1. 2018年11月 (1)年
  2. 2018年10月 (3)年
  3. 2018年8月 (3)年
  4. 2018年7月 (4)年
  5. 2018年5月 (2)年
  6. 2018年4月 (1)年
  7. 2018年3月 (3)年
  8. 2018年2月 (4)年
  9. 2017年11月 (1)年
  10. 2017年10月 (6)年
  11. 2017年8月 (1)年
  12. 2017年6月 (4)年
  13. 2017年5月 (4)年
  14. 2017年4月 (2)年
  15. 2017年3月 (4)年
  16. 2017年2月 (1)年
  17. 2016年12月 (1)年
  18. 2016年11月 (1)年
  19. 2016年10月 (1)年
  20. 2016年8月 (4)年
  21. 2016年6月 (1)年
  22. 2016年4月 (1)年
  23. 2016年3月 (4)年
  24. 2015年11月 (2)年
  25. 2015年10月 (1)年
  26. 2015年9月 (2)年
  27. 2015年8月 (4)年
  28. 2015年6月 (1)年
  29. 2015年5月 (1)年
  30. 2015年4月 (3)年
  31. 2015年3月 (1)年
  32. 2015年2月 (2)年
  33. 2015年1月 (1)年
  34. 2014年11月 (1)年
  35. 2014年10月 (2)年
  36. 2014年9月 (2)年
  37. 2014年8月 (2)年
  38. 2014年7月 (2)年
  39. 2014年5月 (1)年
  40. 2014年4月 (1)年
  41. 2013年12月 (2)年
  42. 2013年11月 (1)年
  43. 2013年10月 (2)年
  44. 2013年9月 (1)年
  45. 2013年8月 (1)年
  46. 2013年7月 (1)年
  47. 2013年6月 (1)年
  48. 2013年3月 (2)年
  49. 2013年2月 (3)年
  50. 2013年1月 (1)年
  51. 2012年12月 (2)年
  52. 2012年11月 (1)年
  53. 2012年10月 (3)年
  54. 2012年7月 (1)年
  55. 2012年6月 (1)年
  56. 2012年5月 (1)年
  57. 2012年4月 (1)年
  58. 2012年2月 (2)年
  59. 2012年1月 (1)年
  60. 2011年12月 (2)年
  61. 2011年11月 (1)年
  62. 2011年10月 (1)年
  63. 2011年9月 (1)年
  64. 2011年8月 (1)年
  65. 2011年3月 (3)年
  66. 2011年2月 (2)年
  67. 2010年12月 (3)年
  68. 2010年11月 (1)年
  69. 2010年10月 (1)年
  70. 2010年9月 (1)年
  71. 2010年8月 (1)年
  72. 2010年7月 (1)年
  73. 2010年5月 (3)年
  74. 2010年3月 (2)年
  75. 2010年2月 (1)年
  76. 2010年1月 (1)年
  77. 2009年12月 (3)年
  78. 2009年11月 (2)年
  79. 2009年7月 (1)年
  80. 2009年6月 (1)年
  81. 2009年5月 (1)年
  82. 2009年3月 (2)年
  83. 2009年2月 (1)年
  84. 2008年12月 (2)年
  85. 2008年11月 (1)年
  86. 2008年9月 (2)年
  87. 2008年8月 (1)年
  88. 2008年4月 (1)年
  89. 2008年3月 (1)年
  90. 2008年1月 (1)年
  91. 2007年12月 (2)年
  92. 2007年8月 (1)年
  93. 2007年7月 (5)年
  94. 2007年6月 (1)年
  95. 2007年5月 (1)年
  96. 2006年7月 (1)年
  97. 2006年6月 (5)年
  98. 2006年5月 (3)年
  99. 2006年2月 (1)年
  100. 2005年6月 (1)年
  101. 2005年1月 (1)年
  102. 2004年10月 (1)年
  103. 2004年7月 (1)年
  104. 2004年6月 (1)年
  105. 2004年5月 (1)年
  106. 2004年4月 (1)年
  107. 2004年3月 (4)年
  108. 2003年5月 (1)年
  109. 2003年2月 (3)年
  110. 2003年1月 (2)年
  111. 2002年8月 (2)年
  112. 2002年5月 (1)年
  113. 2002年1月 (2)年
  114. 2001年8月 (2)年
  115. 2001年7月 (1)年
  116. 2001年3月 (1)年
  117. 2000年12月 (1)年
  118. 2018 (21)年年
  119. 2017 (23)年年
  120. 2016 (13)年年
  121. 2015 (18)年年
  122. 2014 (11)年年
  123. 2013 (15)年年
  124. 2012 (13)年年
  125. 2011 (11)年年
  126. 2010 (15)年年
  127. 2009 (11)年年
  128. 2008 (9)年年
  129. 2007 (10)年年
  130. 2006 (10)年年
  131. 2005 (2)年年
  132. 2004 (9)年年
  133. 2003 (6)年年
  134. 2002 (5)年年
  135. 2001 (4)年年
  136. 2000 (1)年年

