Art-Netについて!

皆さんこんにちは、実家の猫が5歳になりました植月です。

遅くなりましたが、8/18・8/25・9/1の照明ネットワークセミナーにご参加・ご視聴頂いた皆様ありがとうございました!!!

私が思っていたよりも多くの方にYouTubeのアーカイブを見て頂いたり、セミナー見ましたとのお声を頂き大変嬉しく思います。

それほど、ネットワークを使いたい、勉強したいと思っている方が多いことを実感致しました。

これからも皆様のお役に立てるようサポートして参りますので、宜しくお願い致します!

セミナーをご覧になりたい方はこちらから!

 

 

さて前回の記事からかなり空いてしまいましたが、今回は【Art-Net】についてです。

セミナーでもお話しましたが、ブログでもまとめさせて頂きます☆☆☆

 

【Art-Netとは?】

◎Artistic Licence社が開発した、照明イーサネットプロトコル

◎DMX512をイーサネットで使用できるようにしたプロトコルで、ロイヤリティフリー のため多くのメーカーで採用されている

◎バージョンがArt-NetⅠ~Art-Net4まであり、メーカーや機器によっては様々だがLuminexのDMXノードの最新バージョンはArt-Net4に準拠

◎ユニバースの番号は「0」から始まる

◎基本的なルールとして、Art-Netを使用する場合DMXノードやコンソールのIPアドレスは「2.X.X.X」まはた「10.X.X.X」になる。

◎ブロードキャスト通信またはユニキャスト通信で行われる

 

【Art-Netのバージョンの遍歴】

 

Art-NetⅠ(2000年に発表)

  • 最大で256ユニバース使用可能。
  • 当初はブロードキャストのみで、チャンネル数が多くなるにつれて使用するユニバース数が増え、負荷がかかることからトラブルが多かった。

Art-NetⅡ(2006年に発表)

  • 最大で256ユニバース使用可能。
  • ArtNet1のブロードキャストのデメリットを改善するため、ユニキャストを追加。

Art-NetⅢ(2011年に発表)

  • 従来の256ユニバースに128個のネットを追加し、最大で32,768ユニバース使用可能。
  • ビデオやデジタルサイネージと一緒に照明を同期させたいときにArtSyncという機能が使用可能に。

Art-Net4(2017年に発表)

  • 最大で32,768ユニバース使用可能。
  • Luminexの場合、sACNを使用している時でもRDM通信が可能。

 

【Art-Netのユニバース】

ユニバースとは、DMX512=1系統分につけられる番号です。

1系統目=ユニバース 0

2系統目=ユニバース 1…

このユニバース番号によって、DMX512の系統を区別しています。

Art-Netのユニバースは、「SubNet」「Universe」「Net」の3つの数字から成り立っています。

「Universe」とは、DMX512のユニバース1系統が、0~15までの数字で表される。

「SubNet」とは、16個の連続するユニバースのグループ。

「Net」とは、SubNetとUniverseが128個あるグループ。

この「Net:SubNet:Universe」の数字の組み合わせでユニバース番号を表している。

例①:ユニバース17 →0:1:1

例②:ユニバース130  →0:8:2

少々めんどくさいですが、Luminexのノードは10進数の数字を入れるだけなのでこのような組み合わせでユニバース番号を入力する必要はありません。

また、LuminexのDMXノードはユニバースが「0」から始まります

使用するコンソールによっては、1つ数字がずれることがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

照明のネットワークを使用している方の多くがArt-Netを使用されているのではないでしょうか?

色々と用語が出てきますが、初心者の方でも簡単に使えるのがArt-Netかと思います。

そんなに難しくは無いので、気軽にネットワークを使用してみてくださいね~~!

 

ではでは~~☆☆

 

新タイプ!LANケーブルでテープLEDを250m延長するDiGidotアクセサリ

涼しくなってアイスコーヒーからホットに切り替わった佐藤です。こんにちは。

以前ご紹介した PxLNet トランスミッター(送信機)と トランシーバー2(送受信機)のデモ機が入ってきました!

さっそく50mほどのLANケーブルでチェックしたところ、すんなりとテープLEDを点灯制御することができました。

DiGidot C4本体とドッキングして使います。

バージョンアップしたトランシーバーは送信受信もできるスグレモノ。

デーコーダーとテープLEDがこんなに離れても制御できるってちょっと感動すら覚えてしまいますね

製品詳細はメーカーウェブページを御覧ください(英語)

Kind Maskが大量に増えてしまった!の対処

十数年ぶりにザリガニ釣りをした佐藤です。こんにちは。

今回はHog4シリーズでこんな状態になってしまった時の対処法をご紹介します。

色々と打ち込み作業をしていると何気なく押してみたボタンや設定でこうなることがあるようです。クリティカルな症状ではないので、焦らず以下の手順を実行してみてください。

 まずは下の画像のように「Menu」から{Kinds}ボタンを押すか[Open] +メインツールバーの{Kinds}を押して「Kinds」ウィンドウを開きます。

 開いた「Kinds」ウィンドウで8のボタンから最後のボタン(下の例だと62)まで削除します。

注意 1から7はHogのシステムで使用しているので削除しないでください

 削除完了するとこのような状態になります。

Merge showをした時やパッチ画面にある{Auto Kind}をポチッとした時に増えることがありますので、その際はこの手順をお試しください。

なお、作成されていたボタンは「ユーザーカインド」と呼ばれ、整理して使うと便利な機能です。詳しくはこちらの資料の72~76ページを御覧ください(PDF)

照明ネットワークセミナーのご案内

皆さんこんにちは、汗の量が尋常じゃない植月です。

 

暑い日が続きますが皆様体調にはお変わりないでしょうか?

