Sai-500 LEDフォロースポットの販売スタート!

家の定番鍋がとり野菜みそになりつつある佐藤です。こんにちは。

各地の展示会で皆様に試作機をご覧いただいていたLEDフォロースポットライトの新型「Sai-500」が、いよいよ発売を開始しました!

詳細は、こちらのリンクからプレスリリースをご覧いただくとしてブログでは検査中の写真を使ってご紹介致しましょう。

レバー式調光     

まずは一番の特長はこちらのレバー式調光です。前モデルSai-300よりもプロフェッショナルの現場でお使い頂くには、やはりクセノンピンと同じ操作性が良いとのご意見が多かったため、ダウザーと同じような操作感を実現しています。機械式の様に見えてじつは電子式調光ですよ。

全閉アイリスと減光スイッチ  

この調光レバーは全閉アイリスと長さを変えてあるので、手探りでどちらかを判断できる仕様となっています。また操作ストロークも揃えてあり、アイリスを閉じながらフェードアウトなども違和感なくオペレートして頂けます。

細かいコダワリとなりますが、アイリスを閉じきると自動的に減光するスイッチ付きでアイリス焼けを軽減させる機能も。

ズームの握りと目盛り   

ズームのハンドルもクセノンピンスタイルの握りやすい横棒仕様。ご要望がおおかった各所の目盛りもしっかり入っています。ちなみにこの辺りの材質は磁石がつくようになっているので照準器も取り付けOK。

かんたんDMX調光    

もちろんDMX調光にも対応しています。5ピンXLRのDMXケーブルをさしたら、1chを使って調光するモードに自動的に変わる簡単設定です。

なお、DMX信号が来ている時はDMX優先で途切れるとレバー調光の位置に切り替わります。

自然な色再現のLED光源  

操作性だけでなく光の演色性もRa93以上となり、出演者に当てても肌の色が自然な色合いで再現できるSai-500。

これまでクセノン500Wをお使いだった現場、さらに700Wのところでもいけるかもしれません。ぜひ使い勝手の良さを実機でご体感ください。

デモのお問い合わせは、代理店様または弊社までお問い合わせください。

VL800固定LEDシリーズ登場!

1日の歩数が1万歩に届かない佐藤です。こんにちは。

今回は先日発売開始したVL800の固定LEDウォッシュシリーズをご紹介致します。

まずはこちら。見た目はパーカン、されど中身はLEDのVL800 EVENTPARです。

弊社スタッフもこの外観に好印象。光源はRGBAタイプと暖色ホワイトタイプの2種類をご用意しています。

試しに3mくらいの高さから照射してみました。

影の感じも良い具合ですね。手動の5段階ズームは5°刻みで10~30°となります。

さらにもう1機種、電動ズーム付きでキュッとビームも絞れるRGBWタイプのスポット、VL800 PROPARです。

こちらは壁に照射してみました。

まずはナロー(6°)から

続いてワイドの40°です。

コンパクトで仕込みもしやすい万能選手ですね。

VL800 EVENTPAR、VL800 PROPARそれぞれデモ機もしっかりご用意していますので、弊社営業スタッフまでお問い合わせください。

データシート(暫定)はこちら

ちなみにこれまでShowlineシリーズとして展開してきた固定LEDは、これからVari-Liteブランドに統合されて展開していきますので、よろしくお願い致します。

 

【テープLED制御に!】DiGidot C4セミナー開催

南アルプスの炭酸シリーズにはまる佐藤です。こんにちは。

今回は、テープLEDの制御やArt-Net/DMXレコーダーとしても使えるデバイス
「DiGidot C4シリーズ」のセミナー開催のお知らせです。C4はテープLEDのドット制御に最適な小型で簡単なデバイス。

