1. 2017年8月 (1)年
  2. 2017年6月 (4)年
  3. 2017年5月 (4)年
  4. 2017年4月 (2)年
  5. 2017年3月 (5)年
  6. 2017年2月 (1)年
  7. 2016年12月 (1)年
  8. 2016年11月 (2)年
  9. 2016年10月 (1)年
  10. 2016年8月 (4)年
  11. 2016年6月 (1)年
  12. 2016年4月 (1)年
  13. 2016年3月 (4)年
  14. 2015年11月 (2)年
  15. 2015年10月 (1)年
  16. 2015年9月 (2)年
  17. 2015年8月 (4)年
  18. 2015年6月 (1)年
  19. 2015年5月 (1)年
  20. 2015年4月 (3)年
  21. 2015年3月 (1)年
  22. 2015年2月 (2)年
  23. 2015年1月 (1)年
  24. 2014年11月 (1)年
  25. 2014年10月 (2)年
  26. 2014年9月 (2)年
  27. 2014年8月 (2)年
  28. 2014年7月 (2)年
  29. 2014年5月 (1)年
  30. 2014年4月 (1)年
  31. 2013年12月 (2)年
  32. 2013年11月 (1)年
  33. 2013年10月 (3)年
  34. 2013年9月 (1)年
  35. 2013年8月 (1)年
  36. 2013年7月 (1)年
  37. 2013年6月 (1)年
  38. 2013年3月 (2)年
  39. 2013年2月 (4)年
  40. 2013年1月 (1)年
  41. 2012年12月 (2)年
  42. 2012年11月 (1)年
  43. 2012年10月 (3)年
  44. 2012年8月 (1)年
  45. 2012年7月 (1)年
  46. 2012年6月 (1)年
  47. 2012年5月 (1)年
  48. 2012年4月 (1)年
  49. 2012年2月 (2)年
  50. 2012年1月 (1)年
  51. 2011年12月 (2)年
  52. 2011年11月 (1)年
  53. 2011年10月 (1)年
  54. 2011年9月 (1)年
  55. 2011年8月 (1)年
  56. 2011年3月 (3)年
  57. 2011年2月 (2)年
  58. 2010年12月 (3)年
  59. 2010年11月 (1)年
  60. 2010年10月 (1)年
  61. 2010年9月 (1)年
  62. 2010年8月 (1)年
  63. 2010年7月 (1)年
  64. 2010年5月 (3)年
  65. 2010年3月 (2)年
  66. 2010年2月 (1)年
  67. 2010年1月 (1)年
  68. 2009年12月 (3)年
  69. 2009年11月 (2)年
  70. 2009年7月 (1)年
  71. 2009年6月 (1)年
  72. 2009年5月 (1)年
  73. 2009年3月 (2)年
  74. 2009年2月 (1)年
  75. 2008年12月 (2)年
  76. 2008年11月 (1)年
  77. 2008年9月 (2)年
  78. 2008年8月 (1)年
  79. 2008年4月 (1)年
  80. 2008年3月 (1)年
  81. 2008年1月 (1)年
  82. 2007年12月 (2)年
  83. 2007年8月 (1)年
  84. 2007年7月 (5)年
  85. 2007年6月 (1)年
  86. 2007年5月 (1)年
  87. 2006年7月 (1)年
  88. 2006年6月 (5)年
  89. 2006年5月 (3)年
  90. 2006年2月 (1)年
  91. 2005年6月 (1)年
  92. 2005年1月 (1)年
  93. 2004年10月 (1)年
  94. 2004年7月 (1)年
  95. 2004年6月 (1)年
  96. 2004年5月 (1)年
  97. 2004年4月 (1)年
  98. 2004年3月 (4)年
  99. 2003年5月 (1)年
  100. 2003年2月 (3)年
  101. 2003年1月 (2)年
  102. 2002年8月 (2)年
  103. 2002年5月 (1)年
  104. 2002年1月 (2)年
  105. 2001年8月 (2)年
  106. 2001年7月 (1)年
  107. 2001年3月 (1)年
  108. 2000年12月 (1)年
  109. 2017 (17)年年
  110. 2016 (14)年年
  111. 2015 (18)年年
  112. 2014 (11)年年
  113. 2013 (17)年年
  114. 2012 (14)年年
  115. 2011 (11)年年
  116. 2010 (15)年年
  117. 2009 (11)年年
  118. 2008 (9)年年
  119. 2007 (10)年年
  120. 2006 (10)年年
  121. 2005 (2)年年
  122. 2004 (9)年年
  123. 2003 (6)年年
  124. 2002 (5)年年
  125. 2001 (4)年年
  126. 2000 (1)年年

ニュース

業界初デジタルカラー画像処理技術により、射出成形プロセスを高精度監視、
トラブルを未然に防ぐ金型監視装置 PLUS-E PE-600 モデルの販売を開始

PLUS-E PE600ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅、以下「ウシオライティング」)は、プラスチック射出成形機、ダイカスト成形機用の金型監視装置である「PLUS-E(プラスイー)」について、現行品に採用している監視技術、性能、機能を刷新、業界初*1となるカラー監視を実現したPE-600モデルを完成させ、8月8日(月)から販売を開始することを、お知らせします。

