スイッチングハブの基礎知識!~VLANの仕組みについて~

皆様こんにちは、自主禁酒予定の植月です。

ネットワークの記事の更新が亀並みに遅くてすみません!

今回は、GigaCoreのVLAN(=グループ)の仕組みについてご説明していきます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

最近では、常設のホールでもホール回線・持込回線をスイッチングハブごとではなく、VLANによって分けていることが多くなっています。

それだけ、ネットワークを使用するセクションが増えてきているということですね!

ITの知識が無くても、すぐに・簡単に・分かり易く設定できるGigaCoreはLuminex製品の魅力の一つです♪

簡単に設定できるVLAN(=グループ)設定ですが、どのような仕組みで分けられているのか知っていると、この機能を使った時のトラブル回避に役立つと思います!

GigaCoreのVLAN(=グループ設定)方法についてはこちらから!

 

ではVLANとはいったい何なのでしょうか??

 

VLANとは?

VLAN(VartualLAN)の略で、ポートやスイッチングハブにより、ネットワークを物理的に区切るのではなく、仮想的にネットワークを区切る設定となります。

この時、区切られた各ネットワークはLANセグメントと呼ばれます。

簡単に図で解説します!

全てが同じセグメントであれば、どこのポートに接続しても卓からのデータを受け取ることができます。

 

ここで、セグメントを2分割します。

そうすると、同じセグメントのポートであれば卓からのデータを受け取れますが、違うセグメントのポートに接続したノードは卓からのデータを受け取ることが出来ません。

このように、同じスイッチングハブを使用していても、VLANを使用する事で簡単にネットワークを区切れます!

照明のセクション・音響のセクション・映像のセクション等、それぞれのデータ量が異なる場合全て同じセグメントだと、他セクションへ干渉してしまう恐れがあります。

↑の図は一例なので、このシステムで必ず干渉が発生するわけではありません

そのため、ポートごとにVLAN設定を施すことで、ネットワークが区切られて他へ干渉しないシステムになります。

 

VLANの仕組み

今回は、L2スイッチングハブで良く使用されるタグVLANの仕組みについてご説明します♪

タグVLANとは、送られるイーサネットフレームにVLANのタグと呼ばれる数字をつけます。

GigaCoreのグループ設定にある『VID』という数字は、このフレーム内につく数字になります。

 

この数字によって、スイッチングハブがそれぞれのセグメントから送られてきたデータをタグごとに転送先を振り分けてくれているおかげで、ネットワークが分断されているのです!!

また、複数グループ設定をしたGigaCore同士を接続するための専用ポートであるISL(InterSwitchLink)は、各グループのVIDをまとめて送る役割があります。

 

GigaCoreの各LANセグメント(Group)のVID

GigaCoreのLANセグメント(Group)は、1~20まで設定できます。各VIDは以下となります。

Luminexの場合は、各LANセグメント(グループ)ごとに初めからVIDが割り振られています。

Group1(Management)→VID 1

Group2→VID 20

Group3→VID 30

~略~

Group20→VID200

初めから割り振られているので、ユーザー側はGigaCore同士でシステムを組むときVIDを設定しなくてもLANセグメント(グループ)を分けることができます♪

ただし、サードパーティー製のスイッチングハブとGigaCoreを接続するとき、このVIDを合わせる必要があります。

GigaCoreのVIDは、変更可能ですのでサードパーティー製のスイッチングハブと同じVIDに設定してもらうと同じセグメントになります。

※GigaCore v2.6.4以上でサードパーティ製スイッチングハブと接続した時、ISLのマネジメントグループのタグを外す場合があります。

通信できないことがありましたら、ISL→Advanced→Tagged Management Group VID 1:のチェックボックスを外してみて下さいね!

 

いかがでしたでしょうか?

GigaCoreはいろんなスイッチングハブの中でも、VLAN(グループ)設定がとっても簡単なので、是非設定してみてくださいね☆

次回はリングアグリケーションについてご説明いたします!