テープLED制御に特化した 「Live」
Art-Net・DMXレコーダー機能を追加した 「Extended」

この2種の違いや、C4からテープLEDまでの距離を延長できるエクステンダーもご紹介致します。今冬のイルミネーション制御に最適なコントロールデバイス、DiGidot C4。ぜひその実力をセミナーでご体感ください。

  • 日時:2019年7月31日(水) 13時30分~
    8月1日(木) 10時00分~、 13時30分~
  • 会場:ウシオライティング 東京本社付近 会議室(東京都中央区)(詳細は参加申し込み完了メールに記載)
  • 参加費:無料
  • 募集人数:各回 20名様 (先着順)
  • 内容:DiGidot C4の概要、実機を使用した接続方法の解説、延長用アクセサリ等のご紹介
  • 申し込み方法:こちらのフォームよりお申込みください。

製品詳細は以下の画像からPDFを御覧ください。

DiGidot C4の取り扱いを開始します!

最近はよく汁無し麺を注文する佐藤です。こんにちは。

ここ数年でアミューズメント施設やライトアップイベントで、LEDテープライトを使う案件がどんどん増えています。一括で点灯するだけのテープライトは数多くあるのですが、ドット制御でさらにDMXかArtNetが使えるものとなるとコントローラーの選定に難儀していました。これはっ!と言う製品が見つからないのです・・。

しかしそんな悩みを解決し、さらにその上を行く便利さを提供してくれるオランダのメーカーを展示会で発見!それがこの度弊社で取り扱いを開始することになったDiGidot社のDiGidot C4(デジドットシーフォー)コントローラーです。今回はサクッと概要をご紹介します。

この手のひらサイズの黒いボックスが「DiGiDot C4」です。テープライト制御だけのLiveバージョンとArtNetレコーダー付きのExtendedバージョンがあります。

左側のターミナルブロックにLEDテープライトをつないだり、DMXの入出力を接続。真ん中あたりにアナログトリガー用のジャックやArtNetレコード用のマイクロSDもささっています。

反対をみるとLANのコネクタがあり、ここにパソコンを繋いでブラウザを使って設定変更が可能です。また、さし口が2つあるので、次から次へとDiGidot C4をつないで簡単にシステムを拡張していけますよ。DMXの数珠つなぎみたいですね。

では、どのようにつないで使用するのか。シンプルなシステム例をデータシートから抜粋してみました。1台につき最大4本のLEDテープライトを制御することができ、ArtNetで直接コントロールするか、もしくはDiGidot C4本体に記憶されたシーンを再生します。

一方こちらはDMXの入力を使うパターン。DMXで直接テープライトをコントロールしてもOKですし、本体内のシーンを再生するためのトリガーとしても使えます。

より詳しい機能については、以下の画像をクリックしてデータシートをダウンロードしてご覧ください。(PDFファイル)

海外での採用事例はDiGidot公式ページをご覧ください。

意外とありそうでなかった、複数のLEDテープライトを制御できるDiGidot C4シリーズ。DMXレコーダーとして、ArtNetレコーダーとしても使えるこの小さな黒い箱をぜひ一度お試しください。デモや実機の貸出は、ウシオライティングのエンタテインメント事業部まで。

LEDピン黒バージョンをつくってみました

レモン以外に無糖炭酸で割れるものを探している佐藤です。こんにちは

以前より多くの現場に導入して頂いている弊社つくば製造のシンプルLEDピンスポット「ULP-200」(PDFカタログへリンク)

ここ最近はシックな内装の披露宴会場が増えたり、海外からの需要もあったので黒ボディタイプを作成してみました。いかがでしょうか?黒ボディの効果でアイボリーよりもキュッと小型に!・・・・見える気がします。 (色以外の仕様は変わっていません)

後ろから見るとこんな感じ。側面の可動部分の部品や取っ手は、塗装が落ちやすいのでそのままにしてあります。ひとまず1台完成しましたので、実機をご覧頂くことも出来ますよ。

価格や納期などは、弊社営業またはこちらまでお問い合わせください。