金型監視装置は、プラスチック射出成形やダイカスト成形のプロセスで、成形品の落下不良、成形不良、ピン折れなどを監視し、これらを検知したときには成形機を停止、あるいは自動復帰させることにより、金型破損を未然に防ぐものです。


近年、とくにプラスチック成形品が精密化、複雑化するなか、これまでの画像解像度、あるいはモノクロ画像の輝度差による監視では、誤認をするケースも生じています。また、いままで以上の高精度監視に対応する機能を備えた装置が求められています。

このような、ユーザが抱える課題にソリューションを提供すべく、カラー画像による監視、基本性能の強化などで、より監視精度の高い、より使いやすい装置の開発に着手しました。

この度、販売を開始するPLUS-E PE-600は、高画素デジタルカラーカメラ(200万画素)を採用、業界初*1のデジタルカラー画像処理による金型監視(特許出願中)を可能にしたことで、従来機(PE-500)と比べ、監視精度の向上を実現させました。
基本性能については、取りこんだ画像データの処理速度短縮(従来機比:約 1/2.5)、分解能、画素数の向上(それぞれ従来機比:2倍以上、約5.4倍)を達成、プロセスのハイサイクル化支援と高精度監視を両立させます。加えて、モニタサイズの大型化(8.5→10.4インチ)、直感的にできる監視エリア設定など、ユーザフレンドリな操作環境を、ユーザに提供します。
なお、以下に記した新機能を含め、操作はすべて、PE-600本体のタッチパネル画面上で行えるので、成形プロセスにおける金型の高精度・高速監視を、これまで以上の簡単操作で可能にします。

その結果、ユーザは、成形機の高価な金型破損を防げることも含め、材料、設備稼働時間のロスや、製造に関するトータルコストの低減といったメリットを享受することができます。

ウシオライティングは、このPLUS-E PE-600モデルの国内販売開始を契機として、今後は海外販売に向けて、ウシオグループの海外現地法人と協業しながらの拡販を計画、これまで以上にビジネスを深耕させることで、国内外でのシェア拡大を目指します。

*1:2016 年 7 月末現在(当社調べ)

PLUS-E PE-600 新たな特長のポイント

デジタルカラー画像処理による金型監視

監視対象をカラーCMOSカメラで撮像、得られたカラーの画像データからRGB各色の輝度(0-255)を解析し、基準色データとして取りこみます。このデータと、成形プロセスの画像データを比較することで、金型の成形品残留、不良、挿入ミス、ショートショット(金型内への樹脂の充填不足)などを検出します。 これまではモノクロによる輝度差で判定していたため、外光、照明の反射、金型の影、樹脂の残渣などが影響するケースもありましたが、カラー監視によって軽減できます。

直感的にできる監視エリア設定

WordやExcel上に、図形ツールを使って円や四角形を描くように、直感的な操作で簡単に監視エリアを設定 することができます。

データの外部記憶

データの外部記憶機能を充実させました。従来機同様、金型ごとの設定条件や監視実績情報、NG発生時の画像などを保存できるだけでなく、デジタルビデオレコーダ(DVR/オプション)に、NG発生時前後の動画保存することも可能です。これらデータや画像、動画を解析することにより、問題の解決に役立ちます。

充実したオプション

監視エリアに必要な照明については、照明メーカであるウシオの技術、ノウハウを投入したLED照明に加え、誤認防止や精細な監視のための赤外線LED照明、明るさを調整(調光)する必要があるケースには、DMX信号で制御できるセットを用意しています。なお調光は、PE-600本体のタッチパネル画面上で操作が可能です。

世界標準機

海外販売に向けて、RoHS指令、FCC CLASS-A、KCに適合予定です。また、標準で日本語、英語、中国語、韓国語に対応するほか、その他言語にも対応できる拡張性を備えています。

 

主な用途

● 電子・電気・精密機器部品(狭ピッチコネクタ、スマートフォンやデジタルカメラ部品など)、自動車部品(ハーネスコネクタ、電装部品、内装小物など)、家電・AV製品をはじめ、筆記具、医療器にいたるプラスチック成形品の成形プロセスにおける金型監視

● ダイカスト成形品の成形プロセスにおける金型監視
-キャビティ・コア金型の残留監視
-インサートワークの不良、挿入ミス監視
-ショートショット監視
-スライド位置、エジェクタ戻り位置監視
-エジェクタピン折れ監視
-簡易製品検査

 

主な仕様

-電源:DC24V
-消費電力:24W
-外形寸法:298(W) x 210(H) x 49(D) mm (*突起部を除く)
-重量:1.4kg

 

販売について

■販売価格:オープン
■販売目標:約 1,000台(販売開始から 1 年)
■国内発売開始日:2016年8月8日(月) *海外については2016年10月の発売を予定

 

製品写真

 

カタログ・リーフレット

金型監視装置 PE-600 リーフレット(2P)

 

お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 産業事業部 プラスチック営業部
Phone:03-3552-8277 / Fax:03-3552-8283

 

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