1. 2019年11月 (1)年
  2. 2019年10月 (4)年
  3. 2019年8月 (2)年
  4. 2019年7月 (1)年
  5. 2019年6月 (2)年
  6. 2019年5月 (2)年
  7. 2019年4月 (2)年
  8. 2019年3月 (2)年
  9. 2019年2月 (1)年
  10. 2019年1月 (2)年
  11. 2018年12月 (1)年
  12. 2018年11月 (1)年
  13. 2018年10月 (3)年
  14. 2018年8月 (3)年
  15. 2018年7月 (4)年
  16. 2018年5月 (2)年
  17. 2018年4月 (1)年
  18. 2018年3月 (3)年
  19. 2018年2月 (4)年
  20. 2017年11月 (1)年
  21. 2017年10月 (6)年
  22. 2017年8月 (1)年
  23. 2017年6月 (4)年
  24. 2017年5月 (4)年
  25. 2017年4月 (2)年
  26. 2017年3月 (4)年
  27. 2017年2月 (1)年
  28. 2016年12月 (1)年
  29. 2016年11月 (1)年
  30. 2016年10月 (1)年
  31. 2016年8月 (4)年
  32. 2016年6月 (1)年
  33. 2016年4月 (1)年
  34. 2016年3月 (4)年
  35. 2015年11月 (2)年
  36. 2015年10月 (1)年
  37. 2015年9月 (2)年
  38. 2015年8月 (4)年
  39. 2015年6月 (1)年
  40. 2015年5月 (1)年
  41. 2015年4月 (3)年
  42. 2015年3月 (1)年
  43. 2015年2月 (2)年
  44. 2015年1月 (1)年
  45. 2014年11月 (1)年
  46. 2014年10月 (2)年
  47. 2014年9月 (2)年
  48. 2014年8月 (2)年
  49. 2014年7月 (2)年
  50. 2014年5月 (1)年
  51. 2014年4月 (1)年
  52. 2013年12月 (2)年
  53. 2013年11月 (1)年
  54. 2013年10月 (2)年
  55. 2013年9月 (1)年
  56. 2013年8月 (1)年
  57. 2013年7月 (1)年
  58. 2013年6月 (1)年
  59. 2013年3月 (2)年
  60. 2013年2月 (3)年
  61. 2013年1月 (1)年
  62. 2012年12月 (2)年
  63. 2012年11月 (1)年
  64. 2012年10月 (3)年
  65. 2012年7月 (1)年
  66. 2012年6月 (1)年
  67. 2012年5月 (1)年
  68. 2012年4月 (1)年
  69. 2012年2月 (2)年
  70. 2012年1月 (1)年
  71. 2011年12月 (2)年
  72. 2011年11月 (1)年
  73. 2011年10月 (1)年
  74. 2011年9月 (1)年
  75. 2011年8月 (1)年
  76. 2011年3月 (3)年
  77. 2011年2月 (2)年
  78. 2010年12月 (3)年
  79. 2010年11月 (1)年
  80. 2010年10月 (1)年
  81. 2010年9月 (1)年
  82. 2010年8月 (1)年
  83. 2010年7月 (1)年
  84. 2010年5月 (3)年
  85. 2010年3月 (2)年
  86. 2010年2月 (1)年
  87. 2010年1月 (1)年
  88. 2009年12月 (3)年
  89. 2009年11月 (2)年
  90. 2009年7月 (1)年
  91. 2009年6月 (1)年
  92. 2009年5月 (1)年
  93. 2009年3月 (2)年
  94. 2009年2月 (1)年
  95. 2008年12月 (2)年
  96. 2008年11月 (1)年
  97. 2008年9月 (2)年
  98. 2008年8月 (1)年
  99. 2008年4月 (1)年
  100. 2008年3月 (1)年
  101. 2008年1月 (1)年
  102. 2007年12月 (2)年
  103. 2007年8月 (1)年
  104. 2007年7月 (5)年
  105. 2007年6月 (1)年
  106. 2007年5月 (1)年
  107. 2006年7月 (1)年
  108. 2006年6月 (5)年
  109. 2006年5月 (3)年
  110. 2006年2月 (1)年
  111. 2005年6月 (1)年
  112. 2005年1月 (1)年
  113. 2004年10月 (1)年
  114. 2004年7月 (1)年
  115. 2004年6月 (1)年
  116. 2004年5月 (1)年
  117. 2004年4月 (1)年
  118. 2004年3月 (4)年
  119. 2003年5月 (1)年
  120. 2003年2月 (3)年
  121. 2003年1月 (2)年
  122. 2002年8月 (2)年
  123. 2002年5月 (1)年
  124. 2002年1月 (2)年
  125. 2001年8月 (2)年
  126. 2001年7月 (1)年
  127. 2001年3月 (1)年
  128. 2000年12月 (1)年
  129. 2019 (19)年年
  130. 2018 (22)年年
  131. 2017 (23)年年
  132. 2016 (13)年年
  133. 2015 (18)年年
  134. 2014 (11)年年
  135. 2013 (15)年年
  136. 2012 (13)年年
  137. 2011 (11)年年
  138. 2010 (15)年年
  139. 2009 (11)年年
  140. 2008 (9)年年
  141. 2007 (10)年年
  142. 2006 (10)年年
  143. 2005 (2)年年
  144. 2004 (9)年年
  145. 2003 (6)年年
  146. 2002 (5)年年
  147. 2001 (4)年年
  148. 2000 (1)年年