突然ですが、この度ProLight&ProVisual2020以来の弊社主催の

照明ネットワークセミナー2021』

を開催致します!!!!!!!(ワー!

詳細は以下をご確認下さい♪

  • 第一回:8月18日(水) 15時~16時⇒ケーブルとIPアドレスについて
  • 第二回:8月25日(水) 15時~16時⇒イーサプロトコルの伝送方式について
  • 第三回:9月 1日(水) 15時~16時⇒LumiNodeとトラブルシューティングについて

YouTubeライブにて配信!アーカイブの予定あります!

↓↓↓第一回目の配信URLはコチラ↓↓↓

8/18(水)ウシオライティングの照明ネットワークセミナーYouTubeライブ


↓↓↓第二回目の配信URLはコチラ↓↓↓

8/25(水)ウシオライティングの照明ネットワークセミナーYouTubeライブ

 

↓↓↓第三回目の配信URLはコチラ↓↓↓

9/1(水)ウシオライティングの照明ネットワークセミナーYouTubeライブ

 

 

3週に渡り、1時間程度のセミナーを予定しています。

内容については、Luminexを導入されているホール管理者様や照明会社様が対象となりますが、ご興味ある方でもご参加頂けます。

この際ですので、ブログで分からなかったことや現場でわからなかったことなど些細なことでも構わないのでご質問お待ちしております!

こんなご時世ですので、涼しい室内から是非ご参加下さいね°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

ではでは~~☆☆

イーサプロトコルの伝送方式について!

みなさんこんにちわ、来世はギャルになりたい植月です。

前回ご紹介致しました、イーサネットプロトコルの中身について!の次に知っておきたいプロトコルのデータの伝送方式についてご紹介致します。

データの伝送方式は各プロトコルで異なります!

    • ブロードキャスト(Art-Net)
    • マルチキャスト(sACN)
    • ユニキャスト(Art-Net・sACN)

Art-NetもsACNもとりあえず繋がってるし、明かりも出てるからOK!と使っている方もいるかと思いますが、どのようにデータが送られているか理解を深めると、トラブルシューティングの際に役立ちますので、是非参考にしてみて下さい☆

 

【Art-Net】ブロードキャスト

ブロードキャスト=1対全

ブロードキャストとは、ネットワーク上の機器全てにデータを送る伝送方式です。

  • ブロードキャストアドレス(255.255.255.255)宛に送られるため、全てのIPアドレスが対象となる。
  • 受信機側は必要のないデータまで受け取ってしまうため、負荷がかかる

Art-Netの場合は、機器のIPアドレスの「2.255.255.255」「10.255.255.255」宛に送られます。※サブネットマスク255.0.0.0の場合(Twitterに255の意味を投稿していますのでご参照下さい!IPアドレスの0と255の意味

初心者でも分かり易く、小規模なローカルネットワークではトラブルが少なく、使いやすい伝送方式です。

 

【sACN】マルチキャスト

 

マルチキャスト=1対多

マルチキャストとは、マルチキャストグループに参加した機器のみにデータを送る伝送方式です。

  • 機器のIPアドレスに関係なく、マルチキャストグループに参加している機器にデータを送る
  • 複数の受信機は、スイッチングハブの機能で必要なグループに分配してくれるため、送信側もデータを一つ送るだけで複数の機器が受け取ってくれるので、非常に効率が良い

sACNでのデータのやりとりは、機器のIPアドレス宛ではなく、マルチキャストグループのマルチキャストアドレス宛にデータを送ります。

この時のマルチキャストアドレスは、239.255.〇.〇となり〇にはユニバース番号が入ります。

  • 例:Universe1の場合→「239.255.0.1
  • 例:Universe300の場合は「239.255.1.44

ノードが受け取りたいユニバースを設定していると、このマルチキャストアドレスのマルチキャストグループが作られます。

そして、ノードはこのマルチキャストグループへ参加表明することでグループに参加することができ、データを受け取ることが可能となります。

逆に、参加しなかったり離脱してしまうとマルチキャストグループではないとみなされデータを受け取れなくなってしまいます。

 

【Art-Net・sACN】ユニキャスト

ユニキャスト=1対1

ユニキャストとは、送信機から特定のIPアドレス宛にデータを送る伝送方式です。

  • 宛先のIPアドレスを指定してデータを送る
  • 送信機は、宛先ごとにデータを送らなくてはならないため、負荷がかがるが受信機側は必要なデータだけを受け取れるので負荷はかからない。

現状、舞台照明ではユニキャストはあまり使われておりません。

受信機を特定したいときのみ、ユニキャストを使用することが多いです。

 

いかがでしたでしょうか?

細かく話すと大変長くなりますが、ポイントは押さえてみましたのでネットワークを使用する際は頭の隅っこに入れといて損はないですよ!

次回はArt-Netの中身について説明します!

ではでは~~☆☆