スイッチングハブの基礎知識!~通信速度とネットワーク帯域について~

皆さんこんにちは、かっぱ巻きにハマっている植月です。

 

本日は、最近よく質問を頂きますスイッチングハブ(GigaCore)についての基礎知識をご説明します°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

スイッチングハブとは?

LuminexのスイッチングハブであるGigaCoreシリーズは、『L2(レイヤー2)』の『マネジメント』『インテリジェントスイッチングハブ』となります。

L2(レイヤー2)とは、OSI参照モデルという機器間のデータのやり取りを階層に分けたものの、下から2層目のデータリンク層に分類される部分になります。

L2スイッチングハブは、他のネットワークへ繋ぐ役割は持ってません。あくまでも同一のネットワークでのやり取りをしています。

これらを簡単に言うと、設定変更できる、VLAN(グループ設定)やQoS(ネットワーク機器の伝送優先度の設定)の機能を持つスイッチングハブということです。

VLANの設定についてはこちらの記事をご参照下さい♪

スイッチングハブの性能によっては、sACNで使用するマルチキャストの機能がうまく働かないことなどありますので、スイッチングハブの選択はとても大事なのです。

 

通信速度と帯域幅について

通信速度は、10M/100M/1G(1000M)/10Gbpsと4段階あります。

bps・・・Bit Per Second の意味で、1秒間に何bitを伝送できるか表しています。

通信速度は、データを伝送する時の最大のスピ―ドとなります。

多くのスイッチングハブは、デバイスと接続した時オートネゴシエーション(自動)で適切な通信速度に設定され、データのやり取りをします。

この時、スイッチングハブと接続された機器が適切な通信速度で通信していないとデータのやりとりがうまくいかず、途切れたり繋がらなかったりします。

※おかしいなと思ったらケーブルが正しく奥まで刺さっているか、機器側の設定は問題無いか確認しましょう!※

 

また、ネットワーク帯域(伝送帯域)と通信速度は同じbpsの単位が使用されていますが、微妙に役割が違います!

ネットワーク帯域とは、道路の道幅のようなもので帯域が増えればその分送れるデータも増えるということになります。

 

車幅が狭いと、車が詰まってゆっくり走ってしまいます。

車幅が広いと、より多くの車がスムーズ走ることができます。

ネットワークの帯域は、伝送するために広く・通信速度が早いとより多くのデータが流せるようになります♪

 

LuminetMonitorでは、各ポートがどれくらいの帯域を使用しているかモニタリングできますよ♪

TXは送信、RXは受信という意味になります。

(画像では、LuminetMonitorから300uniほど出力しているときの帯域になります)

 

Araneoでは、トラフィックモニターとしてポート間のデータの通信量をモニタリングすることができます。

 

是非インストールしてみて下さいね☆

Luminexのソフトウェアのインストールはこちらから!

 

通信速度のトラブル

最近は、照明さんでも映像のシステムをネットワーク機器で使用される方が増えているのではないでしょうか?

そんな時、今一度使用しているスイッチングハブの仕様を確認してみてください!

スイッチングハブが、『10/100Mbps』までしか対応していないものだと、機器同士が通信しなかったり、通信が途切れたりして正常に映像が出ないことがあります。

照明のネットワーク機器だけだと、あまりネットワーク帯域を使用しないことも多いため、見落としがちになってしまいます・・・

映像のシステムでは、たくさんのネットワーク帯域を必要とすることもありますので、是非システムの見直しをしてみてくださいね☆

分からないことがあれば、いつでもご相談ください!

 

次回の記事では、スイッチングハブのグループ(VLAN)について前回の記事より更に詳しくお話したいとおもいます!

 

ではでは~~~☆☆☆

 

 

 

 

Araneo v1.4.0の新機能と注意点!

新年度となりましたが、気持ちはまだ正月な植月です。

 

ずいぶんご無沙汰な記事になってしまいました涙

さて、先日LuminexのGigaCore監視ソフトの『Araneo』の最新バージョン

v1.4.0

が発表されました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

【Araneo v1.4.0を使用する前の注意点】

Araneo v1.4.0はWindows10・MacOS X Mojave, Catalina or Big Sur以上で動作します。

それよりも前のOSをご使用のPCは、Araneo v1.4.0の動作環境に適していないため使用できません。

それよりも前のOSのPCでは、Araneo v1.3.0以前がご使用頂けますがLumiNodeの監視などは出来ないためご注意下さい。

それではv1.4.0で追加になった新機能を一部ご紹介します♪♪♪

インストールの方法はコチラから!

バージョンアップの方法はコチラから!

※v1.3.0をお使いの方はAraneoから直接アップデートが出来ない場合があります。お手数ですが、c:/program files/Araneo/updater.exeを手動で起動させてコンポーネントの更新をクリックしてください。

 

【AraneoでLumiNodeの監視】

GigaCoreに接続されているLumiNodeも、直感的に分かり易いインターフェイスでどこにどのデバイスが接続されているかが分かり易くなりました!

