1. 2019年8月 (1)年
  2. 2019年7月 (1)年
  3. 2019年6月 (2)年
  4. 2019年5月 (2)年
  5. 2019年4月 (2)年
  6. 2019年3月 (2)年
  7. 2019年2月 (1)年
  8. 2019年1月 (2)年
  9. 2018年12月 (1)年
  10. 2018年11月 (1)年
  11. 2018年10月 (3)年
  12. 2018年8月 (3)年
  13. 2018年7月 (4)年
  14. 2018年5月 (2)年
  15. 2018年4月 (1)年
  16. 2018年3月 (3)年
  17. 2018年2月 (4)年
  18. 2017年11月 (1)年
  19. 2017年10月 (6)年
  20. 2017年8月 (1)年
  21. 2017年6月 (4)年
  22. 2017年5月 (4)年
  23. 2017年4月 (2)年
  24. 2017年3月 (4)年
  25. 2017年2月 (1)年
  26. 2016年12月 (1)年
  27. 2016年11月 (1)年
  28. 2016年10月 (1)年
  29. 2016年8月 (4)年
  30. 2016年6月 (1)年
  31. 2016年4月 (1)年
  32. 2016年3月 (4)年
  33. 2015年11月 (2)年
  34. 2015年10月 (1)年
  35. 2015年9月 (2)年
  36. 2015年8月 (4)年
  37. 2015年6月 (1)年
  38. 2015年5月 (1)年
  39. 2015年4月 (3)年
  40. 2015年3月 (1)年
  41. 2015年2月 (2)年
  42. 2015年1月 (1)年
  43. 2014年11月 (1)年
  44. 2014年10月 (2)年
  45. 2014年9月 (2)年
  46. 2014年8月 (2)年
  47. 2014年7月 (2)年
  48. 2014年5月 (1)年
  49. 2014年4月 (1)年
  50. 2013年12月 (2)年
  51. 2013年11月 (1)年
  52. 2013年10月 (2)年
  53. 2013年9月 (1)年
  54. 2013年8月 (1)年
  55. 2013年7月 (1)年
  56. 2013年6月 (1)年
  57. 2013年3月 (2)年
  58. 2013年2月 (3)年
  59. 2013年1月 (1)年
  60. 2012年12月 (2)年
  61. 2012年11月 (1)年
  62. 2012年10月 (3)年
  63. 2012年7月 (1)年
  64. 2012年6月 (1)年
  65. 2012年5月 (1)年
  66. 2012年4月 (1)年
  67. 2012年2月 (2)年
  68. 2012年1月 (1)年
  69. 2011年12月 (2)年
  70. 2011年11月 (1)年
  71. 2011年10月 (1)年
  72. 2011年9月 (1)年
  73. 2011年8月 (1)年
  74. 2011年3月 (3)年
  75. 2011年2月 (2)年
  76. 2010年12月 (3)年
  77. 2010年11月 (1)年
  78. 2010年10月 (1)年
  79. 2010年9月 (1)年
  80. 2010年8月 (1)年
  81. 2010年7月 (1)年
  82. 2010年5月 (3)年
  83. 2010年3月 (2)年
  84. 2010年2月 (1)年
  85. 2010年1月 (1)年
  86. 2009年12月 (3)年
  87. 2009年11月 (2)年
  88. 2009年7月 (1)年
  89. 2009年6月 (1)年
  90. 2009年5月 (1)年
  91. 2009年3月 (2)年
  92. 2009年2月 (1)年
  93. 2008年12月 (2)年
  94. 2008年11月 (1)年
  95. 2008年9月 (2)年
  96. 2008年8月 (1)年
  97. 2008年4月 (1)年
  98. 2008年3月 (1)年
  99. 2008年1月 (1)年
  100. 2007年12月 (2)年
  101. 2007年8月 (1)年
  102. 2007年7月 (5)年
  103. 2007年6月 (1)年
  104. 2007年5月 (1)年
  105. 2006年7月 (1)年
  106. 2006年6月 (5)年
  107. 2006年5月 (3)年
  108. 2006年2月 (1)年
  109. 2005年6月 (1)年
  110. 2005年1月 (1)年
  111. 2004年10月 (1)年
  112. 2004年7月 (1)年
  113. 2004年6月 (1)年
  114. 2004年5月 (1)年
  115. 2004年4月 (1)年
  116. 2004年3月 (4)年
  117. 2003年5月 (1)年
  118. 2003年2月 (3)年
  119. 2003年1月 (2)年
  120. 2002年8月 (2)年
  121. 2002年5月 (1)年
  122. 2002年1月 (2)年
  123. 2001年8月 (2)年
  124. 2001年7月 (1)年
  125. 2001年3月 (1)年
  126. 2000年12月 (1)年
  127. 2019 (13)年年
  128. 2018 (22)年年
  129. 2017 (23)年年
  130. 2016 (13)年年
  131. 2015 (18)年年
  132. 2014 (11)年年
  133. 2013 (15)年年
  134. 2012 (13)年年
  135. 2011 (11)年年
  136. 2010 (15)年年
  137. 2009 (11)年年
  138. 2008 (9)年年
  139. 2007 (10)年年
  140. 2006 (10)年年
  141. 2005 (2)年年
  142. 2004 (9)年年
  143. 2003 (6)年年
  144. 2002 (5)年年
  145. 2001 (4)年年
  146. 2000 (1)年年

