1. 2020年6月 (2)年
  2. 2020年5月 (1)年
  3. 2020年4月 (2)年
  4. 2020年3月 (4)年
  5. 2020年2月 (1)年
  6. 2020年1月 (1)年
  7. 2019年11月 (1)年
  8. 2019年10月 (4)年
  9. 2019年8月 (2)年
  10. 2019年7月 (1)年
  11. 2019年6月 (2)年
  12. 2019年5月 (2)年
  13. 2019年4月 (2)年
  14. 2019年3月 (2)年
  15. 2019年2月 (1)年
  16. 2019年1月 (2)年
  17. 2018年12月 (1)年
  18. 2018年11月 (1)年
  19. 2018年10月 (3)年
  20. 2018年8月 (3)年
  21. 2018年7月 (4)年
  22. 2018年5月 (2)年
  23. 2018年4月 (1)年
  24. 2018年3月 (3)年
  25. 2018年2月 (4)年
  26. 2017年11月 (1)年
  27. 2017年10月 (6)年
  28. 2017年8月 (1)年
  29. 2017年6月 (4)年
  30. 2017年5月 (4)年
  31. 2017年4月 (2)年
  32. 2017年3月 (4)年
  33. 2017年2月 (1)年
  34. 2016年12月 (1)年
  35. 2016年11月 (1)年
  36. 2016年10月 (1)年
  37. 2016年8月 (4)年
  38. 2016年6月 (1)年
  39. 2016年4月 (1)年
  40. 2016年3月 (4)年
  41. 2015年11月 (2)年
  42. 2015年10月 (1)年
  43. 2015年9月 (2)年
  44. 2015年8月 (4)年
  45. 2015年6月 (1)年
  46. 2015年5月 (1)年
  47. 2015年4月 (3)年
  48. 2015年3月 (1)年
  49. 2015年2月 (2)年
  50. 2015年1月 (1)年
  51. 2014年11月 (1)年
  52. 2014年10月 (2)年
  53. 2014年9月 (2)年
  54. 2014年8月 (2)年
  55. 2014年7月 (2)年
  56. 2014年5月 (1)年
  57. 2014年4月 (1)年
  58. 2013年12月 (2)年
  59. 2013年11月 (1)年
  60. 2013年10月 (2)年
  61. 2013年9月 (1)年
  62. 2013年8月 (1)年
  63. 2013年7月 (1)年
  64. 2013年6月 (1)年
  65. 2013年3月 (2)年
  66. 2013年2月 (3)年
  67. 2013年1月 (1)年
  68. 2012年12月 (2)年
  69. 2012年11月 (1)年
  70. 2012年10月 (3)年
  71. 2012年7月 (1)年
  72. 2012年6月 (1)年
  73. 2012年5月 (1)年
  74. 2012年4月 (1)年
  75. 2012年2月 (2)年
  76. 2012年1月 (1)年
  77. 2011年12月 (2)年
  78. 2011年11月 (1)年
  79. 2011年10月 (1)年
  80. 2011年9月 (1)年
  81. 2011年8月 (1)年
  82. 2011年3月 (3)年
  83. 2011年2月 (2)年
  84. 2010年12月 (3)年
  85. 2010年11月 (1)年
  86. 2010年10月 (1)年
  87. 2010年9月 (1)年
  88. 2010年8月 (1)年
  89. 2010年7月 (1)年
  90. 2010年5月 (3)年
  91. 2010年3月 (2)年
  92. 2010年2月 (1)年
  93. 2010年1月 (1)年
  94. 2009年12月 (3)年
  95. 2009年11月 (2)年
  96. 2009年7月 (1)年
  97. 2009年6月 (1)年
  98. 2009年5月 (1)年
  99. 2009年3月 (2)年
  100. 2009年2月 (1)年
  101. 2008年12月 (2)年
  102. 2008年11月 (1)年
  103. 2008年9月 (2)年
  104. 2008年8月 (1)年
  105. 2008年4月 (1)年
  106. 2008年3月 (1)年
  107. 2008年1月 (1)年
  108. 2007年12月 (2)年
  109. 2007年8月 (1)年
  110. 2007年7月 (5)年
  111. 2007年6月 (1)年
  112. 2007年5月 (1)年
  113. 2006年7月 (1)年
  114. 2006年6月 (5)年
  115. 2006年5月 (3)年
  116. 2006年2月 (1)年
  117. 2005年6月 (1)年
  118. 2005年1月 (1)年
  119. 2004年10月 (1)年
  120. 2004年7月 (1)年
  121. 2004年6月 (1)年
  122. 2004年5月 (1)年
  123. 2004年4月 (1)年
  124. 2004年3月 (4)年
  125. 2003年5月 (1)年
  126. 2003年2月 (3)年
  127. 2003年1月 (2)年
  128. 2002年8月 (2)年
  129. 2002年5月 (1)年
  130. 2002年1月 (2)年
  131. 2001年8月 (2)年
  132. 2001年7月 (1)年
  133. 2001年3月 (1)年
  134. 2000年12月 (1)年
  135. 2020 (11)年年
  136. 2019 (19)年年
  137. 2018 (22)年年
  138. 2017 (23)年年
  139. 2016 (13)年年
  140. 2015 (18)年年
  141. 2014 (11)年年
  142. 2013 (15)年年
  143. 2012 (13)年年
  144. 2011 (11)年年
  145. 2010 (15)年年
  146. 2009 (11)年年
  147. 2008 (9)年年
  148. 2007 (10)年年
  149. 2006 (10)年年
  150. 2005 (2)年年
  151. 2004 (9)年年
  152. 2003 (6)年年
  153. 2002 (5)年年
  154. 2001 (4)年年
  155. 2000 (1)年年

