1. 2018年11月 (1)年
  2. 2018年10月 (3)年
  3. 2018年8月 (3)年
  4. 2018年7月 (4)年
  5. 2018年5月 (2)年
  6. 2018年4月 (1)年
  7. 2018年3月 (3)年
  8. 2018年2月 (4)年
  9. 2017年11月 (1)年
  10. 2017年10月 (6)年
  11. 2017年8月 (1)年
  12. 2017年6月 (4)年
  13. 2017年5月 (4)年
  14. 2017年4月 (2)年
  15. 2017年3月 (4)年
  16. 2017年2月 (1)年
  17. 2016年12月 (1)年
  18. 2016年11月 (1)年
  19. 2016年10月 (1)年
  20. 2016年8月 (4)年
  21. 2016年6月 (1)年
  22. 2016年4月 (1)年
  23. 2016年3月 (4)年
  24. 2015年11月 (2)年
  25. 2015年10月 (1)年
  26. 2015年9月 (2)年
  27. 2015年8月 (4)年
  28. 2015年6月 (1)年
  29. 2015年5月 (1)年
  30. 2015年4月 (3)年
  31. 2015年3月 (1)年
  32. 2015年2月 (2)年
  33. 2015年1月 (1)年
  34. 2014年11月 (1)年
  35. 2014年10月 (2)年
  36. 2014年9月 (2)年
  37. 2014年8月 (2)年
  38. 2014年7月 (2)年
  39. 2014年5月 (1)年
  40. 2014年4月 (1)年
  41. 2013年12月 (2)年
  42. 2013年11月 (1)年
  43. 2013年10月 (2)年
  44. 2013年9月 (1)年
  45. 2013年8月 (1)年
  46. 2013年7月 (1)年
  47. 2013年6月 (1)年
  48. 2013年3月 (2)年
  49. 2013年2月 (3)年
  50. 2013年1月 (1)年
  51. 2012年12月 (2)年
  52. 2012年11月 (1)年
  53. 2012年10月 (3)年
  54. 2012年7月 (1)年
  55. 2012年6月 (1)年
  56. 2012年5月 (1)年
  57. 2012年4月 (1)年
  58. 2012年2月 (2)年
  59. 2012年1月 (1)年
  60. 2011年12月 (2)年
  61. 2011年11月 (1)年
  62. 2011年10月 (1)年
  63. 2011年9月 (1)年
  64. 2011年8月 (1)年
  65. 2011年3月 (3)年
  66. 2011年2月 (2)年
  67. 2010年12月 (3)年
  68. 2010年11月 (1)年
  69. 2010年10月 (1)年
  70. 2010年9月 (1)年
  71. 2010年8月 (1)年
  72. 2010年7月 (1)年
  73. 2010年5月 (3)年
  74. 2010年3月 (2)年
  75. 2010年2月 (1)年
  76. 2010年1月 (1)年
  77. 2009年12月 (3)年
  78. 2009年11月 (2)年
  79. 2009年7月 (1)年
  80. 2009年6月 (1)年
  81. 2009年5月 (1)年
  82. 2009年3月 (2)年
  83. 2009年2月 (1)年
  84. 2008年12月 (2)年
  85. 2008年11月 (1)年
  86. 2008年9月 (2)年
  87. 2008年8月 (1)年
  88. 2008年4月 (1)年
  89. 2008年3月 (1)年
  90. 2008年1月 (1)年
  91. 2007年12月 (2)年
  92. 2007年8月 (1)年
  93. 2007年7月 (5)年
  94. 2007年6月 (1)年
  95. 2007年5月 (1)年
  96. 2006年7月 (1)年
  97. 2006年6月 (5)年
  98. 2006年5月 (3)年
  99. 2006年2月 (1)年
  100. 2005年6月 (1)年
  101. 2005年1月 (1)年
  102. 2004年10月 (1)年
  103. 2004年7月 (1)年
  104. 2004年6月 (1)年
  105. 2004年5月 (1)年
  106. 2004年4月 (1)年
  107. 2004年3月 (4)年
  108. 2003年5月 (1)年
  109. 2003年2月 (3)年
  110. 2003年1月 (2)年
  111. 2002年8月 (2)年
  112. 2002年5月 (1)年
  113. 2002年1月 (2)年
  114. 2001年8月 (2)年
  115. 2001年7月 (1)年
  116. 2001年3月 (1)年
  117. 2000年12月 (1)年
  118. 2018 (21)年年
  119. 2017 (23)年年
  120. 2016 (13)年年
  121. 2015 (18)年年
  122. 2014 (11)年年
  123. 2013 (15)年年
  124. 2012 (13)年年
  125. 2011 (11)年年
  126. 2010 (15)年年
  127. 2009 (11)年年
  128. 2008 (9)年年
  129. 2007 (10)年年
  130. 2006 (10)年年
  131. 2005 (2)年年
  132. 2004 (9)年年
  133. 2003 (6)年年
  134. 2002 (5)年年
  135. 2001 (4)年年
  136. 2000 (1)年年

ニュース

国内映像関連事業の事業譲受に関するお知らせ


当社は、2018年4月1日をもって、下記のとおり、同じウシオグループであるChristie Digital Systems USA, Inc. (以下、CDS) より、同日本支社の事業の全部を譲り受けたことをお知らせします。



事業譲受の目的

近年、市場からの要望が「照明」単体から、「照明×映像×音響」によるソリューション提供に変わってきているなか、これらを融合させた、いま以上に効果的かつ、印象的な演出が求められています。
このような状況を背景に、映像、照明、音響を統合したエンターテインメント、アミューズメント事業の強化を目的として、CDSの日本支社の全事業を譲り受けました。
CDSは、グローバルなビジュアルテクノロジ企業で、どこよりも早く、最先端のプロジェクタやシステムディスプレイを製品化することで、世界で最も革新的なメーカのひとつとして認知されています。商業施設のディスプレイからハリウッドまで、また重要な情報基幹システムのコマンドセンタから、教室・訓練用シミュレータにいたる製品とソリューションで、世界中の人々を魅了しています。
この事業譲受により、なかでもプロジェクタを核とする製品力、提案力を、培ってきた光による創造力と融合させ、エンターテイメント・アミューズメント事業をさらに強固なものとします。


主な譲受事業

日本国内における各種業務用プロジェクタ(デジタルシネマ・DLP・LED・3D対応・シミュレーション用・監視制御ルーム用プロジェクタなど)の販売および、これらを応用させたビジュアルシステムインテグレーションサービス


クリスティ・デジタル・システムズ 日本支社の概要

所在地:〒135-0063東京都江東区有明3-7-26有明フロンティアビルA棟
設立:2003年11月
ウェブサイト:http://www.christiedigital.jp/


本件に関するお問い合わせ先

ウシオライティング株式会社 広報部
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263

関連情報

カテゴリー: ニュース重要なお知らせ

ページトップ