1. 2019年4月 (2)年
  2. 2019年3月 (2)年
  3. 2019年2月 (1)年
  4. 2019年1月 (2)年
  5. 2018年12月 (1)年
  6. 2018年11月 (1)年
  7. 2018年10月 (3)年
  8. 2018年8月 (3)年
  9. 2018年7月 (4)年
  10. 2018年5月 (2)年
  11. 2018年4月 (1)年
  12. 2018年3月 (3)年
  13. 2018年2月 (4)年
  14. 2017年11月 (1)年
  15. 2017年10月 (6)年
  16. 2017年8月 (1)年
  17. 2017年6月 (4)年
  18. 2017年5月 (4)年
  19. 2017年4月 (2)年
  20. 2017年3月 (4)年
  21. 2017年2月 (1)年
  22. 2016年12月 (1)年
  23. 2016年11月 (1)年
  24. 2016年10月 (1)年
  25. 2016年8月 (4)年
  26. 2016年6月 (1)年
  27. 2016年4月 (1)年
  28. 2016年3月 (4)年
  29. 2015年11月 (2)年
  30. 2015年10月 (1)年
  31. 2015年9月 (2)年
  32. 2015年8月 (4)年
  33. 2015年6月 (1)年
  34. 2015年5月 (1)年
  35. 2015年4月 (3)年
  36. 2015年3月 (1)年
  37. 2015年2月 (2)年
  38. 2015年1月 (1)年
  39. 2014年11月 (1)年
  40. 2014年10月 (2)年
  41. 2014年9月 (2)年
  42. 2014年8月 (2)年
  43. 2014年7月 (2)年
  44. 2014年5月 (1)年
  45. 2014年4月 (1)年
  46. 2013年12月 (2)年
  47. 2013年11月 (1)年
  48. 2013年10月 (2)年
  49. 2013年9月 (1)年
  50. 2013年8月 (1)年
  51. 2013年7月 (1)年
  52. 2013年6月 (1)年
  53. 2013年3月 (2)年
  54. 2013年2月 (3)年
  55. 2013年1月 (1)年
  56. 2012年12月 (2)年
  57. 2012年11月 (1)年
  58. 2012年10月 (3)年
  59. 2012年7月 (1)年
  60. 2012年6月 (1)年
  61. 2012年5月 (1)年
  62. 2012年4月 (1)年
  63. 2012年2月 (2)年
  64. 2012年1月 (1)年
  65. 2011年12月 (2)年
  66. 2011年11月 (1)年
  67. 2011年10月 (1)年
  68. 2011年9月 (1)年
  69. 2011年8月 (1)年
  70. 2011年3月 (3)年
  71. 2011年2月 (2)年
  72. 2010年12月 (3)年
  73. 2010年11月 (1)年
  74. 2010年10月 (1)年
  75. 2010年9月 (1)年
  76. 2010年8月 (1)年
  77. 2010年7月 (1)年
  78. 2010年5月 (3)年
  79. 2010年3月 (2)年
  80. 2010年2月 (1)年
  81. 2010年1月 (1)年
  82. 2009年12月 (3)年
  83. 2009年11月 (2)年
  84. 2009年7月 (1)年
  85. 2009年6月 (1)年
  86. 2009年5月 (1)年
  87. 2009年3月 (2)年
  88. 2009年2月 (1)年
  89. 2008年12月 (2)年
  90. 2008年11月 (1)年
  91. 2008年9月 (2)年
  92. 2008年8月 (1)年
  93. 2008年4月 (1)年
  94. 2008年3月 (1)年
  95. 2008年1月 (1)年
  96. 2007年12月 (2)年
  97. 2007年8月 (1)年
  98. 2007年7月 (5)年
  99. 2007年6月 (1)年
  100. 2007年5月 (1)年
  101. 2006年7月 (1)年
  102. 2006年6月 (5)年
  103. 2006年5月 (3)年
  104. 2006年2月 (1)年
  105. 2005年6月 (1)年
  106. 2005年1月 (1)年
  107. 2004年10月 (1)年
  108. 2004年7月 (1)年
  109. 2004年6月 (1)年
  110. 2004年5月 (1)年
  111. 2004年4月 (1)年
  112. 2004年3月 (4)年
  113. 2003年5月 (1)年
  114. 2003年2月 (3)年
  115. 2003年1月 (2)年
  116. 2002年8月 (2)年
  117. 2002年5月 (1)年
  118. 2002年1月 (2)年
  119. 2001年8月 (2)年
  120. 2001年7月 (1)年
  121. 2001年3月 (1)年
  122. 2000年12月 (1)年
  123. 2019 (7)年年
  124. 2018 (22)年年
  125. 2017 (23)年年
  126. 2016 (13)年年
  127. 2015 (18)年年
  128. 2014 (11)年年
  129. 2013 (15)年年
  130. 2012 (13)年年
  131. 2011 (11)年年
  132. 2010 (15)年年
  133. 2009 (11)年年
  134. 2008 (9)年年
  135. 2007 (10)年年
  136. 2006 (10)年年
  137. 2005 (2)年年
  138. 2004 (9)年年
  139. 2003 (6)年年
  140. 2002 (5)年年
  141. 2001 (4)年年
  142. 2000 (1)年年

ニュース

つくば事業所の桜ライトアップをスタートしました

* 写真は2018年のもの

~ 最新の照明機器・器具で、色鮮やかな演出を行います ~



ウシオエンターテインメント株式会社の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長:椿 隆二郎、以下「ウシオライティング」)は、つくば事業所(茨城県つくば市東光台)の敷地内に植えられている桜へのライトアップを、3月30日(土)から開始するので、お知らせします。

このライトアップは、2014年から本格的にスタートさせました。
おもに舞台やコンサート、ホテルやバンケットの演出照明を手がける「エンタテインメント事業部」が、取りあつかう最新のLED照明機器・器具を惜しみなく使用するとともに、これまでのビジネスで培ってきた演出テクニックをフルに活かし、プログラム制御のカラーチェンジで桜の木を色鮮やかに染めあげています。

ライトアップしている桜は、樹齢約25年の事業所開設当時からある、みごとな枝ぶりの8本で、満開時には一面にたくさんの花を咲かせます。
地域の方々にもご覧いただけるよう、ライトアップ期間中は、例年同様、敷地内の駐車場を開放しますので、ぜひ、極上のエンタテインメントをお楽しみください。

なお、本件は、ウシオライティングが掲げる「5つの基本方針」の1つ、
『地域社会との調和』 -豊かな環境づくりにつとめ、自然や地域社会との調和を図ります-
を強く意識し、行っているものです。

>>つくば事業所へのアクセス

ライトアップについて

- 期間 : 3月30日(土)~4月10日(水)
- 点灯時間 : 18:00~22:00
*開花状況により変更する場合があります

 

使用機材

- フレキシブルLEDウォッシュライト BRICK x 5台
- LEDムービングライト SolaFrame 1500 x 4台
- LEDムービングライト SolaFrame 2000 x 2台
- フルカラーLEDモジュール(バータイプ) C-BAR x 56台
- 照明制御卓(プログラム機) Hedge Hog 4 x 1台



* ご覧いただくうえでの注意
- 敷地内に掲示した「観賞上の注意」をお守りください
- 事業所前は公道につき、路上駐車はご遠慮ください

お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース出展・イベント

ページトップ