ニュース

ライティング・フェア2015に出展
アパレルショップをイメージした空間を、
光の質と扱いやすさを追求した、最新のLED電球・器具で構築

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長吉川隆雅、以下ウシオライティング)は、3月3日(火)から4日間、東京ビッグサイトで開催される国内最大級の「あかりの総合展」、ライティング・フェア2015に出展、自社ブースにおいてアパレルショップをイメージした空間を展開、この仮想空間を効果的に演出する、さまざまな最新のLED電球・器具をデモンストレーションとあわせて紹介しますので、お知らせします。

ライティング・フェアは隔年で開催、国内外の照明メーカが一堂に会し、最新の照明製品から、照明の機能向上を図る先進の制御システム、測定装置までを幅広く紹介するもので、今年、12回目を迎えます。

ウシオライティングは本展示会で、店舗設計に必要なさまざまな光を、「光質」と「扱いやすさ」にフォーカスした最新LED電球・器具で提供するとともに、皆さまの要望、設計に応える「照明ソリューション」提案を行います。
圧巻なのは、ブース正面左に設けた高天井のメイン・ショーケースで、8灯のダウンライト、35灯のLED電球が、空間とオブジェを象徴的なものとして際だたせます。
また、シーンごとの照明例、比較展示などをつうじて、実際の使用感をイメージできるよう、工夫をこらしています。

ブースを効果的に演出する主な製品は、新製品である12V仕様ハロゲンランプ代替LED電球をはじめ、光の拡がりや光色を変換する「SNAP SYSTEM」に対応した先進のLED電球・器具、カラーLED照明機器です。
モノ本来がもつ色彩を再現するVivid(高演色)モデルや、新たな高出力PARランプ形など、「SNAP SYSTEM」に対応したLED電球・器具がブースを彩り、LED照明機器は、外観や内装にアクセントを添えます。
このほかにも、以下の製品を参考出品、「照明ソリューション・プロバイダ」としての総合力を確認いただけます。

なお、「SNAP SYSTEM」に対応する電球、器具は、アメリカSoraa社の製品です。
Soraa社は、2014年にノーベル物理賞を受賞した中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授をファウンダの1人として擁する、GaNonGaNと呼ばれる高純度窒化ガリウム基板を使用したLED電球製造のパイオニアであり、美しく、効率の高い製品を世に送り出しています。

ライティング・フェア2015の開催概要

■ 日時:2015年3月3日(火)~6日(金) 10:00~17:00(最終日のみ16:30まで)

■ 会場:東京ビッグサイト西展示場1・2ホール


ウシオライティング・ブースのご案内

■ ブースNo.:LF1012



< 主な展示製品 >

100V仕様LED電球「ダイクロハロゲン形」フルラインアップ

-ムラのないフラットな光、輪郭の美しいグラデーションのある光を再現するラインアップ紹介

12V仕様LED電球「スーパーラインLED」フルラインアップ

-低消費電力・高コストパフォーマンスを誇るニューモデルを加えたラインアップ紹介


SNAP SYSTEM対応各種LED電球

-光の拡がりや光色を変換するSNAP SYSTEM対応モデルに、高出力PARランプ形が登場


LED投光器「VAYA」シリーズ

-白色タイプ、カラータイプを取りそろえた、信頼性、コストパフォーマンスと設置性に優れた屋外対応機器

自然光LEDスポットライト「Cool Spot α LED」

-高い特殊演色評価数により、人の肌、料理、花といった色を、鮮明かつ忠実に再現

LEDイルミネーションランプ「Lelumin(レルミン)」

-ランプ部分のみの交換が可能、設置およびメンテナンス性を大幅に向上させたランプ




< 参考出品 >

100V仕様LED電球「ダイクロハロゲン形」

ユーザからの要望が高い「調光対応」、「高演色」、「高効率」、「フラットな光」を真摯に追求、これまでにない、新たなφ70、φ50、φ35のLED電球をボリューム展示

LEDフィラメント電球Let高照度モデル

従来品と比べて約3.6倍の全光束180lmを達成、白熱電球の光、印象、形状を再現したLED電球

LEDキャンドルライト

白熱電球とほぼ同等の方位にムラのない光を放つ、全光束320lm(2700K)を誇る高効率LED電球

オプティカルライトエンジン/モジュール

ムラがない、演色性の高い光を低消費電力を提供する、コンパクトで柔軟性の高いライトエンジン/モジュール

植物鮮度保持照明

青果物の鮮度低下を抑制する、LED照明による提案



お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 光源デバイス-BU 営業1部
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268

技術に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 LED-BU
Phone:0790-22-6371/ Fax:0790-22-6502


関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース出展・イベント

ページトップ