※旧タイプのEthernet-DMXシリーズはAraneoに対応していません※(5/27追記)

さらに、LumiNodeを選択すると下ウィンドウのSystemに

『Identify』『WebUI』『Reboot』『Reset』『Update Firmware』

がAraneoからワンクリックで行えます。

LuminetMonitorは、Art-Net・RDM監視モニターの役割もありますが

Nodeの設定を行いたい場合はAraneoだけでも充分です。

※LumiNode自体の設定はブラウザで行いますので、Araneoからは設定ブラウザを開くのみとなります※

 

何よりも、遠隔で『Reboot』出来るようになったのは個人的にはめちゃくちゃ待っていた機能です!

わざわざSUSを降ろしたり、LumiNodeの電源を抜いたりする必要はありません♪

ちなみに、GigaCoreが無くてもLumiNode単体をAraneoで監視などもできちゃいます!

 

【AraneoでLumiNodeのバージョンアップ】

さらにさらに、LumiNodeのバージョンをAraneo上の全てのLumiNodeを一度に上げることもできちゃいます!!!!!!

今までは一台一台ブラウザからしかバージョンを上げられませんでしたが、Araneoから全てのLumiNodeに対して出来るので非常に手間が省けます。

①Araneoの上にある「Firmware Update」をクリックします。

②Araneoからバージョンを上げるためには、事前にインターネットに接続してバージョンファイルをAraneoにダウンロードさせる必要があります!

(インターネットに接続せず、Araneoにファームウェアバージョンファイルを入れたい場合は別のブログ記事にてアップします!)

③上げたいバージョンの「Upgrade」をクリックします。

 

Comfirmationウィンドウが出て、Araneo上にあるLumiNodeの総数に対してバージョンを上げる確認があります。

良ければそのまま「Upgrade」をクリックします。

 

アップデートが始まると、進捗状況が一目で分かります♪

 

完了し、CloseをクリックするとLumiNodeのバージョンが変更されていることがわかります♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

Araneo v1.4.0では、さらに細かな修正や、インターフェイスの使いやすさが増えました。

LumiNodeをご使用頂いているお客様は是非Araneo v1.4.0を試してみて下さいね!

 

ではでは~~☆☆

ProLight & ProVisual 2022へご来場ありがとうございました!

マスクの時にメガネが曇らないかけ方を探求する佐藤です。こんにちは。

先日東京ビッグサイトで開催されたProLight & ProVisual 2022ではウシオライティングブースへ足をお運び頂き誠にありがとうございましたm(_ _)m お久しぶりです!の方が多くて直接お話できる機会は改めて大事ってことをひしひしと感じております。

さらにLuminex初級編セミナーも大盛況!2日目はご参加頂けない方も出てしまい申し訳ございませんでした。

YouTubeにも昨年配信したネットワークセミナーのアーカイブがございますので、こちらもぜひ御覧ください。

会場で聞きそびれてしまったことや、行けなかったけど気になる機材がありましたらブログコメント、Twitter、Facebook、Instagramでお気軽にコメントくださいね。

それではまた次回の展示会で!( ー`дー´)

Art-Netについて!

皆さんこんにちは、実家の猫が5歳になりました植月です。

遅くなりましたが、8/18・8/25・9/1の照明ネットワークセミナーにご参加・ご視聴頂いた皆様ありがとうございました!!!

私が思っていたよりも多くの方にYouTubeのアーカイブを見て頂いたり、セミナー見ましたとのお声を頂き大変嬉しく思います。

それほど、ネットワークを使いたい、勉強したいと思っている方が多いことを実感致しました。

これからも皆様のお役に立てるようサポートして参りますので、宜しくお願い致します!

セミナーをご覧になりたい方はこちらから!

 

 

さて前回の記事からかなり空いてしまいましたが、今回は【Art-Net】についてです。

セミナーでもお話しましたが、ブログでもまとめさせて頂きます☆☆☆

 

【Art-Netとは?】

◎Artistic Licence社が開発した、照明イーサネットプロトコル

◎DMX512をイーサネットで使用できるようにしたプロトコルで、ロイヤリティフリー のため多くのメーカーで採用されている

◎バージョンがArt-NetⅠ~Art-Net4まであり、メーカーや機器によっては様々だがLuminexのDMXノードの最新バージョンはArt-Net4に準拠

◎ユニバースの番号は「0」から始まる

◎基本的なルールとして、Art-Netを使用する場合DMXノードやコンソールのIPアドレスは「2.X.X.X」まはた「10.X.X.X」になる。

◎ブロードキャスト通信またはユニキャスト通信で行われる

 

【Art-Netのバージョンの遍歴】

 

Art-NetⅠ(2000年に発表)

