キューリストのInsert Linkって意外と使う機能かもしれない

駅から会社まで日陰が多いルートを探る佐藤です。こんにちは。

今回の記事は長いのでお時間ある時に御覧ください

先日Hog 4ユーザーの方がオペをしている姿を拝見する機会がありまして、その時「Insert link」の機能を利用して効率的にプログラムをされていました。

そこで、ふと「あれ、Insert Linkって意外とよく使うのにブログで紹介したことないのでは?」と思い出したので、今回は設定方法を解説してきたいと思います。

どんな時に使うのか?

  • 曲の途中で繰り返しがあるとき。(例、ドラム→Hey!→ドラム→Hey!を4回繰り返すCue)
  • ツアーの途中で1会場だけMCの段取りが変わってCueを飛ばす必要がある

などの時に使っている方が多いようです。では設定方法を見てみましょう。

 リンクを設定したいCueに再生の印(薄青の背景色)を進めてから、キューリストの上部にある{Insert Link}を押します。

 現在のCueの直後(すぐ下)に「Link」という名前の特別なCueが作成されます。

 以下の項目を設定します。

Fade欄:リンクする(飛ぶ)Cue番号を数字で指定(入力するときは数字だけでOK)

Delay欄:どれだけの期間、リンクするかを以下の中から設定

  • Forever:常にリンク先へ飛びます。
  • Count:指定した回数だけリンク先に飛んだ後は「Link」へ進み、もう一度Goするとさらに下のCueへ進みます。
  • Timed:最初に「Link」Cueで飛んでから時間を計り、指定された時間を過ぎてから「Link」Cueを再生すると「Link」へ進み、もう一度Goするとさらに下のCueへ進みます。

 

設定としては以上です。ここからは使いこなすためのポイントをご紹介

ポイント① 「Link」直後のCueタイミング設定にご注意

「Count」または「Timed」の場合、指定した回数・時間が過ぎて「Link」Cueへ進んだ後、次のCueへは自動的に進みません。自動で次のCueを再生させたい場合は、以下のように「Link」Cueの直後にあるCueに「Follow」を設定しておきましょう。

ポイント② 「Forever」設定でキューリスト内チェイスをする場合

「Forever」設定とWaitタイムを使って以下の様にCueを組んで自動的にCueが何度も再生される、いわゆるチェイス状態にした場合は注意が必要です。その状態を抜けて次のCueに行くにはキューリストオプションの「Action of Go when looping」を以下のいずれかに設定してください。

  • {Exit loop immediately} :すぐにループを抜けて「Link」Cueへ進む。次のCueへ自動で進みたいならポイント1のように「Follow」の設定を忘れずに。
  • {Exit loop at end} :ループの最後まで再生してから「Link」Cueへ進む。次のCueへ自動で進みたいならポイント1のように「Follow」の設定を忘れずに。

他の設定ではループから抜け出せないのでご注意ください。

リンクキューは特に繰り返しが多い曲では、Cueの修正回数が減らせて打ち込み効率がアップするので、まだ使ったこと無い方はぜひお試しください。

赤いグルグルが出たら要チェック!

休みの日になると唐揚げなどを揚げることが多い佐藤です。こんにちは。

集中してHogの打ち込み作業をしていると、ショーファイルをバックアップする操作も流れでササッとUSBメモリに取っていただいていると思います。

しかし、もしそんな時でも卓画面右下あたりに赤いグルグルが出ていたら必ずクリックして詳細を確認してみてください。

表示される「Task Status」ウィンドウには、オペレーターが操作をしてHogが実行した処理結果を表示してくれています。ここで注目してもらいたいのが、赤文字!

Failurefailedは「失敗」という意味なので、下の図の場合、ショーファイルバックアップに失敗しています。

この状態では、正常にバックアップが取れていません。USBメモリを変える、ログオフしてからショーファイルを読み込み直して再度バックアップするなど対応が必要となります。

これ以外にも、卓で処理することができない操作をした場合に赤くなるので、気づいたらクリックかタッチをして詳細を確認するようにしてください。

縦横右左、お好みのモニター方向と位置はどちら?

出張で大浴場があるホテルを選びがちな佐藤です。こんにちは。

今回は小粒なHogのTips、使い方のヒント

先日とある現場写真で面白いモニターの使い方をしていたのでご紹介します。

通常、卓に外部モニターをつなぐとこのような横画面になると思います。これを・・・

ジャーン!ピポット回転できるモニターなら縦使いにも設定できるんです。

長い演目でキューリストが長くなっても、これならずっと先のCueも確認できますね。

設定方法は、

[Setup] → {Control panel} → {Display}タブ

この画面から以下のように設定してお使いください。

これなら先のCueも確認できるので落ち着いてGoボタンが叩けるかも( ´ ▽ ` )ノ

Hog 4のTouch OSC用テンプレートをちょっとリニューアル

牛脂を使ってフライドポテトを揚げた佐藤です。こんにちは

以前ブログでご紹介していたHog 4シリーズのリモートコントロールに使えるアプリ「Touch OSC Mk1」で使えるテンプレートを少しリニューアル・修正したものを作成しました。

今回のテンプレートでは、あまり使わないボタンを無くしたほか、キーストロークマクロの1~10を使えるようにしてあります。

まずは倉庫や事務所で使えるかお試しください。

Touch OSCの設定方法はこちら

※ テンプレートをスマートフォンへ転送するには、iTunesなどでファイル転送、またはTouch OSCの編集ソフト「Touch OSC Editor」のSync機能を利用してWi-Fi経由で行ってください。

Cueに余計なデータが入っちゃった!時の削除方法

牛丼屋に行くと味噌汁を豚汁に変更するか悩む佐藤です。こんにちは。

今回はHogの使い方のヒント。以前Hogユーザーの方からお問い合わせ頂いた例をご紹介します。

「Cueのどこかに入っちゃった余計な器具コントロールのデータを削除したい」

プログラム中にうっかりコントロールを触ってしまって、Cueを再生するとどこかで器具のメニューディスプレイが点灯!

なんてことになったらちょっと焦りますよね。そんな時は以下の方法をお試しください。

 フィクスチャーを選択して削除したいパラメーターを操作。Programmer上に削除したいパラメーターだけが表示された状態にします。

② Cueリストを[Choose]で選択した状態で

[Merge] → {Remove} → [削除したいCue番号を範囲で指定] → [Enter]

 これで上記の例だとCue1から30までのControl Fixtureのデータを一括で削除することができました。

①でProgrammer上にのせるデータを変えればどのパラメーターでも一括削除できるので、余計なデータをCueに入れてしまった場合はこの方法を試してみてくださいね。