1. 2017年4月 (2)年
  2. 2017年3月 (5)年
  3. 2017年2月 (1)年
  4. 2016年12月 (1)年
  5. 2016年11月 (2)年
  6. 2016年10月 (1)年
  7. 2016年8月 (4)年
  8. 2016年6月 (1)年
  9. 2016年4月 (1)年
  10. 2016年3月 (4)年
  11. 2015年11月 (2)年
  12. 2015年10月 (1)年
  13. 2015年9月 (2)年
  14. 2015年8月 (4)年
  15. 2015年6月 (1)年
  16. 2015年5月 (1)年
  17. 2015年4月 (3)年
  18. 2015年3月 (1)年
  19. 2015年2月 (2)年
  20. 2015年1月 (1)年
  21. 2014年11月 (1)年
  22. 2014年10月 (2)年
  23. 2014年9月 (2)年
  24. 2014年8月 (2)年
  25. 2014年7月 (2)年
  26. 2014年5月 (1)年
  27. 2014年4月 (1)年
  28. 2013年12月 (2)年
  29. 2013年11月 (1)年
  30. 2013年10月 (3)年
  31. 2013年9月 (1)年
  32. 2013年8月 (1)年
  33. 2013年7月 (1)年
  34. 2013年6月 (1)年
  35. 2013年3月 (2)年
  36. 2013年2月 (4)年
  37. 2013年1月 (1)年
  38. 2012年12月 (2)年
  39. 2012年11月 (1)年
  40. 2012年10月 (3)年
  41. 2012年8月 (1)年
  42. 2012年7月 (1)年
  43. 2012年6月 (1)年
  44. 2012年5月 (1)年
  45. 2012年4月 (1)年
  46. 2012年2月 (2)年
  47. 2012年1月 (1)年
  48. 2011年12月 (2)年
  49. 2011年11月 (1)年
  50. 2011年10月 (1)年
  51. 2011年9月 (1)年
  52. 2011年8月 (1)年
  53. 2011年3月 (3)年
  54. 2011年2月 (2)年
  55. 2010年12月 (3)年
  56. 2010年11月 (1)年
  57. 2010年10月 (1)年
  58. 2010年9月 (1)年
  59. 2010年8月 (1)年
  60. 2010年7月 (1)年
  61. 2010年5月 (3)年
  62. 2010年3月 (2)年
  63. 2010年2月 (1)年
  64. 2010年1月 (1)年
  65. 2009年12月 (3)年
  66. 2009年11月 (2)年
  67. 2009年7月 (1)年
  68. 2009年6月 (1)年
  69. 2009年5月 (1)年
  70. 2009年3月 (2)年
  71. 2009年2月 (1)年
  72. 2008年12月 (2)年
  73. 2008年11月 (1)年
  74. 2008年9月 (2)年
  75. 2008年8月 (1)年
  76. 2008年4月 (1)年
  77. 2008年3月 (1)年
  78. 2008年1月 (1)年
  79. 2007年12月 (2)年
  80. 2007年8月 (1)年
  81. 2007年7月 (5)年
  82. 2007年6月 (1)年
  83. 2007年5月 (1)年
  84. 2006年7月 (1)年
  85. 2006年6月 (5)年
  86. 2006年5月 (3)年
  87. 2006年2月 (1)年
  88. 2005年6月 (1)年
  89. 2005年1月 (1)年
  90. 2004年10月 (1)年
  91. 2004年7月 (1)年
  92. 2004年6月 (1)年
  93. 2004年5月 (1)年
  94. 2004年4月 (1)年
  95. 2004年3月 (4)年
  96. 2003年5月 (1)年
  97. 2003年2月 (3)年
  98. 2003年1月 (2)年
  99. 2002年8月 (2)年
  100. 2002年5月 (1)年
  101. 2002年1月 (2)年
  102. 2001年8月 (2)年
  103. 2001年7月 (1)年
  104. 2001年3月 (1)年
  105. 2000年12月 (1)年
  106. 2017 (8)年年
  107. 2016 (14)年年
  108. 2015 (18)年年
  109. 2014 (11)年年
  110. 2013 (17)年年
  111. 2012 (14)年年
  112. 2011 (11)年年
  113. 2010 (15)年年
  114. 2009 (11)年年
  115. 2008 (9)年年
  116. 2007 (10)年年
  117. 2006 (10)年年
  118. 2005 (2)年年
  119. 2004 (9)年年
  120. 2003 (6)年年
  121. 2002 (5)年年
  122. 2001 (4)年年
  123. 2000 (1)年年

ニュース

一般的なビームランプ形白熱電球150W形と同等の最大光度*1を備えた
「LEDIU*2 LED電球 ビームランプ形」の販売を開始
低消費電力化を図った製品で、ビームランプ形LED電球市場に参入

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅、以下:ウシオライティング)は、ビームランプ形白熱電球(150W形)の代替光源として、同等の最大光度、サイズ*1、光の質を再現、美しい光を放つとともに省エネ、環境負荷低減に貢献する「LEDIU LED電球 ビームランプ形(以下、LED電球 ビームランプ形)」について、6月5日(木)から販売開始することを、お知らせします。