ではでは~~~☆☆

スイッチングハブの基礎知識!~通信速度とネットワーク帯域について~

皆さんこんにちは、かっぱ巻きにハマっている植月です。

 

本日は、最近よく質問を頂きますスイッチングハブ(GigaCore)についての基礎知識をご説明します°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

スイッチングハブとは?

LuminexのスイッチングハブであるGigaCoreシリーズは、『L2(レイヤー2)』の『マネジメント』『インテリジェントスイッチングハブ』となります。

L2(レイヤー2)とは、OSI参照モデルという機器間のデータのやり取りを階層に分けたものの、下から2層目のデータリンク層に分類される部分になります。

L2スイッチングハブは、他のネットワークへ繋ぐ役割は持ってません。あくまでも同一のネットワークでのやり取りをしています。

これらを簡単に言うと、設定変更できる、VLAN(グループ設定)やQoS(ネットワーク機器の伝送優先度の設定)の機能を持つスイッチングハブということです。

VLANの設定についてはこちらの記事をご参照下さい♪

スイッチングハブの性能によっては、sACNで使用するマルチキャストの機能がうまく働かないことなどありますので、スイッチングハブの選択はとても大事なのです。

 

通信速度と帯域幅について

通信速度は、10M/100M/1G(1000M)/10Gbpsと4段階あります。

bps・・・Bit Per Second の意味で、1秒間に何bitを伝送できるか表しています。

通信速度は、データを伝送する時の最大のスピ―ドとなります。

多くのスイッチングハブは、デバイスと接続した時オートネゴシエーション(自動)で適切な通信速度に設定され、データのやり取りをします。

この時、スイッチングハブと接続された機器が適切な通信速度で通信していないとデータのやりとりがうまくいかず、途切れたり繋がらなかったりします。

※おかしいなと思ったらケーブルが正しく奥まで刺さっているか、機器側の設定は問題無いか確認しましょう!※

 

また、ネットワーク帯域(伝送帯域)と通信速度は同じbpsの単位が使用されていますが、微妙に役割が違います!

ネットワーク帯域とは、道路の道幅のようなもので帯域が増えればその分送れるデータも増えるということになります。

 

車幅が狭いと、車が詰まってゆっくり走ってしまいます。

車幅が広いと、より多くの車がスムーズ走ることができます。

ネットワークの帯域は、伝送するために広く・通信速度が早いとより多くのデータが流せるようになります♪

 

LuminetMonitorでは、各ポートがどれくらいの帯域を使用しているかモニタリングできますよ♪

TXは送信、RXは受信という意味になります。

(画像では、LuminetMonitorから300uniほど出力しているときの帯域になります)

 

Araneoでは、トラフィックモニターとしてポート間のデータの通信量をモニタリングすることができます。

 

是非インストールしてみて下さいね☆

Luminexのソフトウェアのインストールはこちらから!

 

通信速度のトラブル

最近は、照明さんでも映像のシステムをネットワーク機器で使用される方が増えているのではないでしょうか?

そんな時、今一度使用しているスイッチングハブの仕様を確認してみてください!

スイッチングハブが、『10/100Mbps』までしか対応していないものだと、機器同士が通信しなかったり、通信が途切れたりして正常に映像が出ないことがあります。

照明のネットワーク機器だけだと、あまりネットワーク帯域を使用しないことも多いため、見落としがちになってしまいます・・・

映像のシステムでは、たくさんのネットワーク帯域を必要とすることもありますので、是非システムの見直しをしてみてくださいね☆

分からないことがあれば、いつでもご相談ください!

 

次回の記事では、スイッチングハブのグループ(VLAN)について前回の記事より更に詳しくお話したいとおもいます!