ワールドライティングフェア2006出展

6月15日(木)~17日(土)、パシフィコ横浜で開催された「ワールド・ライティング・フェア2006」に出展いたしました。

「ワールド・ライティング・フェア」は、舞台、テレビ、映画、テーマパーク、イベント、建築、店舗などあらゆる分野で用いられる 最新照明機器、技術、情報を網羅した総合展示会で、国内外の主だった企業が参集し、1986年以来、2年に一度、開催されます。

Continue reading

カテゴリー: 出展・イベント

新型 JRΦ70 12V仕様スーパーラインシリーズ/スーパーラインIR(高効率タイプ)を発表

ウシオライティングは、商業施設用光源として新型 「JRΦ70 12V仕様 スーパーラインシリーズ/スーパーラインIR(高効率タイプ)」 を発表しました。

近年、建物の高天井化によるハロゲンランプの光度アップ、照明のコストパフォーマンスの改善、さらなる省エネルギー化などが、 市場から求められています。

ウシオライティングは、独自の光学設計、ミラー・バルブ開発技術により光のムダな拡散をできる限り抑え、光の利用効率を最大限 に高めることで、省エネ、光度アップを実現しました。特に、本製品は、当社HIDランプ(セラミックメタルハライドランプ35Wタイプ*) と比較し、演色性、光束維持率といった光の質、コストパフォーマンスなどの面で優れています。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

新型 JRΦ70 12V仕様スーパーラインシリーズ/スーパーライン(省電力タイプ)を発表

ウシオライティングは、商業施設用光源として新型 「JRΦ70 12V仕様 スーパーラインシリーズ/スーパーライン(省電力タイプ)」 を発表しました。

近年、省エネへの取り組みは、製品開発において極めて重要な要素の1つであり、最近では特にハロゲンランプに対する省エネが、 市場から求められています。

ウシオライティングは、独自の光学設計、ミラー開発技術により、光のムダな拡散を可能な限り抑え、光の利用効率を最大限に高める ことで、本製品の省エネを実現、市場からの要望に応えます。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

新型「Studio Command 1200」、「Studio Command H」を発表

ウシオライティングは、日本総代理店として販売を行っているHigh End Systems, Inc.(ハイエンドシステムズ、本社:米国テキサス州オースチン、社長 フランク・ゴードン)の新製品である「Studio Command 1200(スタジオコマンド 1200)」、「Studio Command H(スタジオコマンド H)」を、2006年6月15日から販売開始します。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

新型「UCMR 35W PAR20」を発表

ウシオライティングは、商業施設用光源として新型「UCMR 35W PAR20」を発表しました。

近年、建物の高天井化が進むにつれ、強力かつ演出効果の高い光、さらなる省エネルギーを実現する光が、市場から求められています。
ウシオライティングは、独自の光学設計、バルブ開発技術により光の質、効率を向上させることで、35Wながら高い演色性を実現しました。

また、UVカットガラスの採用により、一般のガラスと比べてUVの照射量を大幅にカット(当社調査)、商品の変色、退色によるダメージを抑えます。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

ページトップ