1. 2020年6月 (1)年
  2. 2020年3月 (1)年
  3. 2020年2月 (1)年
  4. 2019年11月 (1)年
  5. 2019年8月 (1)年
  6. 2019年5月 (1)年
  7. 2019年3月 (1)年
  8. 2019年1月 (1)年
  9. 2018年12月 (1)年
  10. 2018年10月 (1)年
  11. 2018年3月 (1)年
  12. 2017年10月 (1)年
  13. 2017年5月 (2)年
  14. 2017年4月 (2)年
  15. 2017年3月 (4)年
  16. 2017年2月 (1)年
  17. 2016年12月 (1)年
  18. 2016年8月 (1)年
  19. 2016年4月 (1)年
  20. 2016年3月 (1)年
  21. 2015年10月 (1)年
  22. 2015年9月 (1)年
  23. 2015年8月 (1)年
  24. 2015年6月 (1)年
  25. 2015年5月 (1)年
  26. 2015年4月 (2)年
  27. 2015年3月 (1)年
  28. 2015年2月 (1)年
  29. 2015年1月 (1)年
  30. 2014年10月 (1)年
  31. 2014年8月 (1)年
  32. 2014年7月 (2)年
  33. 2014年5月 (1)年
  34. 2014年4月 (1)年
  35. 2013年12月 (1)年
  36. 2013年9月 (1)年
  37. 2013年8月 (1)年
  38. 2013年7月 (1)年
  39. 2013年6月 (1)年
  40. 2013年3月 (1)年
  41. 2013年2月 (2)年
  42. 2012年12月 (1)年
  43. 2012年11月 (1)年
  44. 2012年10月 (2)年
  45. 2012年7月 (1)年
  46. 2012年6月 (1)年
  47. 2012年5月 (1)年
  48. 2012年4月 (1)年
  49. 2012年2月 (2)年
  50. 2012年1月 (1)年
  51. 2011年12月 (1)年
  52. 2011年10月 (1)年
  53. 2011年9月 (1)年
  54. 2011年8月 (1)年
  55. 2011年3月 (2)年
  56. 2011年2月 (2)年
  57. 2010年12月 (3)年
  58. 2010年11月 (1)年
  59. 2010年9月 (1)年
  60. 2010年8月 (1)年
  61. 2010年7月 (1)年
  62. 2010年5月 (3)年
  63. 2010年2月 (1)年
  64. 2010年1月 (1)年
  65. 2009年12月 (3)年
  66. 2009年11月 (2)年
  67. 2009年7月 (1)年
  68. 2009年6月 (1)年
  69. 2009年5月 (1)年
  70. 2009年3月 (1)年
  71. 2009年2月 (1)年
  72. 2008年12月 (1)年
  73. 2008年8月 (1)年
  74. 2008年1月 (1)年
  75. 2007年12月 (2)年
  76. 2007年8月 (1)年
  77. 2007年7月 (1)年
  78. 2007年5月 (1)年
  79. 2006年7月 (1)年
  80. 2006年6月 (4)年
  81. 2006年5月 (1)年
  82. 2005年6月 (1)年
  83. 2004年3月 (4)年
  84. 2003年5月 (1)年
  85. 2003年2月 (3)年
  86. 2002年8月 (2)年
  87. 2002年1月 (1)年
  88. 2001年8月 (2)年
  89. 2001年7月 (1)年
  90. 2020 (3)年年
  91. 2019 (5)年年
  92. 2018 (3)年年
  93. 2017 (10)年年
  94. 2016 (4)年年
  95. 2015 (10)年年
  96. 2014 (6)年年
  97. 2013 (8)年年
  98. 2012 (11)年年
  99. 2011 (8)年年
  100. 2010 (12)年年
  101. 2009 (10)年年
  102. 2008 (3)年年
  103. 2007 (5)年年
  104. 2006 (6)年年
  105. 2005 (1)年年
  106. 2004 (4)年年
  107. 2003 (4)年年
  108. 2002 (3)年年
  109. 2001 (3)年年

