1. 2017年11月 (1)年
  2. 2017年10月 (6)年
  3. 2017年8月 (1)年
  4. 2017年6月 (4)年
  5. 2017年5月 (4)年
  6. 2017年4月 (2)年
  7. 2017年3月 (5)年
  8. 2017年2月 (1)年
  9. 2016年12月 (1)年
  10. 2016年11月 (2)年
  11. 2016年10月 (1)年
  12. 2016年8月 (4)年
  13. 2016年6月 (1)年
  14. 2016年4月 (1)年
  15. 2016年3月 (4)年
  16. 2015年11月 (2)年
  17. 2015年10月 (1)年
  18. 2015年9月 (2)年
  19. 2015年8月 (4)年
  20. 2015年6月 (1)年
  21. 2015年5月 (1)年
  22. 2015年4月 (3)年
  23. 2015年3月 (1)年
  24. 2015年2月 (2)年
  25. 2015年1月 (1)年
  26. 2014年11月 (1)年
  27. 2014年10月 (2)年
  28. 2014年9月 (2)年
  29. 2014年8月 (2)年
  30. 2014年7月 (2)年
  31. 2014年5月 (1)年
  32. 2014年4月 (1)年
  33. 2013年12月 (2)年
  34. 2013年11月 (1)年
  35. 2013年10月 (3)年
  36. 2013年9月 (1)年
  37. 2013年8月 (1)年
  38. 2013年7月 (1)年
  39. 2013年6月 (1)年
  40. 2013年3月 (2)年
  41. 2013年2月 (4)年
  42. 2013年1月 (1)年
  43. 2012年12月 (2)年
  44. 2012年11月 (1)年
  45. 2012年10月 (3)年
  46. 2012年8月 (1)年
  47. 2012年7月 (1)年
  48. 2012年6月 (1)年
  49. 2012年5月 (1)年
  50. 2012年4月 (1)年
  51. 2012年2月 (2)年
  52. 2012年1月 (1)年
  53. 2011年12月 (2)年
  54. 2011年11月 (1)年
  55. 2011年10月 (1)年
  56. 2011年9月 (1)年
  57. 2011年8月 (1)年
  58. 2011年3月 (3)年
  59. 2011年2月 (2)年
  60. 2010年12月 (3)年
  61. 2010年11月 (1)年
  62. 2010年10月 (1)年
  63. 2010年9月 (1)年
  64. 2010年8月 (1)年
  65. 2010年7月 (1)年
  66. 2010年5月 (3)年
  67. 2010年3月 (2)年
  68. 2010年2月 (1)年
  69. 2010年1月 (1)年
  70. 2009年12月 (3)年
  71. 2009年11月 (2)年
  72. 2009年7月 (1)年
  73. 2009年6月 (1)年
  74. 2009年5月 (1)年
  75. 2009年3月 (2)年
  76. 2009年2月 (1)年
  77. 2008年12月 (2)年
  78. 2008年11月 (1)年
  79. 2008年9月 (2)年
  80. 2008年8月 (1)年
  81. 2008年4月 (1)年
  82. 2008年3月 (1)年
  83. 2008年1月 (1)年
  84. 2007年12月 (2)年
  85. 2007年8月 (1)年
  86. 2007年7月 (5)年
  87. 2007年6月 (1)年
  88. 2007年5月 (1)年
  89. 2006年7月 (1)年
  90. 2006年6月 (5)年
  91. 2006年5月 (3)年
  92. 2006年2月 (1)年
  93. 2005年6月 (1)年
  94. 2005年1月 (1)年
  95. 2004年10月 (1)年
  96. 2004年7月 (1)年
  97. 2004年6月 (1)年
  98. 2004年5月 (1)年
  99. 2004年4月 (1)年
  100. 2004年3月 (4)年
  101. 2003年5月 (1)年
  102. 2003年2月 (3)年
  103. 2003年1月 (2)年
  104. 2002年8月 (2)年
  105. 2002年5月 (1)年
  106. 2002年1月 (2)年
  107. 2001年8月 (2)年
  108. 2001年7月 (1)年
  109. 2001年3月 (1)年
  110. 2000年12月 (1)年
  111. 2017 (24)年年
  112. 2016 (14)年年
  113. 2015 (18)年年
  114. 2014 (11)年年
  115. 2013 (17)年年
  116. 2012 (14)年年
  117. 2011 (11)年年
  118. 2010 (15)年年
  119. 2009 (11)年年
  120. 2008 (9)年年
  121. 2007 (10)年年
  122. 2006 (10)年年
  123. 2005 (2)年年
  124. 2004 (9)年年
  125. 2003 (6)年年
  126. 2002 (5)年年
  127. 2001 (4)年年
  128. 2000 (1)年年

ニュース

小形電球代替LEDランプ LEDキャンドルライト 「Kirabi(煌火/きらび)」 販売開始
明るく、均等かつ広範囲に光を放つLED電球で、新たなアプリケーション提案

