1. 2017年6月 (4)年
  2. 2017年5月 (4)年
  3. 2017年4月 (2)年
  4. 2017年3月 (5)年
  5. 2017年2月 (1)年
  6. 2016年12月 (1)年
  7. 2016年11月 (2)年
  8. 2016年10月 (1)年
  9. 2016年8月 (4)年
  10. 2016年6月 (1)年
  11. 2016年4月 (1)年
  12. 2016年3月 (4)年
  13. 2015年11月 (2)年
  14. 2015年10月 (1)年
  15. 2015年9月 (2)年
  16. 2015年8月 (4)年
  17. 2015年6月 (1)年
  18. 2015年5月 (1)年
  19. 2015年4月 (3)年
  20. 2015年3月 (1)年
  21. 2015年2月 (2)年
  22. 2015年1月 (1)年
  23. 2014年11月 (1)年
  24. 2014年10月 (2)年
  25. 2014年9月 (2)年
  26. 2014年8月 (2)年
  27. 2014年7月 (2)年
  28. 2014年5月 (1)年
  29. 2014年4月 (1)年
  30. 2013年12月 (2)年
  31. 2013年11月 (1)年
  32. 2013年10月 (3)年
  33. 2013年9月 (1)年
  34. 2013年8月 (1)年
  35. 2013年7月 (1)年
  36. 2013年6月 (1)年
  37. 2013年3月 (2)年
  38. 2013年2月 (4)年
  39. 2013年1月 (1)年
  40. 2012年12月 (2)年
  41. 2012年11月 (1)年
  42. 2012年10月 (3)年
  43. 2012年8月 (1)年
  44. 2012年7月 (1)年
  45. 2012年6月 (1)年
  46. 2012年5月 (1)年
  47. 2012年4月 (1)年
  48. 2012年2月 (2)年
  49. 2012年1月 (1)年
  50. 2011年12月 (2)年
  51. 2011年11月 (1)年
  52. 2011年10月 (1)年
  53. 2011年9月 (1)年
  54. 2011年8月 (1)年
  55. 2011年3月 (3)年
  56. 2011年2月 (2)年
  57. 2010年12月 (3)年
  58. 2010年11月 (1)年
  59. 2010年10月 (1)年
  60. 2010年9月 (1)年
  61. 2010年8月 (1)年
  62. 2010年7月 (1)年
  63. 2010年5月 (3)年
  64. 2010年3月 (2)年
  65. 2010年2月 (1)年
  66. 2010年1月 (1)年
  67. 2009年12月 (3)年
  68. 2009年11月 (2)年
  69. 2009年7月 (1)年
  70. 2009年6月 (1)年
  71. 2009年5月 (1)年
  72. 2009年3月 (2)年
  73. 2009年2月 (1)年
  74. 2008年12月 (2)年
  75. 2008年11月 (1)年
  76. 2008年9月 (2)年
  77. 2008年8月 (1)年
  78. 2008年4月 (1)年
  79. 2008年3月 (1)年
  80. 2008年1月 (1)年
  81. 2007年12月 (2)年
  82. 2007年8月 (1)年
  83. 2007年7月 (5)年
  84. 2007年6月 (1)年
  85. 2007年5月 (1)年
  86. 2006年7月 (1)年
  87. 2006年6月 (5)年
  88. 2006年5月 (3)年
  89. 2006年2月 (1)年
  90. 2005年6月 (1)年
  91. 2005年1月 (1)年
  92. 2004年10月 (1)年
  93. 2004年7月 (1)年
  94. 2004年6月 (1)年
  95. 2004年5月 (1)年
  96. 2004年4月 (1)年
  97. 2004年3月 (4)年
  98. 2003年5月 (1)年
  99. 2003年2月 (3)年
  100. 2003年1月 (2)年
  101. 2002年8月 (2)年
  102. 2002年5月 (1)年
  103. 2002年1月 (2)年
  104. 2001年8月 (2)年
  105. 2001年7月 (1)年
  106. 2001年3月 (1)年
  107. 2000年12月 (1)年
  108. 2017 (16)年年
  109. 2016 (14)年年
  110. 2015 (18)年年
  111. 2014 (11)年年
  112. 2013 (17)年年
  113. 2012 (14)年年
  114. 2011 (11)年年
  115. 2010 (15)年年
  116. 2009 (11)年年
  117. 2008 (9)年年
  118. 2007 (10)年年
  119. 2006 (10)年年
  120. 2005 (2)年年
  121. 2004 (9)年年
  122. 2003 (6)年年
  123. 2002 (5)年年
  124. 2001 (4)年年
  125. 2000 (1)年年

ニュース

ウシオライティング 社長交代
エンターテインメント事業の成長具現化に向け、より一層の体制強化を図る

ウシオライティング株式会社(本社:東京都中央区、以下ウシオライティング)は、現 代表取締役社長 吉川 隆雅が退任し、4月1日付で後任として、現 マックスレイ株式会社 代表取締役社長の椿 隆二郎が新社長に就任することを、お知らせします。

去る3月10日付で、当社の親会社であるウシオ電機から発表があったとおり、ウシオグループにおいて、照明・映像・音響分野の中核をなすウシオライティング株式会社、株式会社ジーベックス、マックスレイ株式会社の連携をより強化し、総合的なソリューション提案および、新たな製品やサービスを積極的に創出することを目指し、4月3日付で「ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(以下、ウシオエンターテインメント)」が設立され、前出の3社が、その傘下に置かれます。
今後は、この3社によるシナジーを活かし、日本におけるエンターテインメント事業の強化に向けて、努力を重ねていきますが、これに合わせてウシオライティングでも、経営体制を変えることとなりました。

今回のトップ人事により、今後、椿 隆二郎に、ウシオライティングにおけるエンターテインメント事業の成長具現化を託し、これまで推進してきたソリューションビジネスのさらなる深耕に向け、より一層の体制強化を図ります。


新社長 椿 隆二郎 略歴、コメント

略歴:
2004年、ウシオライティングに入社。映像照明機器、スペシャルランプなどの事業部長を歴任、キャリアを重ね、2005年、取締役執行役員に就任。
2012年から取締役常務執行役員、2013年からは取締役専務執行役員として、これまで培ってきた人脈、マネジメント能力と経営センスにより、事業の拡大に向けてその手腕を発揮。
2015年4月、現職であるマックスレイ株式会社 代表取締役社長に就任。

コメント:
照明、映像、音響をコラボレートさせたソリューション指向のビジネスを、グループ会社協業で発展、深耕させるため、新たなスタートをきるウシオエンターテインメントのもと、3社のシナジーを活かし、皆さまに「美しく、楽しく、そしてワクワクするような」サービスを提供できるよう、職責を果たしていきます。

添付資料: ウシオライティング株式会社 役員人事(2017年4月1日付)



お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

人事に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 総務部 山口
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268
E-mail:info@ushiolighting.co.jp

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース重要なお知らせ

ページトップ