ニュース

自在な調光、色調のコントロールで快適空間を創造するLEDIU(レデュー) *1インテリジェントLED照明システム Lmiα(エルミア)シリーズの販売を開始

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 山中茂樹)は、必要な場所に、必要なだけ、必要な光を提供する、「光のJust in Time」提案をベースに、自在な調光、色調のコントロールで快適空間を創造する「LEDIU(レデュー) インテリジェントLED照明システム Lmiα(エルミア):以下Lmiα」を、3月15日(火)から販売開始することを、お知らせします。

Lmiαの「α」は「プラスα」を意味するもので、Lmiαシリーズのコンセプトである、

  1. 演色性の高い構成品のみをラインアップ(Ra 90以上)
  2. DMX(Digital Multiplex)*2による照明制御

を製品上で実現したことが大きな付加価値であり、また「自在な調光」、「色調コントロール」、「省エネ、環境負荷低減に貢献」、「薄型デザイン」と併せて、特長としています。

今回、シリーズの第1弾として販売を開始する「Lmiα ローカルシステム」は、特にオフィスの特定な場所における省エネ、快適空間の創造に威力を発揮するものです。

今後は、オフィス全体を対象としたシステムをはじめ、ダウンライト、スポットライトなどもラインアップに加え、シリーズを充実させていきます。

Lmiα ローカルシステムの構成は以下のとおり、設置場所に合わせて選択が可能です。

  • 色調コントロールが可能な「色温度可変タイプ」、「単色タイプ」の2タイプに、それぞれ横長の「ストレート形」、正方形の「スクエア形」という2種を取りそろえるなど、バリエーションが豊富なベースライト
  • 人感(モーション)、照度(フォト)を検知するセンサ
  • 調光や色調を、つまみで制御する「フェーダタイプ」と、触れて制御する「タッチタイプ」のコントローラから構成され、設置場所に合わせて選択が可能です。

現在、国内のオフィスビルでは、エネルギー消費の約21%を照明が占めていることから*3、照明が担う省エネ貢献の重要性を強く意識し、省エネニーズに応えるとともに、快適な照明環境を実現させることが照明メーカとしての責務ととらえています。

そこで、消費電力が低いLEDを用い、必要以上の明るさにならないように調光するとともに、高い演色性をもつLEDの色調(色温度)をコントロールし、それぞれのシーンや雰囲気にマッチした、快適な照明を実現させます。

コンセプトの1つである、演色性の高さは、平均演色評価数(Ra)90以上という数値が証明しています。

Lmiαの基幹となるベースライトを、モーションセンサ、フォトセンサ、コントローラが個別に制御、システムの組み合わせによって、照度や色調をコントロールします。

もう1つのDMXによる照明制御について、最大512チャンネルのデータを取り扱うことができるDMXが、複数のベースライトそれぞれを個別に制御可能な ことから、今後、発展させていくシステムにさらなる拡張性をもたらすものとして、採用しました。また、アナログや他のデジタル信号と比べてノイズやレベル 変動に強いため、スムーズなコントロールを強力にサポートします。

Lmiα ローカルシステムの特長について

自在な調光

5~100%のスムーズな調光が可能です。
モーションセンサは、人を感知して空間を明るくしたり、人のいない状態では薄明かりの落ち着いた雰囲気に調光します。また、明るくなるスピード、明るさを維持する時間、暗くなるスピードは、設置環境に合わせて5種のモードから選択できます。
フォトセンサは、外の明るさに応じて必要以上の明るさにならないよう自動調光します。なお、必要最小限の明るさと、これ以上は必要のない最大の明るさを5段階から選定できるうえ、それぞれの明るさ上限値、下限値を10%単位で設定できます。

快適さを演出する色調のコントロール

「色調(色温度)のコントロール」という考え方に基き、3000K~6500Kで色調の変化を実現させています。 昼光色、電球色相当の色温度をもつLED光源を最適に配置することで、暖か味のある光から、クールな色合いまでの光を創りだします。
単なる明暗のコントロールだけではなく、TPOに合わせて色味までも変えることで快適さを演出、さらにはサーカディアンリズム*4に合わせた照明も可能です。

高い平均演色評価数

平均演色評価数(Ra)は90以上で、照明空間において高い色再現性を実現します。

目に優しいフラットな光

Lmiα のベースライト(105Wタイプ)1灯には、「ストレートタイプ」、「スクエアタイプ」ともに1,440個の表面実装型LEDを最適な間隔で搭載させてい ます。この配置と、光源から最適な距離に位置させた樹脂製前面カバーとのコンビネーションにより、LED照明にありがちな「ツブツブ」感のない、フラット で均質な光を照射することができます。

