1. 2018年11月 (1)年
  2. 2018年10月 (3)年
  3. 2018年8月 (3)年
  4. 2018年7月 (4)年
  5. 2018年5月 (2)年
  6. 2018年4月 (1)年
  7. 2018年3月 (3)年
  8. 2018年2月 (4)年
  9. 2017年11月 (1)年
  10. 2017年10月 (6)年
  11. 2017年8月 (1)年
  12. 2017年6月 (4)年
  13. 2017年5月 (4)年
  14. 2017年4月 (2)年
  15. 2017年3月 (4)年
  16. 2017年2月 (1)年
  17. 2016年12月 (1)年
  18. 2016年11月 (1)年
  19. 2016年10月 (1)年
  20. 2016年8月 (4)年
  21. 2016年6月 (1)年
  22. 2016年4月 (1)年
  23. 2016年3月 (4)年
  24. 2015年11月 (2)年
  25. 2015年10月 (1)年
  26. 2015年9月 (2)年
  27. 2015年8月 (4)年
  28. 2015年6月 (1)年
  29. 2015年5月 (1)年
  30. 2015年4月 (3)年
  31. 2015年3月 (1)年
  32. 2015年2月 (2)年
  33. 2015年1月 (1)年
  34. 2014年11月 (1)年
  35. 2014年10月 (2)年
  36. 2014年9月 (2)年
  37. 2014年8月 (2)年
  38. 2014年7月 (2)年
  39. 2014年5月 (1)年
  40. 2014年4月 (1)年
  41. 2013年12月 (2)年
  42. 2013年11月 (1)年
  43. 2013年10月 (2)年
  44. 2013年9月 (1)年
  45. 2013年8月 (1)年
  46. 2013年7月 (1)年
  47. 2013年6月 (1)年
  48. 2013年3月 (2)年
  49. 2013年2月 (3)年
  50. 2013年1月 (1)年
  51. 2012年12月 (2)年
  52. 2012年11月 (1)年
  53. 2012年10月 (3)年
  54. 2012年7月 (1)年
  55. 2012年6月 (1)年
  56. 2012年5月 (1)年
  57. 2012年4月 (1)年
  58. 2012年2月 (2)年
  59. 2012年1月 (1)年
  60. 2011年12月 (2)年
  61. 2011年11月 (1)年
  62. 2011年10月 (1)年
  63. 2011年9月 (1)年
  64. 2011年8月 (1)年
  65. 2011年3月 (3)年
  66. 2011年2月 (2)年
  67. 2010年12月 (3)年
  68. 2010年11月 (1)年
  69. 2010年10月 (1)年
  70. 2010年9月 (1)年
  71. 2010年8月 (1)年
  72. 2010年7月 (1)年
  73. 2010年5月 (3)年
  74. 2010年3月 (2)年
  75. 2010年2月 (1)年
  76. 2010年1月 (1)年
  77. 2009年12月 (3)年
  78. 2009年11月 (2)年
  79. 2009年7月 (1)年
  80. 2009年6月 (1)年
  81. 2009年5月 (1)年
  82. 2009年3月 (2)年
  83. 2009年2月 (1)年
  84. 2008年12月 (2)年
  85. 2008年11月 (1)年
  86. 2008年9月 (2)年
  87. 2008年8月 (1)年
  88. 2008年4月 (1)年
  89. 2008年3月 (1)年
  90. 2008年1月 (1)年
  91. 2007年12月 (2)年
  92. 2007年8月 (1)年
  93. 2007年7月 (5)年
  94. 2007年6月 (1)年
  95. 2007年5月 (1)年
  96. 2006年7月 (1)年
  97. 2006年6月 (5)年
  98. 2006年5月 (3)年
  99. 2006年2月 (1)年
  100. 2005年6月 (1)年
  101. 2005年1月 (1)年
  102. 2004年10月 (1)年
  103. 2004年7月 (1)年
  104. 2004年6月 (1)年
  105. 2004年5月 (1)年
  106. 2004年4月 (1)年
  107. 2004年3月 (4)年
  108. 2003年5月 (1)年
  109. 2003年2月 (3)年
  110. 2003年1月 (2)年
  111. 2002年8月 (2)年
  112. 2002年5月 (1)年
  113. 2002年1月 (2)年
  114. 2001年8月 (2)年
  115. 2001年7月 (1)年
  116. 2001年3月 (1)年
  117. 2000年12月 (1)年
  118. 2018 (21)年年
  119. 2017 (23)年年
  120. 2016 (13)年年
  121. 2015 (18)年年
  122. 2014 (11)年年
  123. 2013 (15)年年
  124. 2012 (13)年年
  125. 2011 (11)年年
  126. 2010 (15)年年
  127. 2009 (11)年年
  128. 2008 (9)年年
  129. 2007 (10)年年
  130. 2006 (10)年年
  131. 2005 (2)年年
  132. 2004 (9)年年
  133. 2003 (6)年年
  134. 2002 (5)年年
  135. 2001 (4)年年
  136. 2000 (1)年年

ニュース

中部地区最大級のプラスチック総合展「2018 名古屋プラスチック工業展」に出展します



10月31 日(水)~11月2日(金)の3日間、ポートメッセなごやで開催される「2018 名古屋プラスチック工業展」に出展します。

「モノづくり」の拠点と位置づけられる中部地方、著名な自動車、電子機器、デバイス、部品、素材、化学、楽器などのメーカおよび、関連する企業がひしめくなか、これら産業を支える「プラスチック」が注目されています。
同展示会には主要な成形機メーカや周辺機器、材料メーカなどが多数出展、先進の技術、製品でしのぎを削ります。

ブースでは、成形プロセスの自動化(ロボット化)をはじめ、多様化するニーズに応える新たな機能「4回監視」を搭載してパワーアップした、デジタルフルカラー金型監視装置「PLUS-E(PE-600)」を展示。横型射出成形機とストックシステムを連動させ、一般的な「金型内監視(2回)」に加え、取り出し工程における「成形品簡易検査(2回)」を加えた4回監視のデモンストレーションを行います。

>>ニュースリリース / 「-金型監視における、より確実なプロセス監視を提案-『4回監視』」

この他にも、原料、成形・周辺機器、組み立て、搬送など、一連の生産工程をトータルサポートする製品群を展示、皆さまが抱えるさまざまな課題にソリューションを提案します。
この機会に、ウシオの製品、新たな提案を、お客さまご自身の目でお確かめください。
皆さまのご来場を、心よりお待ち申しあげます。

2018 名古屋プラスチック工業展 開催概要

名 称: 2018 名古屋プラスチック工業展
テーマ: 世界市場で勝つモノづくりとは!?
会 期: 2018年10月31日(水)~11月2日(金) (10:00~17:00)
会 場: ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
主 催: 中部プラスチックス連合会、一般社団法人中部日本プラスチック製品工業協会、日刊工業新聞社


ウシオライティングブースのご案内

ポートメッセ名古屋 第3展示館 E-21


主な出展製品

金型監視装置「PLUS-E」

-成形機に取りつけたデモンストレーションをつうじて、新機能4回監視をご覧いただけます。


ストックシステム

-成形機と連動したストックシステムの動作をご覧いただけます。


エコバイオプラスチック「MAPKA」

-古紙を主原料にした環境に優しい成形用新素材です。
実際の成形サンプルを手に取って、その品質をお確かめください。



お問い合わせ

出展・製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 産業事業部 プラスチック営業部
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8277 / Fax:03-3552-8283

製品情報

関連情報

カテゴリー: ニュース出展・イベント

ページトップ