 

ではでは~~~☆☆☆

 

 

 

 

セミナー資料の誤表記につきまして

皆様こんにちは、植月です。

昨年のYouTubeでのセミナー配信一日目「ケーブルとIPアドレス」についての内容の中で、サブネットマスクの説明にて誤りがありましたので訂正させて頂きます。

 

誤:IPアドレスの2進数表記→10000000(10進数だと128)

正:IPアドレスの2進数表記→00000001(10進数だと1)

こちらの資料では、今年2月に実施致しましたProlight&Provisual2022でも同様の資料を使用しておりますので、資料をお持ちの方は訂正をお願い致します。

 

この度はご迷惑をお掛けし大変申し訳ありません。

その他お気づきの点がございましたら、ウシオライティングのお問合せページまでご一報ください。

 

 

 

Araneo v1.4.0の新機能と注意点!

新年度となりましたが、気持ちはまだ正月な植月です。

 

ずいぶんご無沙汰な記事になってしまいました涙

さて、先日LuminexのGigaCore監視ソフトの『Araneo』の最新バージョン

v1.4.0

が発表されました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

【Araneo v1.4.0を使用する前の注意点】

Araneo v1.4.0はWindows10・MacOS X Mojave, Catalina or Big Sur以上で動作します。

それよりも前のOSをご使用のPCは、Araneo v1.4.0の動作環境に適していないため使用できません。

それよりも前のOSのPCでは、Araneo v1.3.0以前がご使用頂けますがLumiNodeの監視などは出来ないためご注意下さい。

それではv1.4.0で追加になった新機能を一部ご紹介します♪♪♪

インストールの方法はコチラから!

バージョンアップの方法はコチラから!

※v1.3.0をお使いの方はAraneoから直接アップデートが出来ない場合があります。お手数ですが、c:/program files/Araneo/updater.exeを手動で起動させてコンポーネントの更新をクリックしてください。

 

【AraneoでLumiNodeの監視】

GigaCoreに接続されているLumiNodeも、直感的に分かり易いインターフェイスでどこにどのデバイスが接続されているかが分かり易くなりました!

※旧タイプのEthernet-DMXシリーズはAraneoに対応していません※(5/27追記)

さらに、LumiNodeを選択すると下ウィンドウのSystemに

『Identify』『WebUI』『Reboot』『Reset』『Update Firmware』

がAraneoからワンクリックで行えます。

LuminetMonitorは、Art-Net・RDM監視モニターの役割もありますが

Nodeの設定を行いたい場合はAraneoだけでも充分です。

※LumiNode自体の設定はブラウザで行いますので、Araneoからは設定ブラウザを開くのみとなります※

 

何よりも、遠隔で『Reboot』出来るようになったのは個人的にはめちゃくちゃ待っていた機能です!

わざわざSUSを降ろしたり、LumiNodeの電源を抜いたりする必要はありません♪

ちなみに、GigaCoreが無くてもLumiNode単体をAraneoで監視などもできちゃいます!

 

【AraneoでLumiNodeのバージョンアップ】

さらにさらに、LumiNodeのバージョンをAraneo上の全てのLumiNodeを一度に上げることもできちゃいます!!!!!!

今までは一台一台ブラウザからしかバージョンを上げられませんでしたが、Araneoから全てのLumiNodeに対して出来るので非常に手間が省けます。

①Araneoの上にある「Firmware Update」をクリックします。

②Araneoからバージョンを上げるためには、事前にインターネットに接続してバージョンファイルをAraneoにダウンロードさせる必要があります!

(インターネットに接続せず、Araneoにファームウェアバージョンファイルを入れたい場合は別のブログ記事にてアップします!)

③上げたいバージョンの「Upgrade」をクリックします。

 

Comfirmationウィンドウが出て、Araneo上にあるLumiNodeの総数に対してバージョンを上げる確認があります。

良ければそのまま「Upgrade」をクリックします。

 

アップデートが始まると、進捗状況が一目で分かります♪

 

完了し、CloseをクリックするとLumiNodeのバージョンが変更されていることがわかります♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

Araneo v1.4.0では、さらに細かな修正や、インターフェイスの使いやすさが増えました。

LumiNodeをご使用頂いているお客様は是非Araneo v1.4.0を試してみて下さいね!

 

ではでは~~☆☆

LumiNode v2.4.0 新機能設定方法!

