1. 2019年8月 (2)年
  2. 2019年7月 (1)年
  3. 2019年6月 (2)年
  4. 2019年5月 (2)年
  5. 2019年4月 (2)年
  6. 2019年3月 (2)年
  7. 2019年2月 (1)年
  8. 2019年1月 (2)年
  9. 2018年12月 (1)年
  10. 2018年11月 (1)年
  11. 2018年10月 (3)年
  12. 2018年8月 (3)年
  13. 2018年7月 (4)年
  14. 2018年5月 (2)年
  15. 2018年4月 (1)年
  16. 2018年3月 (3)年
  17. 2018年2月 (4)年
  18. 2017年11月 (1)年
  19. 2017年10月 (6)年
  20. 2017年8月 (1)年
  21. 2017年6月 (4)年
  22. 2017年5月 (4)年
  23. 2017年4月 (2)年
  24. 2017年3月 (4)年
  25. 2017年2月 (1)年
  26. 2016年12月 (1)年
  27. 2016年11月 (1)年
  28. 2016年10月 (1)年
  29. 2016年8月 (4)年
  30. 2016年6月 (1)年
  31. 2016年4月 (1)年
  32. 2016年3月 (4)年
  33. 2015年11月 (2)年
  34. 2015年10月 (1)年
  35. 2015年9月 (2)年
  36. 2015年8月 (4)年
  37. 2015年6月 (1)年
  38. 2015年5月 (1)年
  39. 2015年4月 (3)年
  40. 2015年3月 (1)年
  41. 2015年2月 (2)年
  42. 2015年1月 (1)年
  43. 2014年11月 (1)年
  44. 2014年10月 (2)年
  45. 2014年9月 (2)年
  46. 2014年8月 (2)年
  47. 2014年7月 (2)年
  48. 2014年5月 (1)年
  49. 2014年4月 (1)年
  50. 2013年12月 (2)年
  51. 2013年11月 (1)年
  52. 2013年10月 (2)年
  53. 2013年9月 (1)年
  54. 2013年8月 (1)年
  55. 2013年7月 (1)年
  56. 2013年6月 (1)年
  57. 2013年3月 (2)年
  58. 2013年2月 (3)年
  59. 2013年1月 (1)年
  60. 2012年12月 (2)年
  61. 2012年11月 (1)年
  62. 2012年10月 (3)年
  63. 2012年7月 (1)年
  64. 2012年6月 (1)年
  65. 2012年5月 (1)年
  66. 2012年4月 (1)年
  67. 2012年2月 (2)年
  68. 2012年1月 (1)年
  69. 2011年12月 (2)年
  70. 2011年11月 (1)年
  71. 2011年10月 (1)年
  72. 2011年9月 (1)年
  73. 2011年8月 (1)年
  74. 2011年3月 (3)年
  75. 2011年2月 (2)年
  76. 2010年12月 (3)年
  77. 2010年11月 (1)年
  78. 2010年10月 (1)年
  79. 2010年9月 (1)年
  80. 2010年8月 (1)年
  81. 2010年7月 (1)年
  82. 2010年5月 (3)年
  83. 2010年3月 (2)年
  84. 2010年2月 (1)年
  85. 2010年1月 (1)年
  86. 2009年12月 (3)年
  87. 2009年11月 (2)年
  88. 2009年7月 (1)年
  89. 2009年6月 (1)年
  90. 2009年5月 (1)年
  91. 2009年3月 (2)年
  92. 2009年2月 (1)年
  93. 2008年12月 (2)年
  94. 2008年11月 (1)年
  95. 2008年9月 (2)年
  96. 2008年8月 (1)年
  97. 2008年4月 (1)年
  98. 2008年3月 (1)年
  99. 2008年1月 (1)年
  100. 2007年12月 (2)年
  101. 2007年8月 (1)年
  102. 2007年7月 (5)年
  103. 2007年6月 (1)年
  104. 2007年5月 (1)年
  105. 2006年7月 (1)年
  106. 2006年6月 (5)年
  107. 2006年5月 (3)年
  108. 2006年2月 (1)年
  109. 2005年6月 (1)年
  110. 2005年1月 (1)年
  111. 2004年10月 (1)年
  112. 2004年7月 (1)年
  113. 2004年6月 (1)年
  114. 2004年5月 (1)年
  115. 2004年4月 (1)年
  116. 2004年3月 (4)年
  117. 2003年5月 (1)年
  118. 2003年2月 (3)年
  119. 2003年1月 (2)年
  120. 2002年8月 (2)年
  121. 2002年5月 (1)年
  122. 2002年1月 (2)年
  123. 2001年8月 (2)年
  124. 2001年7月 (1)年
  125. 2001年3月 (1)年
  126. 2000年12月 (1)年
  127. 2019 (14)年年
  128. 2018 (22)年年
  129. 2017 (23)年年
  130. 2016 (13)年年
  131. 2015 (18)年年
  132. 2014 (11)年年
  133. 2013 (15)年年
  134. 2012 (13)年年
  135. 2011 (11)年年
  136. 2010 (15)年年
  137. 2009 (11)年年
  138. 2008 (9)年年
  139. 2007 (10)年年
  140. 2006 (10)年年
  141. 2005 (2)年年
  142. 2004 (9)年年
  143. 2003 (6)年年
  144. 2002 (5)年年
  145. 2001 (4)年年
  146. 2000 (1)年年

