1. 2020年4月 (3)年
  2. 2020年3月 (4)年
  3. 2020年2月 (1)年
  4. 2020年1月 (1)年
  5. 2019年11月 (1)年
  6. 2019年10月 (4)年
  7. 2019年8月 (2)年
  8. 2019年7月 (1)年
  9. 2019年6月 (2)年
  10. 2019年5月 (2)年
  11. 2019年4月 (2)年
  12. 2019年3月 (2)年
  13. 2019年2月 (1)年
  14. 2019年1月 (2)年
  15. 2018年12月 (1)年
  16. 2018年11月 (1)年
  17. 2018年10月 (3)年
  18. 2018年8月 (3)年
  19. 2018年7月 (4)年
  20. 2018年5月 (2)年
  21. 2018年4月 (1)年
  22. 2018年3月 (3)年
  23. 2018年2月 (4)年
  24. 2017年11月 (1)年
  25. 2017年10月 (6)年
  26. 2017年8月 (1)年
  27. 2017年6月 (4)年
  28. 2017年5月 (4)年
  29. 2017年4月 (2)年
  30. 2017年3月 (4)年
  31. 2017年2月 (1)年
  32. 2016年12月 (1)年
  33. 2016年11月 (1)年
  34. 2016年10月 (1)年
  35. 2016年8月 (4)年
  36. 2016年6月 (1)年
  37. 2016年4月 (1)年
  38. 2016年3月 (4)年
  39. 2015年11月 (2)年
  40. 2015年10月 (1)年
  41. 2015年9月 (2)年
  42. 2015年8月 (4)年
  43. 2015年6月 (1)年
  44. 2015年5月 (1)年
  45. 2015年4月 (3)年
  46. 2015年3月 (1)年
  47. 2015年2月 (2)年
  48. 2015年1月 (1)年
  49. 2014年11月 (1)年
  50. 2014年10月 (2)年
  51. 2014年9月 (2)年
  52. 2014年8月 (2)年
  53. 2014年7月 (2)年
  54. 2014年5月 (1)年
  55. 2014年4月 (1)年
  56. 2013年12月 (2)年
  57. 2013年11月 (1)年
  58. 2013年10月 (2)年
  59. 2013年9月 (1)年
  60. 2013年8月 (1)年
  61. 2013年7月 (1)年
  62. 2013年6月 (1)年
  63. 2013年3月 (2)年
  64. 2013年2月 (3)年
  65. 2013年1月 (1)年
  66. 2012年12月 (2)年
  67. 2012年11月 (1)年
  68. 2012年10月 (3)年
  69. 2012年7月 (1)年
  70. 2012年6月 (1)年
  71. 2012年5月 (1)年
  72. 2012年4月 (1)年
  73. 2012年2月 (2)年
  74. 2012年1月 (1)年
  75. 2011年12月 (2)年
  76. 2011年11月 (1)年
  77. 2011年10月 (1)年
  78. 2011年9月 (1)年
  79. 2011年8月 (1)年
  80. 2011年3月 (3)年
  81. 2011年2月 (2)年
  82. 2010年12月 (3)年
  83. 2010年11月 (1)年
  84. 2010年10月 (1)年
  85. 2010年9月 (1)年
  86. 2010年8月 (1)年
  87. 2010年7月 (1)年
  88. 2010年5月 (3)年
  89. 2010年3月 (2)年
  90. 2010年2月 (1)年
  91. 2010年1月 (1)年
  92. 2009年12月 (3)年
  93. 2009年11月 (2)年
  94. 2009年7月 (1)年
  95. 2009年6月 (1)年
  96. 2009年5月 (1)年
  97. 2009年3月 (2)年
  98. 2009年2月 (1)年
  99. 2008年12月 (2)年
  100. 2008年11月 (1)年
  101. 2008年9月 (2)年
  102. 2008年8月 (1)年
  103. 2008年4月 (1)年
  104. 2008年3月 (1)年
  105. 2008年1月 (1)年
  106. 2007年12月 (2)年
  107. 2007年8月 (1)年
  108. 2007年7月 (5)年
  109. 2007年6月 (1)年
  110. 2007年5月 (1)年
  111. 2006年7月 (1)年
  112. 2006年6月 (5)年
  113. 2006年5月 (3)年
  114. 2006年2月 (1)年
  115. 2005年6月 (1)年
  116. 2005年1月 (1)年
  117. 2004年10月 (1)年
  118. 2004年7月 (1)年
  119. 2004年6月 (1)年
  120. 2004年5月 (1)年
  121. 2004年4月 (1)年
  122. 2004年3月 (4)年
  123. 2003年5月 (1)年
  124. 2003年2月 (3)年
  125. 2003年1月 (2)年
  126. 2002年8月 (2)年
  127. 2002年5月 (1)年
  128. 2002年1月 (2)年
  129. 2001年8月 (2)年
  130. 2001年7月 (1)年
  131. 2001年3月 (1)年
  132. 2000年12月 (1)年
  133. 2020 (9)年年
  134. 2019 (19)年年
  135. 2018 (22)年年
  136. 2017 (23)年年
  137. 2016 (13)年年
  138. 2015 (18)年年
  139. 2014 (11)年年
  140. 2013 (15)年年
  141. 2012 (13)年年
  142. 2011 (11)年年
  143. 2010 (15)年年
  144. 2009 (11)年年
  145. 2008 (9)年年
  146. 2007 (10)年年
  147. 2006 (10)年年
  148. 2005 (2)年年
  149. 2004 (9)年年
  150. 2003 (6)年年
  151. 2002 (5)年年
  152. 2001 (4)年年
  153. 2000 (1)年年

