1. 2018年11月 (1)年
  2. 2018年10月 (3)年
  3. 2018年8月 (3)年
  4. 2018年7月 (4)年
  5. 2018年5月 (2)年
  6. 2018年4月 (1)年
  7. 2018年3月 (3)年
  8. 2018年2月 (4)年
  9. 2017年11月 (1)年
  10. 2017年10月 (6)年
  11. 2017年8月 (1)年
  12. 2017年6月 (4)年
  13. 2017年5月 (4)年
  14. 2017年4月 (2)年
  15. 2017年3月 (4)年
  16. 2017年2月 (1)年
  17. 2016年12月 (1)年
  18. 2016年11月 (1)年
  19. 2016年10月 (1)年
  20. 2016年8月 (4)年
  21. 2016年6月 (1)年
  22. 2016年4月 (1)年
  23. 2016年3月 (4)年
  24. 2015年11月 (2)年
  25. 2015年10月 (1)年
  26. 2015年9月 (2)年
  27. 2015年8月 (4)年
  28. 2015年6月 (1)年
  29. 2015年5月 (1)年
  30. 2015年4月 (3)年
  31. 2015年3月 (1)年
  32. 2015年2月 (2)年
  33. 2015年1月 (1)年
  34. 2014年11月 (1)年
  35. 2014年10月 (2)年
  36. 2014年9月 (2)年
  37. 2014年8月 (2)年
  38. 2014年7月 (2)年
  39. 2014年5月 (1)年
  40. 2014年4月 (1)年
  41. 2013年12月 (2)年
  42. 2013年11月 (1)年
  43. 2013年10月 (2)年
  44. 2013年9月 (1)年
  45. 2013年8月 (1)年
  46. 2013年7月 (1)年
  47. 2013年6月 (1)年
  48. 2013年3月 (2)年
  49. 2013年2月 (3)年
  50. 2013年1月 (1)年
  51. 2012年12月 (2)年
  52. 2012年11月 (1)年
  53. 2012年10月 (3)年
  54. 2012年7月 (1)年
  55. 2012年6月 (1)年
  56. 2012年5月 (1)年
  57. 2012年4月 (1)年
  58. 2012年2月 (2)年
  59. 2012年1月 (1)年
  60. 2011年12月 (2)年
  61. 2011年11月 (1)年
  62. 2011年10月 (1)年
  63. 2011年9月 (1)年
  64. 2011年8月 (1)年
  65. 2011年3月 (3)年
  66. 2011年2月 (2)年
  67. 2010年12月 (3)年
  68. 2010年11月 (1)年
  69. 2010年10月 (1)年
  70. 2010年9月 (1)年
  71. 2010年8月 (1)年
  72. 2010年7月 (1)年
  73. 2010年5月 (3)年
  74. 2010年3月 (2)年
  75. 2010年2月 (1)年
  76. 2010年1月 (1)年
  77. 2009年12月 (3)年
  78. 2009年11月 (2)年
  79. 2009年7月 (1)年
  80. 2009年6月 (1)年
  81. 2009年5月 (1)年
  82. 2009年3月 (2)年
  83. 2009年2月 (1)年
  84. 2008年12月 (2)年
  85. 2008年11月 (1)年
  86. 2008年9月 (2)年
  87. 2008年8月 (1)年
  88. 2008年4月 (1)年
  89. 2008年3月 (1)年
  90. 2008年1月 (1)年
  91. 2007年12月 (2)年
  92. 2007年8月 (1)年
  93. 2007年7月 (5)年
  94. 2007年6月 (1)年
  95. 2007年5月 (1)年
  96. 2006年7月 (1)年
  97. 2006年6月 (5)年
  98. 2006年5月 (3)年
  99. 2006年2月 (1)年
  100. 2005年6月 (1)年
  101. 2005年1月 (1)年
  102. 2004年10月 (1)年
  103. 2004年7月 (1)年
  104. 2004年6月 (1)年
  105. 2004年5月 (1)年
  106. 2004年4月 (1)年
  107. 2004年3月 (4)年
  108. 2003年5月 (1)年
  109. 2003年2月 (3)年
  110. 2003年1月 (2)年
  111. 2002年8月 (2)年
  112. 2002年5月 (1)年
  113. 2002年1月 (2)年
  114. 2001年8月 (2)年
  115. 2001年7月 (1)年
  116. 2001年3月 (1)年
  117. 2000年12月 (1)年
  118. 2018 (21)年年
  119. 2017 (23)年年
  120. 2016 (13)年年
  121. 2015 (18)年年
  122. 2014 (11)年年
  123. 2013 (15)年年
  124. 2012 (13)年年
  125. 2011 (11)年年
  126. 2010 (15)年年
  127. 2009 (11)年年
  128. 2008 (9)年年
  129. 2007 (10)年年
  130. 2006 (10)年年
  131. 2005 (2)年年
  132. 2004 (9)年年
  133. 2003 (6)年年
  134. 2002 (5)年年
  135. 2001 (4)年年
  136. 2000 (1)年年

ニュース

「赤外線フェア 2018 -光とレーザーの科学技術フェア-」に出展します



11月13日(火)から15日(木)まで、科学技術館(東京 北の丸公園)で行われる赤外線の専門展示会「赤外線フェア 2018」に出展します。

赤外線フェア」は、警備・防衛用センサ、観察・研究用センサ、温度センサ、リモートセンシング、天文光学、赤外線通信(IrDA)、 ワイヤレスリモコン、静脈認証、非破壊検査・測定など幅広い分野で応用される赤外線の技術、製品、サービスが一堂に会する専門展示会として開催され、今回で8回目を迎えます。

ウシオは、赤外線を利用した多彩なニーズに対し、目的、用途にあわせてカスタマイズ可能な、さまざまな形状の熱源(ヒータランプ、ユニット)と、赤外・可視光・UV LEDモジュール、さまざまな監視に利用できる赤外線投光器などを展示、皆さまの期待にお応えするソリューション提案を行います。


出展概要

● 日 時 : 2018年11月13日(火)~15日(木)
● 時 間 : 10:00~17:00
● 会 場 : 科学技術館 (東京 北の丸公園内)
● ブース : ブースNo.:F-11
● URL : https://www.optronics.co.jp/fair/ir#

主な展示内容

● カスタムLEDモジュール(UV、IR)
 - セラミック+ガラスパッケージで高い信頼性を誇る「SLC Family」
 - 可視からIRまで広域な連続スペクトルをもつ「Spectro series」 他

● 赤外線ヒータランプ・ユニット 各種

● 監視用光源 赤外線灯光器UILS

● 大気圧プラズマ用電源モジュール

お問い合わせ

ウシオライティング株式会社 産業事業部 光源・ユニット営業部
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8288 / Fax:03-3552-8266
E-mail:info@ushiolighting.co.jp

製品情報

関連情報

カテゴリー: ニュース出展・イベント

ページトップ