新耐熱封止技術を発表

ウシオライティングでは、ランプ点灯時に封止部の高温度化による破損を防ぐ、新しい耐熱封止技術を開発しました。この技術は、封止部温度摂氏500℃付近での耐熱性を実現しており、ハロゲンランプ、メタルハライドランプを問わず応用が可能です。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

安定器内蔵形セラミックメタルハライドランプ発表

高演色性、省電力で定評のあるUCM20Wと、新たに開発したコンパクト電源を一体化させた、電源一体型セラミックメタルハライドランプ「U-ONE」を発表。世界で初めて量産化します。

従来のメタルハライドランプと違い、設置時の電源工事が不要で、大変手軽に扱えます。また、非常に熱が少ない上、わずか20Wながら16000cdを実現。コンパクト・軽量ボディの採用で、従来の器具にも使用可能です。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

新型JR「スーパーラインIR」発売

赤外線反射膜コーティングを施した楕円形バルブ採用の新型ミラー付ハロゲン「スーパーラインIR」が登場。

コーティング楕円バルブの採用によって、放射された赤外線を効果的にフィラメントに戻し、最大約30%もの効率化を実現。従来品60Wと同等の全光束を50Wで達成しました。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

世界最小スクリューベースセラミックメタルハライドランプ発売

UCMシリーズにスクリューベースを採用した新型セラミックメタルハライドランプが発売されます。

このランプの特長は、UCM専用ベース(E11型)を採用していることです。放電灯は、点灯時の初期電圧が非常に高く、ハロゲンランプに使用される通常のスクリューベースでは点灯させることができませんでした。

しかし、専用ベースとソケットの開発によってこれらの問題をクリア。より安全でコンパクトなUCMの開発に成功しました。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

関西IT戦略会議が選ぶ「関西IT活用企業百撰」において優秀賞受賞

在阪経済5団体が母体となって設立された「関西IT戦略会議」(議長:秋山関西経済連合会会長)が推進する『関西IT活用企業百撰』という企画において、優秀賞を受賞しました。

Continue reading

カテゴリー: 媒体情報

環境マネジメントシステム(ISO14001)を認証取得

ウシオライティングは、「環境マネジメントシステム(ISO14001)」を認証取得いたしました。

環境との調和を図ることで、社会的責任を果たす企業を目指し、エネルギーの有効利用、素材の厳選、廃棄物の削減、リサイクルなどをはじめ、積極的に取り組んでいます。

カテゴリー: 重要なお知らせ

ページトップ