1. 2017年4月 (2)年
  2. 2017年3月 (5)年
  3. 2017年2月 (1)年
  4. 2016年12月 (1)年
  5. 2016年11月 (2)年
  6. 2016年10月 (1)年
  7. 2016年8月 (4)年
  8. 2016年6月 (1)年
  9. 2016年4月 (1)年
  10. 2016年3月 (4)年
  11. 2015年11月 (2)年
  12. 2015年10月 (1)年
  13. 2015年9月 (2)年
  14. 2015年8月 (4)年
  15. 2015年6月 (1)年
  16. 2015年5月 (1)年
  17. 2015年4月 (3)年
  18. 2015年3月 (1)年
  19. 2015年2月 (2)年
  20. 2015年1月 (1)年
  21. 2014年11月 (1)年
  22. 2014年10月 (2)年
  23. 2014年9月 (2)年
  24. 2014年8月 (2)年
  25. 2014年7月 (2)年
  26. 2014年5月 (1)年
  27. 2014年4月 (1)年
  28. 2013年12月 (2)年
  29. 2013年11月 (1)年
  30. 2013年10月 (3)年
  31. 2013年9月 (1)年
  32. 2013年8月 (1)年
  33. 2013年7月 (1)年
  34. 2013年6月 (1)年
  35. 2013年3月 (2)年
  36. 2013年2月 (4)年
  37. 2013年1月 (1)年
  38. 2012年12月 (2)年
  39. 2012年11月 (1)年
  40. 2012年10月 (3)年
  41. 2012年8月 (1)年
  42. 2012年7月 (1)年
  43. 2012年6月 (1)年
  44. 2012年5月 (1)年
  45. 2012年4月 (1)年
  46. 2012年2月 (2)年
  47. 2012年1月 (1)年
  48. 2011年12月 (2)年
  49. 2011年11月 (1)年
  50. 2011年10月 (1)年
  51. 2011年9月 (1)年
  52. 2011年8月 (1)年
  53. 2011年3月 (3)年
  54. 2011年2月 (2)年
  55. 2010年12月 (3)年
  56. 2010年11月 (1)年
  57. 2010年10月 (1)年
  58. 2010年9月 (1)年
  59. 2010年8月 (1)年
  60. 2010年7月 (1)年
  61. 2010年5月 (3)年
  62. 2010年3月 (2)年
  63. 2010年2月 (1)年
  64. 2010年1月 (1)年
  65. 2009年12月 (3)年
  66. 2009年11月 (2)年
  67. 2009年7月 (1)年
  68. 2009年6月 (1)年
  69. 2009年5月 (1)年
  70. 2009年3月 (2)年
  71. 2009年2月 (1)年
  72. 2008年12月 (2)年
  73. 2008年11月 (1)年
  74. 2008年9月 (2)年
  75. 2008年8月 (1)年
  76. 2008年4月 (1)年
  77. 2008年3月 (1)年
  78. 2008年1月 (1)年
  79. 2007年12月 (2)年
  80. 2007年8月 (1)年
  81. 2007年7月 (5)年
  82. 2007年6月 (1)年
  83. 2007年5月 (1)年
  84. 2006年7月 (1)年
  85. 2006年6月 (5)年
  86. 2006年5月 (3)年
  87. 2006年2月 (1)年
  88. 2005年6月 (1)年
  89. 2005年1月 (1)年
  90. 2004年10月 (1)年
  91. 2004年7月 (1)年
  92. 2004年6月 (1)年
  93. 2004年5月 (1)年
  94. 2004年4月 (1)年
  95. 2004年3月 (4)年
  96. 2003年5月 (1)年
  97. 2003年2月 (3)年
  98. 2003年1月 (2)年
  99. 2002年8月 (2)年
  100. 2002年5月 (1)年
  101. 2002年1月 (2)年
  102. 2001年8月 (2)年
  103. 2001年7月 (1)年
  104. 2001年3月 (1)年
  105. 2000年12月 (1)年
  106. 2017 (8)年年
  107. 2016 (14)年年
  108. 2015 (18)年年
  109. 2014 (11)年年
  110. 2013 (17)年年
  111. 2012 (14)年年
  112. 2011 (11)年年
  113. 2010 (15)年年
  114. 2009 (11)年年
  115. 2008 (9)年年
  116. 2007 (10)年年
  117. 2006 (10)年年
  118. 2005 (2)年年
  119. 2004 (9)年年
  120. 2003 (6)年年
  121. 2002 (5)年年
  122. 2001 (4)年年
  123. 2000 (1)年年

ニュース

12V仕様ミラー付きハロゲンランプ(JR)代替LED電球のラインアップ拡充
Superline(スーパーライン) LEDシリーズのニューモデルを販売開始

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長吉川 隆雅、以下ウシオライティング)は、ランプ口径50mm(φ50)の12V仕様ミラー付きハロゲンランプ(JR)35W代替として、同等の最大光度、光の質、サイズを再現、美しい光を放つとともに省エネ、環境負荷低減に貢献する「Superline(スーパーライン) LED」シリーズのニューモデル、「LEDIU*1 LED電球 スーパーライン LED」について、1月9日(金)から販売開始することを、お知らせします。

一般・商業施設・店舗照明などに多く使用されているミラー付きハロゲンランプには、12V仕様のJRと、110V仕様のJDRがあり、JRの特徴としては、JDRに対して小型化、長寿命化を図っていることが挙げられます。