  • 最大で256ユニバース使用可能。
  • 当初はブロードキャストのみで、チャンネル数が多くなるにつれて使用するユニバース数が増え、負荷がかかることからトラブルが多かった。

Art-NetⅡ(2006年に発表)

  • 最大で256ユニバース使用可能。
  • ArtNet1のブロードキャストのデメリットを改善するため、ユニキャストを追加。

Art-NetⅢ(2011年に発表)

  • 従来の256ユニバースに128個のネットを追加し、最大で32,768ユニバース使用可能。
  • ビデオやデジタルサイネージと一緒に照明を同期させたいときにArtSyncという機能が使用可能に。

Art-Net4(2017年に発表)

  • 最大で32,768ユニバース使用可能。
  • Luminexの場合、sACNを使用している時でもRDM通信が可能。

 

【Art-Netのユニバース】

ユニバースとは、DMX512=1系統分につけられる番号です。

1系統目=ユニバース 0

2系統目=ユニバース 1…

このユニバース番号によって、DMX512の系統を区別しています。

Art-Netのユニバースは、「SubNet」「Universe」「Net」の3つの数字から成り立っています。

「Universe」とは、DMX512のユニバース1系統が、0~15までの数字で表される。

「SubNet」とは、16個の連続するユニバースのグループ。

「Net」とは、SubNetとUniverseが128個あるグループ。

この「Net:SubNet:Universe」の数字の組み合わせでユニバース番号を表している。

例①:ユニバース17 →0:1:1

例②:ユニバース130  →0:8:2

少々めんどくさいですが、Luminexのノードは10進数の数字を入れるだけなのでこのような組み合わせでユニバース番号を入力する必要はありません。

また、LuminexのDMXノードはユニバースが「0」から始まります

使用するコンソールによっては、1つ数字がずれることがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

照明のネットワークを使用している方の多くがArt-Netを使用されているのではないでしょうか?

色々と用語が出てきますが、初心者の方でも簡単に使えるのがArt-Netかと思います。

そんなに難しくは無いので、気軽にネットワークを使用してみてくださいね~~!

 

ではでは~~☆☆

 

コントロールチャンネルの設定方法

皆さんこんにちは、前歯が知覚過敏の植月です。

前回の「知ると便利!コントロールチャンネルについて」の機能紹介で、
そんな機能もあるんだ~~と知った人もいらっしゃるかと思います!

今回は、実際の使い方や設定方法について説明していきます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

【LumiNodeの場合】

コントロールチャンネルを使用した時、以下の表のDMXレベルで動作が変わります!コントロールチャンネルに設定するチャンネルを、1~512chの内一つ選択します。

〇LumiNodeのコントロールチャンネルオプション

 

例:4つの操作卓からの信号を都度切り替えて使用したい

  • 入力ソース×4に、それぞれの操作卓のプロトコルとIPアドレスを設定
  • コントロールチャンネルコントロールソースを設定
    (例:Art-Net 0ユニバース(IP指定なし) 512chを使用 )

これで、Art-Net 0ユニバース 512chの信号のレベルにより4つの入力ソースを切り替えられます。

ソース①の信号にしたいときは、512chのレベルを「8(3%)」に、
ソース③にしたいときは、レベルを「32(13%)」に変化させると切り替わります!

 

【Ethrenet-DMXの場合】

トリガーチャンネルを使用した時、以下の表のDMXレベルで動作が変わります!

〇Ethernet-DMXのトリガーチャンネルレベル

 

例:2つの操作卓からの信号を切り替えて出力したい場合

  • カスタム設定画面より、IPソース1とIPソース2にそれぞれIPとプロトコルを設定
  • トリガーチャンネルに使用するDMXchを設定し、「デフォルトトリガーセット」をクリック→ウィンドウ上部の変更をクリックし設定を保存
    ※トリガーチャンネルを使用する場合はモードを設定しなくてもOK

  • グローバル設定より、デバイスセッティング「トリガーの有効」を「DMX」に変更。(デフォルトはDisabledになっている)
  • トリガーとして使用するユニバースとプロトコルを設定し、変更をクリック。(例:Art-Net 0ユニバース(IP指定なし) 512chを使用 )

これで、Art-Net 0ユニバース 512chの信号のレベルにより2つの入力ソースを切り替えられます。

IPソース①の信号を出力したいときは、512chのレベルを「32(13%)」
IPソース②の信号を出力したいときは、512chのレベルを「40(16%)」に変化させると切り替わります!

 

コントロールソースのIPアドレスを指定しないと、どの卓からの信号でも受けられるので専用の卓を作らなくても大丈夫です!
(もちろん、切り替え専用の卓としてIPアドレスを指定できますよ!)

音楽フェスや、長時間の公演などでオペレーターが入れ替わる時に卓を切り替えられると、とても便利ですよね°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

Luminexのノードは変換の機能以外も充実していますので、気になった方は是非お問合せ下さい!!

ではでは~~☆☆