ニュース

モジュールタイプのLEDビデオウォールディスプレイ MicroTiles LEDを販売開始

-自在な形でディスプレイを構築可能-

MicroTiles LEDウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、Christie(クリスティ)ブランドのLEDビデオウォールディスプレイ「MicroTiles LED (以下:「マイクロタイルLED」)」を、2月中旬から国内での販売を開始したことをお知らせします。

マイクロタイルLEDは、モジュールタイプのLEDビデオウォールディスプレイです。
壁一面に複数のモジュールディスプレイをならべて、シームレスな大画面を構築し、そこに、精細な映像を全面、あるいは分割表示させることができます。
このカテゴリのなかでもマイクロタイルLEDは、軽量かつ、キャビネットを必要としないことから、1つひとつのモジュールディスプレイを、たとえば四角形、凹凸のある四角形、L字形など形にとらわれることなく、簡単かつ自在に組みあげ、ディスプレイとして構築します。
よってユーザーは、既成概念にとらわれることなく、それぞれが思い描く「カタチ」に、ディスプレイを構築できるようになります。

ウシオライティングは、Christieが培ってきたLEDビデオウォールディスプレイ技術に、最新の狭ピクセルピッチLED技術(1.25/1.50mm)と先進の機構デザインを融合させたこのマイクロタイルLEDを、既存のLEDディスプレイに対抗しうるものとして、市場に投入します。

【異形での設置イメージ】 *写真はMicroTiles(リアプロジェクション・ボックスタイプのシリーズ品)を使用した実績です

AT&T グローバルネットワークオペレーションセンター(アメリカ/湾曲設置事例) MMTV テレビ局のニューススタジオ(マレーシア/平面設置事例) ヒストリー コロラド センター(アメリカ/凹凸のついた四角形設置事例)


主な特長

高いビジュアル品質

高い輝度、シネマクオリティのカラーを実現する、12ビット(4K/120Hz)映像入力、HDR10互換のプロセッシングが、鮮やかで迫真の映像を提供します。

自在なデザイン

「Click-n-Go™ tiles*1」が自在なデザインを実現、90゚コーナー(外折/内折)、湾曲カーブ面にも設置することができます。

スマートな設置

レーザーカットのマウンティングシート、機械加工したウォールアンカーなどで構成される「QuickMount™ system*2」が、調整にかかる手間を省きます。

スマートなメンテナンス

「IR Neighbor Detection™*3」がディスプレイを構成する個々のタイルを自動検出、「AutoMatch™*4」が自動でカラーと輝度のマッチングを実行します。

スマートな操作

直感的で使いやすい、Webベース制御の「MICROTILES LED WebUI*4」が、セットアップから制御、管理までを総合的に運用できる環境を提供します。

*1: Click-n-Go™ tiles

「Click-n-Go™ tiles」は磁気タイル製のディスプレイモジュール。キャビネットを必要としないので、調整、設置に必要とされる時間を大幅に削減、スピーディなディスプレイ構築を可能にします。
*2: QuickMount™ system

調整を不要にし、時間とコスト削減を可能にする、独自のマウントシステムです。
システムは、標準的なマウントテンプレート、レーザーカットを施したマウンティングシート、機械加工したウォールアンカーで構成されています。
*3: IR Neighbor Detection™ / AutoMatch™

ディスプレイを構成するそれぞれのタイルを自動で検出、位置づけを行うのが「IR Neighbor Detection™」で、自動的にカラーと輝度のマッチングを実行する、センサーベースの「AutoMatch™」と合わせて、構成されたディスプレイの均一性を97%以上(稼働寿命中)に保ちます。
*4: MICROTILES LED WebUI

直感的で使いやすい、Webベースの制御を実現したインターフェースで、接続されているどのデバイスからもアクセスでき、ディスプレイの制御をスマートに行えるようにします。ユーザー本位のデザインが、ディスプレイのセットアップから制御、管理までを総合的に運用できる環境を提供します。


想定される主な仕様場所

ショールーム、プレゼンルーム、イベントホール、店舗ほか


販売について

■ 販売開始日:2020年2月14日(金)
■ 希望販売価格:オープン



お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 エンタテインメント事業部 クリスティ営業部
Phone:03-6316-2261 / Fax:03-3552-8266


関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