省エネ、環境負荷低減

一般的な蛍光灯灯具には、それぞれ、決められたW型の蛍光灯しか取りつけることができませんが、その蛍光灯が放つ明るさを、つねに必要としない場合もあり ます。明るさを抑えていい場合には薄明かりにするなど、必要な場所に、必要なだけ、光を提供することで、これまでと変わらない効果と印象を与えることがで きることから、電力の消費を大幅に低減させます。
例えば、当社・東京本社のエントランスでは、これまで1基の照明器具に直管蛍光灯FL40W形が2灯使用されていたことから、安定器込みで約87Wの電力を消費していました。 これをLmiαに切り換え、通常の人がいる状態では、直管蛍光灯FL40W形x2灯と同等の明るさである50%点灯(1基あたり約50W)、人のいない場合は10%点灯(1基あたり約10W)になるよう設定したことで、消費電力を抑えることができました。
今回、20基の器具を蛍光灯からLEDに切り換えたことで、つねに人がいたとして約42%(約1,440kWh)、つねに人がいない場合では約88%(約3,000kWh)の年間消費電力量*5削減と、つねに人がいたとして約0.6t、最大では約1.2tのCO2排出量削減効果*6が見込まれています。

*1:
LEDIU(レ デュー)は、「LED products to Integrate USHIO’s advanced technologies」の略で、ウシオライティングにおけるLED事業の総称であるとともに、ウシオライティングが品質保証する、先進テクノロジーの 粋を集めたLED製品群に対する総称であり、国内における登録商標です。
*2:
正しくはDMX512-A。米国電子工業会EIA-485の規格に基づく通信プロトコルで、主に舞台照明や演出機器の制御に使われている。
*3:
財団法人省エネルギーセンター 「オフィスビルの省エネルギー」より
*4:
日本語では「概日リズム」と訳される。日の出とともに目覚め、日没 とともに眠るという1日のリズムで、覚醒と睡眠のリズムが基本となり、目の中に入ってくる光(たとえば太陽の光刺激)と、親からもらった遺伝子などと作用 しあい、ほぼ1日の、からだのリズムを作り出すといわれている。
*5:
1日8時間、年間243日点灯で計算(当社調べ)
*6:
電気事業連合会による、使用端CO2排出原単位0.410kg-CO2/kWh(2006年度実績値)を使用して算出

開発の背景

当社は、照明の総合メーカとして、“必要な光を、必要なときに、必要なだけ”使用することを前提に、さまざまな光源のなかからTPOに応じた環境に優しい光を選択、普及を図る、「光のJust in Time」提案を行っています。

Lmiαは、LEDの「瞬時点灯が可能」、「色の変換、コントロールや、調光が容易」といった性能面における優位性を最大限に活かし、”必要な光を、必要なときに、必要なだけ”点灯させる照明としてシステム化、照明による心地よさを提供するとともに、省資源、省エネ、環境負荷低減にも貢献する製品です。

今後もLEDおよび、システムを駆使し、製品自体の機能、性能に加え、「省エネ」、「環境負荷低減」といった特性を十分に発揮できるプロダクトを創出、普及を図ることで、グリーンな社会意識の醸成に貢献します。

Lmiα ローカルシステム 主な用途

オフィス(応接室など特定な場所)、ショールーム、小規模小売店舗、マンション(共用部分)などの照明

Lmiα ベースライトの主な仕様

Lmiα仕様

販売について

希望販売価格:オープン
販売目標:年間1,000システム(2011年)
発売開始日:2011年3月15日(火)

●製品写真およびロゴ


Lmiα

上から Lmiαベースライト ストレート形、Lmiαベースライト スクエア形、右 Lmiαロゴ


センサ

フェーダ

タッチ

左から Lmiαセンサ、Lmiαフェーダ、Lmiαタッチ

ジャンクションボックス
Lmiαジャンクションボックス


カタログダウンロード

インテリジェントLED照明システム Lmiαカタログ PDF(1.3MB)

お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 LED事業推進室
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8263

関連情報

カテゴリー: ニュースリリース

ページトップ