ビームランプ形白熱電球は、ランプ口径121mm、E26口金の110V仕様で、反射鏡と前面ガラスにより、優れた集光性が得られることから、おもに店舗や商業施設のベース照明、製品展示用スポット照明、屋外照明、看板照明、演出投光照明などで使用されています。

しかし、既存光源のLED化がますます加速する現況を背景に、各メーカがビームランプ形白熱電球の製造を終了、LEDへの置き換えを進めるなか、最近では「スペック」と「価格」のバランスがとれたビームランプ形LED電球の開発にしのぎを削っています。

ウシオライティングも、「光は変えない、カタチも変えない」をコンセプトとした、主力であるハロゲンランプ代替LED電球の開発で培ってきたスキル、ノウハウや、光学設計、放熱、電源設計などの技術が、ビームランプ形LED電球の製品化に活かせると判断、これらを駆使することで、よりバランスのとれたランプとして「LED電球 ビームランプ形」を完成させ、市場に参入します。
なかでも消費電力の低さが特長で、節電、省エネ、環境負荷低減にも貢献します。

なお、現在はビーム角25゚/色温度2700Kの1製品ですが、今後は異なるビーム角や色温度、調光対応といったラインアップの拡充も予定しています。


主な特長

低消費電力かつ、「光は変えない、カタチも変えない」

小さな発光面と優れた光の均一性を兼ね備えた、発光効率の高いCOBタイプLEDに加え、さらなる効率化が図られた電源を採用したことで低消費電力を実現しました。
さらに、これらを本体のなかで最適配置させたことにより、形状、サイズも一般的なビームランプ形白熱電球に近づけました。また、光についても、色温度、最大光度、全光束は、一般的なビームランプ形白熱電球(150W形)と同等*1、既存のビームランプ形白熱電球用器具でも使える、高い互換性を備えました。

屋外でも使用可能

LED電球ビームランプ形本体は防雨対応で、Oリング、パッキングを使用することにより、防滴性能を強化しました*3

拡がるアプリケーション

LED電球から発せられる光には、紫外線や赤外線(熱線)がほとんど含まれていません。したがって、屋外で使用しても、紫外線を好むとされる虫が集まりにくく、熱線による、被照射物に与えるダメージも最小限に抑えられることから、応用範囲が拡がります。

節電、省エネ、環境負荷低減に貢献

一般的なビームランプ形白熱電球(150W形)と比較して約1/8の消費電力、約20倍の長寿命*1 (定格寿命40000時間*4)を達成、仮に1日の点灯時間を10時間として1年間(365日)使用した場合、温室効果ガス(CO2)排出量は、1灯あたり、約141.6kg- CO2/kWh*5 (杉の木約10本分のCO2吸収量に相当*6)低減、コストセーブという点においては、同条件で約8,900円*7の電気代を削減できます。

*1
一般的なビームランプ形白熱電球(150W形/定格消費電力120W)の100V換算値と、本製品のビーム角30゚シミュレーション値との比較(定格寿命を除く/当社調べ)
*2
LEDIU(レデュー)は、「LED products to Integrate USHIO’s advanced technologies」の略で、ウシオライティングにおけるLED事業の総称であるとともに、ウシオライティングが品質保証する、先進テクノロジーの粋を集めたLED製品群に対する総称であり、国内における登録商標です
*3
屋外で使用する場合は、必ず、口金部分に防滴加工が施されたビームランプ専用の防雨型照明器具・ソケットを使用ください。また、水滴のかかる状態で使用する際も、必ず、防雨型照明器具・ソケットで使用ください。
*4
定格寿命とは、全光束が初期の70%以下、または不点灯になるまでの点灯時間平均値
*5
2010年09月03日本電球工業会資料JEMA家技No.10-250に基き電力使用排出係数:0.43kg -CO2/kWhにて算出
*6
岐阜県の80年生杉(人工林)1本がCO2を年平均約14kg吸収するものとして計算(林野庁ウェブサイトより)
*7
新電力料金目安単価 27円/kWh(税込) を使用して算出


主な用途

● 屋外照明、看板照明
● 一般照明、商業施設・店舗・商品展示用ベース照明およびスポット照明 など


主な仕様

*定格寿命とは、全光束が初期の70%以下、または不点灯になるまでの点灯時間の平均値です
*調光はできません。調光機能の付いた照明器具・回路では使用しないでください

販売について

● 希望販売価格:オープン
● 販売目標:12万本(2014年度)
● 発売開始日:2014年6月5日(木)

各種データ

製品およびパッケージ写真

配光パターン、照度データ

寸法図

(右は一般的なビームランプ形白熱電球の寸法図/比較用)

経済・環境特性

消費電力、電気代、CO2排出量などの比較*1


LEDIU LED電球シリーズ一覧

LED電球ダイクロハロゲン形


写真左から、①JDRφ50タイプ マルチコア、②JDRφ50タイプ マルチコア、③JDRφ50タイプ シングルコア(従来モデル、新モデル)、④JDRφ70タイプ(電球色モデル、昼白色モデル、vividモデル)

LEDフィラメント電球 Let(レット)


写真左から、50 lm調光タイプ/シャンデリア球(口金E17)、グローブ球(ガラス形状G40、口金E17)


お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

ウシオライティング株式会社 光源事業部 光源デバイス-BU 光源デバイス営業部
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268

製品情報

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