1. 2017年4月 (2)年
  2. 2017年3月 (5)年
  3. 2017年2月 (1)年
  4. 2016年12月 (1)年
  5. 2016年11月 (2)年
  6. 2016年10月 (1)年
  7. 2016年8月 (4)年
  8. 2016年6月 (1)年
  9. 2016年4月 (1)年
  10. 2016年3月 (4)年
  11. 2015年11月 (2)年
  12. 2015年10月 (1)年
  13. 2015年9月 (2)年
  14. 2015年8月 (4)年
  15. 2015年6月 (1)年
  16. 2015年5月 (1)年
  17. 2015年4月 (3)年
  18. 2015年3月 (1)年
  19. 2015年2月 (2)年
  20. 2015年1月 (1)年
  21. 2014年11月 (1)年
  22. 2014年10月 (2)年
  23. 2014年9月 (2)年
  24. 2014年8月 (2)年
  25. 2014年7月 (2)年
  26. 2014年5月 (1)年
  27. 2014年4月 (1)年
  28. 2013年12月 (2)年
  29. 2013年11月 (1)年
  30. 2013年10月 (3)年
  31. 2013年9月 (1)年
  32. 2013年8月 (1)年
  33. 2013年7月 (1)年
  34. 2013年6月 (1)年
  35. 2013年3月 (2)年
  36. 2013年2月 (4)年
  37. 2013年1月 (1)年
  38. 2012年12月 (2)年
  39. 2012年11月 (1)年
  40. 2012年10月 (3)年
  41. 2012年8月 (1)年
  42. 2012年7月 (1)年
  43. 2012年6月 (1)年
  44. 2012年5月 (1)年
  45. 2012年4月 (1)年
  46. 2012年2月 (2)年
  47. 2012年1月 (1)年
  48. 2011年12月 (2)年
  49. 2011年11月 (1)年
  50. 2011年10月 (1)年
  51. 2011年9月 (1)年
  52. 2011年8月 (1)年
  53. 2011年3月 (3)年
  54. 2011年2月 (2)年
  55. 2010年12月 (3)年
  56. 2010年11月 (1)年
  57. 2010年10月 (1)年
  58. 2010年9月 (1)年
  59. 2010年8月 (1)年
  60. 2010年7月 (1)年
  61. 2010年5月 (3)年
  62. 2010年3月 (2)年
  63. 2010年2月 (1)年
  64. 2010年1月 (1)年
  65. 2009年12月 (3)年
  66. 2009年11月 (2)年
  67. 2009年7月 (1)年
  68. 2009年6月 (1)年
  69. 2009年5月 (1)年
  70. 2009年3月 (2)年
  71. 2009年2月 (1)年
  72. 2008年12月 (2)年
  73. 2008年11月 (1)年
  74. 2008年9月 (2)年
  75. 2008年8月 (1)年
  76. 2008年4月 (1)年
  77. 2008年3月 (1)年
  78. 2008年1月 (1)年
  79. 2007年12月 (2)年
  80. 2007年8月 (1)年
  81. 2007年7月 (5)年
  82. 2007年6月 (1)年
  83. 2007年5月 (1)年
  84. 2006年7月 (1)年
  85. 2006年6月 (5)年
  86. 2006年5月 (3)年
  87. 2006年2月 (1)年
  88. 2005年6月 (1)年
  89. 2005年1月 (1)年
  90. 2004年10月 (1)年
  91. 2004年7月 (1)年
  92. 2004年6月 (1)年
  93. 2004年5月 (1)年
  94. 2004年4月 (1)年
  95. 2004年3月 (4)年
  96. 2003年5月 (1)年
  97. 2003年2月 (3)年
  98. 2003年1月 (2)年
  99. 2002年8月 (2)年
  100. 2002年5月 (1)年
  101. 2002年1月 (2)年
  102. 2001年8月 (2)年
  103. 2001年7月 (1)年
  104. 2001年3月 (1)年
  105. 2000年12月 (1)年
  106. 2017 (8)年年
  107. 2016 (14)年年
  108. 2015 (18)年年
  109. 2014 (11)年年
  110. 2013 (17)年年
  111. 2012 (14)年年
  112. 2011 (11)年年
  113. 2010 (15)年年
  114. 2009 (11)年年
  115. 2008 (9)年年
  116. 2007 (10)年年
  117. 2006 (10)年年
  118. 2005 (2)年年
  119. 2004 (9)年年
  120. 2003 (6)年年
  121. 2002 (5)年年
  122. 2001 (4)年年
  123. 2000 (1)年年

ニュース

照明のLED化に適した「φ70 ハロゲンランプ代替LED電球」
LEDならではの多彩な色温度を取りそろえた調光対応 シングルコアモデル新10品種を市場投入

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅)は、一般照明、商業施設・店舗照明などで使用されている110V仕様ハロゲンランプ(JDR)の置き換え、または照明のLED化に適した、「LEDIU*1 LED電球ダイクロハロゲン形」について、ランプ口径70mm(φ70)でも色温度が異なる新10品種を開発、ラインアップに加え、3月8日(火)から販売を開始します。

新10品種の市場投入は、これまで展開してきた『ラインアップの拡充』をさらに加速させるもので、これにより、ユーザごとで異なる、色温度、光の拡がり、照度ニーズを満たすことができます。
また、当社としても、ラインアップ拡充でこれまで以上に市場を深耕、さらなるシェア獲得を目指し、事業を推し進めます。

