2006年5月 (3)年
  106. 2006年2月 (1)年
  107. 2005年6月 (1)年
  108. 2005年1月 (1)年
  109. 2004年10月 (1)年
  110. 2004年7月 (1)年
  111. 2004年6月 (1)年
  112. 2004年5月 (1)年
  113. 2004年4月 (1)年
  114. 2004年3月 (4)年
  115. 2003年5月 (1)年
  116. 2003年2月 (3)年
  117. 2003年1月 (2)年
  118. 2002年8月 (2)年
  119. 2002年5月 (1)年
  120. 2002年1月 (2)年
  121. 2001年8月 (2)年
  122. 2001年7月 (1)年
  123. 2001年3月 (1)年
  124. 2000年12月 (1)年
  125. 2019 (11)年年
  126. 2018 (22)年年
  127. 2017 (23)年年
  128. 2016 (13)年年
  129. 2015 (18)年年
  130. 2014 (11)年年
  131. 2013 (15)年年
  132. 2012 (13)年年
  133. 2011 (11)年年
  134. 2010 (15)年年
  135. 2009 (11)年年
  136. 2008 (9)年年
  137. 2007 (10)年年
  138. 2006 (10)年年
  139. 2005 (2)年年
  140. 2004 (9)年年
  141. 2003 (6)年年
  142. 2002 (5)年年
  143. 2001 (4)年年
  144. 2000 (1)年年

ニュース

景観照明用LED照明機器のラインアップ拡充を加速

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅、以下ウシオライティング)は、オランダロイヤル フィリップス エレクトロニクス社の日本法人である株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(東京都港区/代表取締役社長 ダニー・リスバーグ、以下フィリップス)と、「Philips Vaya(フィリップス、バヤ、以下Philips Vaya)」ブランドのLED照明器具について、日本国内における販売代理店となる契約を3月4日付で締結、4月1日(月)から販売を開始しますので、お知らせします。

Vaya

契約の背景

「Philips Vaya」ブランドのLED照明器具は、性能とコストパフォーマンス両面でバランスのとれた、屋内外を含めた豊富なラインアップが特長で、日本市場にまだ投入されていないことから、質と信頼性のどちらにも妥協を許されない、景観照明における多彩なニーズに、広く対応することができます。
一方、ウシオライティングは近年、LED照明器具および制御系を駆使した景観照明ビジネスを展開、今後、このビジネスを加速するうえで、ラインアップの拡充は必須であるとともに、本製品の販売についても、培ってきた知識、ノウハウ、経験や販売チャネルを活かすことができます。


今後の展開

ウシオライティングは、国内景観照明市場をターゲットとして、受注案件に対する本製品の応用、あるいは製品単体での納入といったかたちで、拡販していきます。
その手はじめとして、4月1日から、LEDスポットライト「Vaya Flood」、LEDバー照明器具「Vaya Linear」の販売を開始し、順次、日本市場に適したLED照明機器を投入、ラインアップの拡充を図ります。

なお、上記2製品の初年度(2013年度)販売目標は2,000台を見込んでいます。

また、これら製品を、5日(火)~8日(金) 東京ビッグサイトで行われる「ライティング・フェア2013」に展示、当社ブース(ブースNo.:LF1040)で、詳しく紹介します。


販売を開始する主な製品について

FloodMPcolor

Vaya Flood MP Color

Vaya Flood
Vaya Floodは、信頼性とコストパフォーマンスの高いLED照明器具です。
色を固定させた、あるいはダイナミックに色変化させたカラフルな演出が可能で、とくに景観照明、ファサード照明において、優れた柔軟性を発揮します。
シンプルなOn/Offコントロールが可能な単色タイプや、標準的なDMX制御による色変化タイプをはじめ、豊富なラインアップから、用途に応じてタイプを選ぶことができます。
また、電源が内蔵されたボディは堅固で、設置や照射も簡単に行えます。

<製品ラインアップ>
Vaya Flood LP RGB
Vaya Flood MP RGB
Vaya Flood LP White & Mono
Vaya Flood MP White & Mono


LinearColor

Vaya Linear Color

Vaya Linear
Vaya Linearは、信頼性とコストパフォーマンスの高いLED灯具です。
壁面をライトアップ、あるいは染めあげる効果の創造に、優れた柔軟性で対応します。
洗練されたデザインが特長で、広範なアプリケーションにマッチする2つの異なった長さを用意しています。
シンプルなOn/Offコントロールができる白色タイプは2つの色温度が選択が可能で、このほかに、標準的なDMX制御による色変化タイプも取りそろえています。
また、電源が内蔵されたボディは堅固で、調整可能な取付金具により、設置や照射も簡単に行えます。

<製品ラインアップ>
Vaya Linear RGB
Vaya Linear White & Mono


フィリップス エレクトロニクス ジャパンについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。


ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2012年の売上は248億ユーロ、世界100ヵ国以上に約118,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、ホーム&ポータブルエンターテインメント、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。


お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 光源デバイス-BU 照明ソリューション推進室
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268


関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