LEDキャンドルライト Kirabiウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅)は、小形電球代替LEDランプ LEDキャンドルライト 「Kirabi(煌火/きらび) 以下、Kirabi」について、6月12日(金)から販売開始することを、お知らせします。
本製品は、一般照明、商業施設・店舗照明などで使用される白熱電球のリプレイス、照明のLED化に適したもので、均等でムラが少ない光の拡がりを実現するだけでなく、省エネ、環境負荷低減に貢献します。

Kirabiは、一般照明、商業施設のエントランスや通路、店舗の高天井部分に設置されたシャンデリア、ブラケットなどに適した、明るく、均等かつ広範囲に光を放つLED電球です。
市場から求められている、「既存の白熱電球が放つ光と同等のイメージ」、「高照度・低消費電力化」を追求しました。
特に、光のイメージについては、「光を変えない」ために、製品にとって最適なLEDチップの選定、LEDモジュールの配置にフォーカスし、シミュレーションを重ねたことで、下方向にも光が拡がる全方位に近い、均等な配光を実現させました。
その結果、空間全体のイメージはそのままに、白熱電球からの置き換えを可能にします。
また、サイズも従来の白熱電球に近づけた、コンパクト形状に仕上げました。

Kirabiには、「電球色(2700K)」と、ホテルや飲食店、テーマパークなどのアミューズメント施設や、格調高い空間の演出を意識した「赤系電球色(2200K)」の2品種があり、明るさはそれぞれ、一般的な小形電球25形に相当する全光束320 lm*1、一般照明用電球20形に相当する全光束210 lm*1を実現させています。
加えて、LEDならではのキラメキが、照明の質感をきわだたせます。
また、消費電力を3.6Wに抑えたことで、コストパフォーマンス面でも優れたものにしています。

なお、今後は、ユーザのニーズをリサーチしながら調光対応製品の開発を検討、Kirabiのラインアップ拡充を目指すとともに、白熱電球のフィラメント形状を忠実に再現させた、従来製品である「LEDフィラメント電球 Let(レット)」と併せ、新たなアプリケーション提案を行っていきます。

*1
一般社団法人 日本照明工業会ガイド「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン」にもとづく比較(以下同)


主な特長

下方向を含む全方位に近い、均等な拡がりを実現した光

「白熱電球の光」を再現するため、配光、明るさにポイントを絞って設計、試行錯誤、シミュレーションを重ね、LEDを均等配置する独自のLEDマウント方式にたどりつきました。
これにより、一般的な白熱電球(シャンデリア形)と同等の全方位に近い配光(水平:360°、垂直:270°)と、ムラの少ない均等な光の拡がりを実現しました。
下方向にまで拡がり、製品名どおり「煌(きら)びやか」に見える高輝度な光は、特に高天井でその威力を発揮します。
よって、同等クラスの白熱電球と置き換えても、空間全体のイメージを変えることはありません。

シーンに合わせて選べる2種の光色

さまざまなシーンでの使用にマッチする、2種の色温度バリエーションを用意しました。
-電球色タイプ (2700K / 320 lm):一般的な小形電球の発光色に合わせています
-赤系電球色タイプ (2200K / 210 lm):ロウソクの灯さながら、安らぎと格調高い印象を与えるアンバー色の光を放ちます

省エネ、長寿命

3.6Wの消費電力で、一般的な白熱電球代替LED電球としては、極めて高い発光効率(電球色タイプ:88.9 lm/W、赤系電球色タイプ:58.3 lm/W)を実現しました。
また、定格寿命は25000時間*2で、一般的な白熱電球と比べて長寿命です。
よって、球切れによる電球交換といったメンテナンスにかかるコストも、大幅に低減させることができます。
なお、節電、省エネ、環境負荷低減効果としては、電球色タイプと一般的な小形電球25形を比較すると、約1/7の消費電力、約16倍の長寿命*1を達成、仮に1日の点灯時間を10時間として1年間(365日)使用した場合、温室効果ガス(CO2)排出量は、1灯あたり、約33.5kg-CO2/kWh*3 (杉の木約2.4本分のCO2吸収量に相当*4)低減、コストセーブという点においては、同条件で約2100円*5の電気代を削減できます。

*2
定格寿命とは、全光束が初期の70%以下、または不点灯になるまでの点灯時間平均値
*3
2010年09月03日本電球工業会資料JEMA家技No.10-250に基き電力使用排出係数:0.43kg-CO2/kWhにて算出
*4
岐阜県の80年生杉(人工林)1本がCO2を年平均約14kg吸収するものとして計算(林野庁ウェブサイトより)
*5
新電力料金目安単価 27円/kWh(税込) を使用して算出


主な用途

一般照明、商業施設・店舗用照明 など


販売について

■ 希望販売価格:オープン
■ 販売目標:10,000本 (2015年度)
■ 発売開始日:2015年6月12日(金)


主な仕様

Kirabi 主な仕様


外径寸法図

Kirabi 外形寸法図


光の拡がりと配光特性図(電球色タイプ)

Kirabi 光の拡がりと配光特性図(電球色タイプ)


製品とパッケージ

Kirabi 製品およびパッケージ


お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 営業1部
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268


製品情報

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