ハロゲンランプは、自然光に近い光色、高い発光効率、コンパクトな形状といった特長をもつことから、おもに一般照明、商業施設において、スポット照明やベース照明として使用されています。
なかでもφ70は、強めのスポット照明やベース照明にも使用される高出力のランプであることから、まだまだ同等のスペック、性能をもつLED代替電球は品数が少ないうえ、効果的な照明を期待するユーザから求められる、LEDだからこそなし得る色温度のバリエーションや、調光対応、単一光源といったニーズに応えられていないといった状況にありました。

ウシオライティングは、このようなニーズをつねに意識して、これまでランプ口径35mm(φ35)、同50mm(φ50)、φ70合わせて14モデル(44品種)という、多彩な製品群を市場にリリースしてきました。

しかし、商業施設や飲食店での照明演出において重要なファクタといわれる色温度バリエーションはφ50でしか取りそろえていなかったため、販売を開始する「調光対応 シングルコアモデル新10品種」は、たとえばカジュアルで活気のある店舗では高色温度、フォーマルで落ち着いた高級店、ラウンジには低色温度の光が求められる傾向に対して、スポット照明やベース照明用LED電球として応えます。
加えて、調光対応、単一光源(シングルコア)であることから、LED代替のポイントといわれる『0~100%間のスムーズな調光』、『多重影のない光』、『輪郭が美しいグラデーション配光』を実現させています。

なお、「調光対応 シングルコアモデル新10品種」は、

-電球色 (色温度:2700K)
-電球色 (色温度:3000K)
-温白色 (色温度:3500K)
-白色 (色温度:4000K)
-昼白色 (色温度:5000K)

以上の5種類に、それぞれ中角(20゚)、広角(32゚)という2つの配光(光の拡がり)という内訳になります。

今後は、色温度バリエーションだけでなく、光の拡がり(とくに狭角配光)、高照度にもフォーカスした製品の開発を進め、いま以上の多彩なニーズに応えるべく、ラインアップの拡充を図ります。
そして、現在、JDR代替LED電球で高い市場シェアを占めていますが*2、12V仕様ハロゲンランプ代替LED電球も含めた、ハロゲンランプ代替LED電球全体の、市場におけるトップシェアを確実なものにします。
加えて、PAR形(ビームランプ形)LED電球についても、バリエーションを増やすよう、計画しています。

本製品を、3月8日(火)から東京ビッグサイトで開催される「LED NEXT STAGE 2016」のウシオライティング・ブース(ブースNo. LD2023)に初出品します。

主な用途

・一般照明、商業施設・店舗・商品展示用スポット照明
・一般照明、商業施設・店舗用ベース照明 など


販売について

■ 希望販売価格:オープン
■ 販売目標: 50,000本(発売から1年間) *今回の10品種合計
■ 発売開始日:2016年3月8日(火)


主なスペックとハロゲンランプとの仕様比較*3


省エネ、環境負荷低減効果

ハロゲンランプJDRφ70 75Wと比較して約1/7.5の消費電力*4、約13倍の長寿命*5を達成、仮に1日の点灯時間を10時間として1年間使用した場合、温室効果ガスの1つであるCO2排出量は、1灯あたり、約88.6kg- CO2/kWh*6 (杉の木約6.3本分のCO2吸収量に相当*7)低減、コストセーブという点においては、同条件で約5,560円*8の電気代を削減できます。


*1
LEDIU(レデュー)は、「LED products to Integrate USHIO’s advanced technologies」の略で、ウシオライティングにおけるLED事業の総称であるとともに、ウシオライティングが品質保証する、先進テクノロジーの粋を集めたLED製品群に対する総称であり、国内における登録商標です。
*2
2016年2月29日時点での当社調べ
*3
ハロゲンランプの数値は、当社JDRφ70 75W中角、57W広角(それぞれ標準タイプ)の100V換算値、明るさ(W相当)は、前述したハロゲンランプそれぞれのビーム光束(100V換算値)と、LED電球のビーム光束との比較によるもの(当社調べ)
*4
消費電力は、JDRφ70 75W中角、57W広角(それぞれ標準タイプ)の100V換算値との比較によるもの(当社調べ)
*5
定格寿命での比較、定格寿命とは、全光束が初期の70%以下、または不点灯になるまでの点灯時間平均値
*6
2010年09月03日本電球工業会資料JEMA家技No.10-250に基き電力使用排出係数:0.43kg-CO2/kWhにて算出
*7
岐阜県の80年生杉(人工林)1本がCO2を年平均約14kg吸収するものとして計算(林野庁ウェブサイトより)
*8
新電力料金目安単価 27円/kWh(税込) を使用して算出


LEDIU LED電球シリーズ一覧

LED電球ダイクロハロゲン形

* 今回の新製品を除く

写真左から、①φ35マルチコア、②φ50マルチコア、③φ50シングルコア、④φ70マルチコア

スーパーラインLED


写真左から、①φ50シングルコア口金 EZ10、GU5.3、 ②φ50マルチコア 口金EZ10、GU5.3

LEDフィラメント電球 Let(レット)


写真左から、50 lm調光タイプ/シャンデリア球(口金E17)、グローブ球(ガラス形状G40、口金E17)

LED電球ビームランプ形


お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 営業1部
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268


関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