みなさんこんにちは、胃もたれが治らない植月です。

前回の記事『新機能!LumiNodev2.4.0』からちょっと空いてしまいすみません!

今回の記事は、LumiNode v2.3.0で実装された『高機能なネットワークの設定』の設定方法をご紹介します°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

※使用する場合は、最新のv2.4.0にアップデートしてください※

 

【LumiNodeのネットワークとは?】

LumiNodeのバージョンv2.3.0以降で、左側のメニューに『ネットワーク』の設定項目が増えました。

元々、IPアドレスなどを変更する場合はグローバル設定にありましたが、このバージョン以降では機器のIPアドレスもこの『ネットワーク』から変更となります。

このネットワークの設定では主に以下の事ができるようになりました♪

  • LumiNodeのイーサポートをGigaCoreのようにグループ分けする
  • グループ分けしたイーサポートのネットワークを、LumiNodeのIPアドレスとは別に設定する

ここでおさらいですが

LumiNodeのフロントポートが『イーサ1(ETH1)』(画像左側)

リアポートが『イーサ2(ETH2)』(画像右側)になります。

 

では実際にどんな時に使えるのか、どのように設定するのか説明します!!

 

【ネットワークの設定方法】

左側のメニューの『ネットワーク』を開くと、最初はこのような画像が出てきます。

2つ絵が出てきて、緑色で囲まれた左側の絵の下に、IPアドレスを変更する箇所があります。現在のLumiNodeの設定は左側となります。

左側の場合は、ポートにグループが何も割り当てられていない状態となります。

この絵(ネットワークの設定)のことを『シナリオ』と呼び、LumiNodeシリーズではシナリオが2つ、LumiCoreシリーズでは3つまで設定可能です。

左側は、LumiNode本体のIPアドレスを変更したいときに使用します。

変更した場合は『保存』をクリックしてください。

 

さて、この状態のままではLumiNodeのポートは何もグループが割り当てられていません。

前回の記事で紹介した図のシステムでの実際の設定をしていきます。

 

LumiNodeのイーサポートのグループを分けたい場合は、右側のシナリオをクリックします。

右側のシナリオをクリックすると、グループ一覧が出てくるので割り当てたいグループを選択します。

 

例1:イーサポート1(ETH1)に割り当てたい場合

①グループ一覧から割り当てたいグループを選択します。

②選択したグループを割り当てたいイーサポートをクリックします。(ここではETH1)

③ポートの上にある、上と下向きの矢印のアイコンをクリックします。このアイコンがLumiNode本体の設定になります。

④ポートとアイコンが割り当てたグループの色に代わり、線で結ばれていれば割り当て完了です。

 

例2:イーサポート1(ETH1)とイーサポート2(ETH2)にそれぞれグループを割り当てたい場合

①GigaCoreと接続するイーサポートにISLを割り当てます。(ここではETH2)

ISLの説明は前回の記事をご覧ください♪ → GigaCoreのグループ設定について

②Art-Netを出力する照明卓(ソース)とArt-Netを変換してDMXにするLumiNodeを同じグループ(Management)にします。この時、イーサポートではなく、上と下向き矢印のアイコンのグループで確認してください。

③LumiNodeから先に接続する別グループをイーサポート1に割り当てます。(ここではETH1)

そうすると、ISLにしたポートにアイコンとイーサポート1がそれぞれのグループの色で結びつきます。

④この状態になればOK!あとは保存をクリックすると変更されます♪

※ISLにしたイーサポートと、LumiNodeを接続しているGigaCoreのポートをISLで合わせて下さい※

※LumiNode(上と下向き矢印のアイコンのグループ)と設定用PCのグループを必ず合わせるようにしてください※

※間違えて設定してしまった場合はIPアドレスの設定を含めたリセットを行ってください※

 

 

いかがでしたでしょうか°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

こんな感じでイーサポートのグループを分けることで、システムの幅が広がったり

急な変更等にも対応できるかもしれません。笑

次の記事では、シナリオについてもう少し深堀した設定をご紹介しますよ♪

 

ではでは~~~☆☆