ウシオライティングはこれまで、φ50タイプのJR代替LED電球については、「GaN on GaN」LED搭載モデルを販売してきました。
そして今回、新たに、
低消費電力と明るさを両立させた、高効率かつ、小型、軽量のランプ
というユーザからのニーズに応えるため、ニューモデルを製品化しました。

「光は変えない」、「カタチも変えない」というLED電球の製品コンセプトを踏襲すべく、これまで培ってきたスキル、ノウハウや、最新の光学設計、放熱・電源設計技術、さらには特許技術(申請中)までも駆使し、JRφ50 35Wと同等の最大光度、サイズ*2、光の質を実現、さらに質量もJRφ50 35W以下と軽量化を達成、輪郭の美しいグラデーションがある光を特長とするニューモデルとして完成させ、ラインアップに追加、拡充を図りました。

ビームの開き2タイプ(18゚、32゚)それぞれに、JR同様の口金EZ10、GU5.3を用意、計4品種が、さまざまなシーンで使用されているJRφ50 35Wと取り換えても、遜色のない空間演出効果を提供します。

今後は、異なる色温度、調光対応といった製品開発を進め、さらなるラインアップの拡充を進めるよう計画しています。また、現在、JDR代替LED電球では高い市場シェアを占めていますが*3、今回のJR代替LED電球ラインアップ拡充により、ハロゲンランプ代替LED電球全体の、市場におけるトップシェアを確実なものにします。

なお、節電、省エネ、環境負荷低減効果としては、同等の最大光度をもつJRφ50 35Wと比較して約1/5の消費電力、約7.5倍の長寿命*2(定格寿命30000時間*4)を達成、仮に1日の点灯時間を10時間として1年間(365日)使用した場合、温室効果ガス(CO2)排出量は、1灯あたり、約43.9kg- CO2/kWh*5(杉の木約3.1本分のCO2吸収量に相当*6)低減、コストセーブという点においては、同条件で約2,750円*7の電気代を削減できます。



主な特長

低消費電力と明るさを両立させた高効率ランプ

本製品とのマッチングについて配慮した、最新の高効率LEDチップを採用しました。
このLEDチップに最適かつ、性能を最大限に発揮する独自の光学設計を組み合わせ、光を制御したことで、消費電力7.0W ながら、JRφ50 35Wと同等の最大光度、光質を実現、節電、省エネにも貢献します。

ハロゲンランプの光を忠実に再現(光は変えない)

LEDが発する光を最適制御するための、独自の3D光学シミュレーションを重ねたことで、JRの配光を再現しました。これにより、輪郭の美しいグラデーションのある光を提供、ハロゲンランプと比べても遜色のない空間演出効果が得られます。
また、レンズで集光される以外の光がボディに配されたスリットを通過することで、JRのダイクロイックミラーから後部に出る「モレ光」を再現します。

小型、軽量(カタチも変えない)

独自の電源設計、パーツレイアウトの最適化、これまでを踏襲した放熱性に優れたラインスリット形放熱フィンの採用がコンパクト化を実現、サイズはJRとほぼ同等にしました。
さらに、LED電球は既存光源より重たいというイメージを払拭、質量をJRφ50 35W以下に抑えたことから、業界最軽量クラス*3に仕上がっているといえます。


主な用途

・ 一般照明、商業施設・店舗・商品展示用スポット照明
・ 一般照明、商業施設・店舗用ベース照明 など


販売について

■ 希望販売価格:オープン
■ 販売目標:10万本(発売から1年間)
■ 発売開始日:2015年1月9日(金)

*1
LEDIU(レデュー)は、「LED products to Integrate USHIO’s advanced technologies」の略で、ウシオライティングにおけるLED事業の総称であるとともに、ウシオライティングが品質保証する、先進テクノロジーの粋を集めたLED製品群に対する総称であり、国内における登録商標です
*2
当社ハロゲンランプJRφ50 / 35W中角(標準タイプ)との比較(当社調べ)
*3
2014年10月24日時点での当社調べ
*4
定格寿命とは、全光束が初期の70%以下、または不点灯になるまでの点灯時間平均値
*5
2010年09月03日本電球工業会資料JEMA家技No.10-250に基き電力使用排出係数:0.43kg -CO2/kWhにて算出
*6
岐阜県の80年生杉(人工林)1本がCO2を年平均約14kg吸収するものとして計算(林野庁ウェブサイトより)
*7
新電力料金目安単価 27円/kWh(税込) を使用して算出


主なスペックとJRφ50との仕様比較*3


寸法図

それぞれ右が従来型ハロゲンランプの寸法図/比較用 (単位:mm)


配光パターン、照度データ

- ビームの開き18°(口金EZ10、GU5.3)

- ビームの開き32°(口金EZ10、GU5.3)


経済・環境特性

消費電力、電気代、CO2排出量などの比較


LEDIU LED電球シリーズ一覧

LED電球ダイクロハロゲン形


写真左から、①JDRφ50タイプ マルチコア、②JDRφ50タイプ マルチコア、③JDRφ50タイプ シングルコア(従来モデル、新モデル)、④JDRφ70タイプ(電球色モデル、昼白色モデル、vividモデル)

スーパーラインLED


写真左から、口金EZ10、GU5.3

LEDフィラメント電球 Let(レット)


写真左から、50 lm調光タイプ/シャンデリア球(口金E17)、グローブ球(ガラス形状G40、口金E17)

LED電球ビームランプ形


お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 光源デバイス-BU 営業1部
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268


関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