1. 2018年8月 (2)年
  2. 2018年7月 (4)年
  3. 2018年5月 (2)年
  4. 2018年4月 (1)年
  5. 2018年3月 (3)年
  6. 2018年2月 (4)年
  7. 2017年11月 (1)年
  8. 2017年10月 (6)年
  9. 2017年8月 (1)年
  10. 2017年6月 (4)年
  11. 2017年5月 (4)年
  12. 2017年4月 (2)年
  13. 2017年3月 (4)年
  14. 2017年2月 (1)年
  15. 2016年12月 (1)年
  16. 2016年11月 (1)年
  17. 2016年10月 (1)年
  18. 2016年8月 (4)年
  19. 2016年6月 (1)年
  20. 2016年4月 (1)年
  21. 2016年3月 (4)年
  22. 2015年11月 (2)年
  23. 2015年10月 (1)年
  24. 2015年9月 (2)年
  25. 2015年8月 (4)年
  26. 2015年6月 (1)年
  27. 2015年5月 (1)年
  28. 2015年4月 (3)年
  29. 2015年3月 (1)年
  30. 2015年2月 (2)年
  31. 2015年1月 (1)年
  32. 2014年11月 (1)年
  33. 2014年10月 (2)年
  34. 2014年9月 (2)年
  35. 2014年8月 (2)年
  36. 2014年7月 (2)年
  37. 2014年5月 (1)年
  38. 2014年4月 (1)年
  39. 2013年12月 (2)年
  40. 2013年11月 (1)年
  41. 2013年10月 (2)年
  42. 2013年9月 (1)年
  43. 2013年8月 (1)年
  44. 2013年7月 (1)年
  45. 2013年6月 (1)年
  46. 2013年3月 (2)年
  47. 2013年2月 (3)年
  48. 2013年1月 (1)年
  49. 2012年12月 (2)年
  50. 2012年11月 (1)年
  51. 2012年10月 (3)年
  52. 2012年7月 (1)年
  53. 2012年6月 (1)年
  54. 2012年5月 (1)年
  55. 2012年4月 (1)年
  56. 2012年2月 (2)年
  57. 2012年1月 (1)年
  58. 2011年12月 (2)年
  59. 2011年11月 (1)年
  60. 2011年10月 (1)年
  61. 2011年9月 (1)年
  62. 2011年8月 (1)年
  63. 2011年3月 (3)年
  64. 2011年2月 (2)年
  65. 2010年12月 (3)年
  66. 2010年11月 (1)年
  67. 2010年10月 (1)年
  68. 2010年9月 (1)年
  69. 2010年8月 (1)年
  70. 2010年7月 (1)年
  71. 2010年5月 (3)年
  72. 2010年3月 (2)年
  73. 2010年2月 (1)年
  74. 2010年1月 (1)年
  75. 2009年12月 (3)年
  76. 2009年11月 (2)年
  77. 2009年7月 (1)年
  78. 2009年6月 (1)年
  79. 2009年5月 (1)年
  80. 2009年3月 (2)年
  81. 2009年2月 (1)年
  82. 2008年12月 (2)年
  83. 2008年11月 (1)年
  84. 2008年9月 (2)年
  85. 2008年8月 (1)年
  86. 2008年4月 (1)年
  87. 2008年3月 (1)年
  88. 2008年1月 (1)年
  89. 2007年12月 (2)年
  90. 2007年8月 (1)年
  91. 2007年7月 (5)年
  92. 2007年6月 (1)年
  93. 2007年5月 (1)年
  94. 2006年7月 (1)年
  95. 2006年6月 (5)年
  96. 2006年5月 (3)年
  97. 2006年2月 (1)年
  98. 2005年6月 (1)年
  99. 2005年1月 (1)年
  100. 2004年10月 (1)年
  101. 2004年7月 (1)年
  102. 2004年6月 (1)年
  103. 2004年5月 (1)年
  104. 2004年4月 (1)年
  105. 2004年3月 (4)年
  106. 2003年5月 (1)年
  107. 2003年2月 (3)年
  108. 2003年1月 (2)年
  109. 2002年8月 (2)年
  110. 2002年5月 (1)年
  111. 2002年1月 (2)年
  112. 2001年8月 (2)年
  113. 2001年7月 (1)年
  114. 2001年3月 (1)年
  115. 2000年12月 (1)年
  116. 2018 (16)年年
  117. 2017 (23)年年
  118. 2016 (13)年年
  119. 2015 (18)年年
  120. 2014 (11)年年
  121. 2013 (15)年年
  122. 2012 (13)年年
  123. 2011 (11)年年
  124. 2010 (15)年年
  125. 2009 (11)年年
  126. 2008 (9)年年
  127. 2007 (10)年年
  128. 2006 (10)年年
  129. 2005 (2)年年
  130. 2004 (9)年年
  131. 2003 (6)年年
  132. 2002 (5)年年
  133. 2001 (4)年年
  134. 2000 (1)年年

ニュース

ProLight & Console 2018 に出展します

Prolight & console2月21日(水)から東京ビッグサイトで開催される、「ProLight & Console 2018」に出展します。
本展示会は、舞台照明メーカおよび、海外製品の販売代理店13社が一堂に会し、新しい光エンターテインメントの創造と関連市場拡大に寄与することを目的として開催するもので、2015年の初回に続き、2回目となります。
近年、舞台照明分野でも、コンピュータやネットワーク、LED光源に関する技術の進化はめざましく、業界各社も、強力な製品の開発にしのぎをけずっています。
そこでウシオライティングは、18小間(162m2)のブースに、現在開発中の4kWクセノンロングスローフォロースポットや500W LEDフォロースポット(ともに試作機)および、High End Systems (HES)、DTS、Philips Showlineをはじめとする取り扱い海外メーカ・ブランドの最新機器を数多く展示、それぞれの特長、性能や仕様を、専門スタッフが実演をつうじて、詳しく紹介します。

このほかにプレゼンテーション・コーナでは、海外各メーカからキーパーソンを招へいし、導入事例の紹介などをつうじて、最新機器の実力についてもご理解いただけるよう、趣向を凝らしています。
「光の質」、「制御性」、「扱いやすさ」を追求した演出照明機器の展示、ブース内で行うプレゼンやライティング・ショーなどで、皆さまに最適なソリューション提案を差しあげるとともに、皆さまからは、率直なご意見やご感想をお聞かせいただきたく思います。

皆さまのご来場を、心よりお待ち申しあげます。

ProLight & Console 2018 開催概要

■日時:2018年2月21日(水)~23日(金) 10:00~17:00 (最終日は16:30まで)
■会場:東京ビッグサイト 東展示場 8ホール

主な出展製品

●USHIO製品: クセノンフォロースポットLEDフォロースポット ほか
●HES社製品: SolaSpot 1000、SolaFrame 750、SolaFrame TheatreHog4シリーズ ほか
●DTS社製品: KATANABRICK ほか
●Philips Showlineブランド製品: SL ePAR 180SL PUNCHLITE 220、SL Rstrip 10 ほか

主催者会場内セミナ

展示会会期中、以下のテーマで講演を行います。

Network made easy for Lighting (Luminex)
2月21日(水)~23日(金)の3日間とも 11:15~11:55


Hog4  現場で使える小技セミナ
2月21日(水)~23日(金)の3日間とも 14:15~14:55

お問い合わせ

ウシオライティング株式会社
エンタテインメント事業部 機器営業部
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8264 / Fax:03-3552-8266
E-mail:info@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

関連情報

カテゴリー: ニュース出展・イベント

ページトップ