ニュース

国内初*1無線で調光、点灯時間などを制御する
無線制御植物育成用LEDバーユニットを開発、販売を開始

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅、以下「ウシオライティング」)は、国内初の無線制御による植物育成用LEDバーユニットを開発、10月初旬に販売開始することを、お知らせします。

これまで、多くの植物工場では、植物育成用LED照明として、調光(明るさの調整)や点灯時間のスケジュール制御に対応していない、あるいは有線によってこれらを制御する機器が導入されていました。
しかし
①さまざまな育成作物があり、決まった光源では育成できない
②既存の有線制御では、配線や制御盤が複雑、育成棚ごとの制御や設定変更に、時間やコストがかかる

といった問題があり、市場からは、無線で調光や点灯時間のスケジュールを制御するLED照明が、強く求められていました。

そこで、ウシオライティングは、これまで培ってきた「LED 放熱」、「LED 素子の実装」、「光学設計」といった技術やノウハウに、ローム株式会社がもつ無線技術を融合させ、無線制御による植物育成用LEDバーユニットとして製品化しました。

無線については、信頼性と即応性が高く、到達距離も長い無線技術「EnOcean」を採用、確実な制御を可能にしただけでなく、時間単位といった細かな制御も容易に行えます。
また、専用アプリケーションを独自に開発、用意しているので、PCから制御することができます。

この無線制御植物育成用LEDバーユニットを導入することで、
ユーザは、
1.無線による簡単な調光・スケジュール制御
2.シンプルな配線で、工費費などのコスト削減
3.レイアウトやスケジュール変更も、PC操作のみで容易かつ柔軟に対応

といったメリットを手に入れることができます。

なお、本製品は、植物育成に必要な基本光といわれる赤、青色LEDを組み合わせていますが、今後は、より視認性を高め、不足部分の波長を補う、白、赤色LEDを組み合わせた製品開発を進め、2015年の早い段階でリリース予定、また、光だけでなく、温湿度やCO2を制御する高機能センサを加えた、高い拡張性を備えたシステムのカスタマイズ化も視野に入れています。

製品の主な特長

無線制御

無線技術には、ZigBee、Bluetooth、無線LAN(WiFiなど)といったものもありますが、使用周波数帯域、データ伝送速度、即応性、接続数などを総合的に評価した結果、「EnOcean(928MHz)」を採用しました。
赤、青LEDを組み合わせた照明の光色(赤青配合)、光量(光の強弱)などを、EnOceanで簡単に制御します。

LEDの個別調光

赤、青それぞれのLEDを、100%~5%、0%の範囲で個別調光することが可能なので、ユーザが必要な光を、必要なタイミングでつくることができます。

簡単コントロール

オリジナルのアプリケーションを開発、PCを使って、直感的かつ簡単に照明操作(設定、制御操作など)が行えます。制御は、工場ごと、グループごとでも行えます。

植物育成工場に適した製品特性

-赤(波長:660nm)、青(波長:450nm)を2:1の比率で最適配置
- 最大30連結可能
- 対応湿度環境:20~95%
- アルミフレームによる高い放熱効率


製品の主な仕様

型番 ULPG-30W/RB/L/TK3U
育成対象植物 葉物野菜
PPFD値 90 μmol・m-2・s-1 (バー中央下 200mm 距離)
外形寸法 1,235(W) x 40(D) x 45(H) mm / 1台 *突起部、ケーブルは含まない
質量 1.5 kg
定格寿命 約40,000時間
LED 660nm(赤色)、450nm(青色)
冷却方法 自然空冷
消費電力 約33W(最大)
入力電圧 AC200V 50/60Hz


販売について

■ 希望販売価格 : オープン
■ 販売目標 : 初年度(2014年度):約15,000本、2015年度:約40,000本
■ 発売開始日 : 2014年10月上旬


*1 2014年9月20日時点での当社調べ
● 本プレスリリースに記載されている商品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です


ローム株式会社について

ローム株式会社(本社:京都市、東証6963)
ローム株式会社は、1958年(昭和33年)設立の半導体・電子部品メーカです。自動車・産業機器のほか、民生・通信など多様な市場に対し、品質と信頼性に優れたLSIやディスクリート、電子部品を供給するとともに、システム全体を最適化するソリューション提案を行っています。
また、豊富なセンサ群と得意とする無線通信技術を組み合わせたセンサネットワーク構築に取り組み、2012年10月には、アジア企業として初めて次世代無線通信規格推進団体「EnOcean Alliance」の主幹メンバーに就任。HEMS、BEMSなど新市場への展開・普及を図っています。
http://www.rohm.co.jp


お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報部 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

製品に関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 光源事業部 光源デバイス-BU 営業2部
Phone:03-3552-8267 / Fax:03-3552-8268


関連情報

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