ニュース

LEDフォロースポットライト 「Sai-500」 販売開始

-定評あるSUPERSOLシリーズの操作性を再現、光の質にもこだわった高出力モデル-

ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(東京都中央区/代表取締役:牛尾 志朗)の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長:中森 克己、以下ウシオライティング)は、ステージやバンケットシーンの演出に欠くことのできないフォロースポットライトの新製品として、Xebex®ブランドの中距離用LEDフォロースポットライト「Sai-500」を、2019年11月下旬から販売開始することを、お知らせします。


ウシオライティングは、2013年にLEDフォロースポットライト1号機として近距離用モデルの「ULP-150」、次いで出力を高めた「ULP-200」、2017年には中距離用モデルとして「Sai-300」を開発、市場投入してきましたが、国内のホテル、ライブハウス、小劇場、学校などで高いシェアを誇る当社製クセノンフォロースポットライトSUPERSOLシリーズの中距離用モデル(700W/500W)には光量が及ばず、さらなる高照度化が求められていました。

新たに開発した「Sai-500」は、400W白色COB光源を搭載し、SUPERSOLシリーズ 700Wモデルに匹敵する高照度化を達成したもので、光の質はもちろん、その操作についても多くのユーザに愛用されるSUPERSOLとの親和性を高め、ユーザビリティを追求したモデルに仕上げています。

Sai-500は、フォロースポットライト市場で高い需要が見込まれる顧客層に対し、ラインアップの拡充でさらなるニーズに応える製品です。


LEDフォロースポットライトSai-500の主な特長

中距離用フォロースポットとして最適化した照度:中心照度8000Lx*1 
高演色性:Ra 93以上(R9 88以上、R13 95以上、R15 96以上)*2 *3
SUPERSOLシリーズとの親和性を高めた操作
・ レバー操作による調光制御
・ 全閉アイリスシャッタ(全閉時ハーフスイッチにより熱から保護)
・ ゴボおよびフロスト用スロットル装備
・ クセノンフォロースポット用照準器「テルラドファインダ」が使用可能
DMX調光に対応(レバー操作との自動切り換え)
操作の再現性を高める“目盛り”を各所に印字


また、低消費電力、長寿命であるLEDの特性が、電気料金、ランプ交換にかかる費用や手間を削減、ランニングコストを抑えます。また、電源内蔵の100V仕様で簡単に点灯できる手軽さも魅力の1つといえます。

1967年の開発以来、長年にわたって親しまれている「クセノンフォロースポットライト」は、国内市場において95%以上のシェア*4を占めるロングセラー製品です。
今回、販売を開始するSai-500と併せて、これからもステージやイベントを、より効果的に、エキサイティングに、そして鮮やかに演出します。

*1
照射距離10m、最小スポット径での中心照度 (当社調べ)
*2
演色評価数には、平均演色評価数(Ra)と特殊演色評価数(Ri)があり、Raは試験色No.1~8それぞれに対する演色評価数値(R1~R8)の平均値をいいます。Riは、15種類の試験色に関して個別評価した数値(R1~R15)で、R9~R15は、赤、黄、緑、青、西洋人の肌色、木の葉の色、日本人の肌色といった現実的な物の色が対象になっています
*3
数値は当社計測平均値
*4
2019年11月現在 当社調べ
Xebexは、ウシオライティング株式会社の、国内および一部海外における登録商標です


主な特長の補足

①中距離用フォロースポットとして最適化した照度
当社製フォロースポットライト中距離用モデル4種の照度比較



②高演色性



③SUPERSOL シリーズとの親和性を高めた操作

レバー調光と全閉アイリスシャッタ
SUPERSOL シリーズのユーザに親しまれているレバー操作による機械式調光とアイリスシャッタを再現。同様の操作で、光を制御できます。

照準器を装着可能
SUPERSOL シリーズの照準器「テルラドファインダ(オプション)」を装着可能。
正確なフォロー操作をサポートします。

④DMX調光に対応
外部DMX信号入力による調光制御にも対応。
アドレスの設定も簡単です。

⑤操作の再現性を高める“目盛り”を各所に印字
ズーム、アイリス、調光の各レバー周囲には操作の目安となる「目盛り」を印字。フォロー操作の再現性を高めます。


製品構成

灯体(Sai-500 CB)とスタンド(STD-S500)の組み合わせで構成


主な用途

劇場、会館、コンサートホール、商業施設、イベントスペース、テレビ局、学校をはじめとする教育機関、ホテル、バンケット(宴会場)、結婚式場などにおけるフォロースポット


販売について

■ 希望販売価格: Sai-500 CB-S(*セット品番:本体+スタンド) 980,000円(参考価格)
■ 発売開始日: 2019年11月下旬


主な仕様一覧

品番
Sai-500CB
光源
400W 白色COB LED
色温度
5800K
演色性
≧Ra 93
ズーム範囲
5~15°
光源寿命
50000時間(環境温度:25°C)
調光
0-100% マニュアル / 0-100% DMX 512
フラッシュ
On:10ms Off:90ms (10Hz) * ボタン式
DMX接続
XLR5ピン(オス)
定格電圧
AC100V-240V
消費電力
440W
電源接続
パワコンTRUE1、アース付コネクタ
質量
29kg(本体のみ)
外形寸法
H699×W426×D1025 mm(本体のみ)
冷却
強制空冷(静音ファン)
塗装色
スタンド
STD-S500
カラーシート枠
6インチ (JATET規格)
付属品
ゴボホルダ



製品写真






お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 金子
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:t-kaneko@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 エンタテインメント事業部 機器営業部
Phone:03-3552-8264 / Fax:03-3552-8266

関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