1. 2019年6月 (2)年
  2. 2019年5月 (2)年
  3. 2019年4月 (2)年
  4. 2019年3月 (2)年
  5. 2019年2月 (1)年
  6. 2019年1月 (2)年
  7. 2018年12月 (1)年
  8. 2018年11月 (1)年
  9. 2018年10月 (3)年
  10. 2018年8月 (3)年
  11. 2018年7月 (4)年
  12. 2018年5月 (2)年
  13. 2018年4月 (1)年
  14. 2018年3月 (3)年
  15. 2018年2月 (4)年
  16. 2017年11月 (1)年
  17. 2017年10月 (6)年
  18. 2017年8月 (1)年
  19. 2017年6月 (4)年
  20. 2017年5月 (4)年
  21. 2017年4月 (2)年
  22. 2017年3月 (4)年
  23. 2017年2月 (1)年
  24. 2016年12月 (1)年
  25. 2016年11月 (1)年
  26. 2016年10月 (1)年
  27. 2016年8月 (4)年
  28. 2016年6月 (1)年
  29. 2016年4月 (1)年
  30. 2016年3月 (4)年
  31. 2015年11月 (2)年
  32. 2015年10月 (1)年
  33. 2015年9月 (2)年
  34. 2015年8月 (4)年
  35. 2015年6月 (1)年
  36. 2015年5月 (1)年
  37. 2015年4月 (3)年
  38. 2015年3月 (1)年
  39. 2015年2月 (2)年
  40. 2015年1月 (1)年
  41. 2014年11月 (1)年
  42. 2014年10月 (2)年
  43. 2014年9月 (2)年
  44. 2014年8月 (2)年
  45. 2014年7月 (2)年
  46. 2014年5月 (1)年
  47. 2014年4月 (1)年
  48. 2013年12月 (2)年
  49. 2013年11月 (1)年
  50. 2013年10月 (2)年
  51. 2013年9月 (1)年
  52. 2013年8月 (1)年
  53. 2013年7月 (1)年
  54. 2013年6月 (1)年
  55. 2013年3月 (2)年
  56. 2013年2月 (3)年
  57. 2013年1月 (1)年
  58. 2012年12月 (2)年
  59. 2012年11月 (1)年
  60. 2012年10月 (3)年
  61. 2012年7月 (1)年
  62. 2012年6月 (1)年
  63. 2012年5月 (1)年
  64. 2012年4月 (1)年
  65. 2012年2月 (2)年
  66. 2012年1月 (1)年
  67. 2011年12月 (2)年
  68. 2011年11月 (1)年
  69. 2011年10月 (1)年
  70. 2011年9月 (1)年
  71. 2011年8月 (1)年
  72. 2011年3月 (3)年
  73. 2011年2月 (2)年
  74. 2010年12月 (3)年
  75. 2010年11月 (1)年
  76. 2010年10月 (1)年
  77. 2010年9月 (1)年
  78. 2010年8月 (1)年
  79. 2010年7月 (1)年
  80. 2010年5月 (3)年
  81. 2010年3月 (2)年
  82. 2010年2月 (1)年
  83. 2010年1月 (1)年
  84. 2009年12月 (3)年
  85. 2009年11月 (2)年
  86. 2009年7月 (1)年
  87. 2009年6月 (1)年
  88. 2009年5月 (1)年
  89. 2009年3月 (2)年
  90. 2009年2月 (1)年
  91. 2008年12月 (2)年
  92. 2008年11月 (1)年
  93. 2008年9月 (2)年
  94. 2008年8月 (1)年
  95. 2008年4月 (1)年
  96. 2008年3月 (1)年
  97. 2008年1月 (1)年
  98. 2007年12月 (2)年
  99. 2007年8月 (1)年
  100. 2007年7月 (5)年
  101. 2007年6月 (1)年
  102. 2007年5月 (1)年
  103. 2006年7月 (1)年
  104. 2006年6月 (5)年
  105. 2006年5月 (3)年
  106. 2006年2月 (1)年
  107. 2005年6月 (1)年
  108. 2005年1月 (1)年
  109. 2004年10月 (1)年
  110. 2004年7月 (1)年
  111. 2004年6月 (1)年
  112. 2004年5月 (1)年
  113. 2004年4月 (1)年
  114. 2004年3月 (4)年
  115. 2003年5月 (1)年
  116. 2003年2月 (3)年
  117. 2003年1月 (2)年
  118. 2002年8月 (2)年
  119. 2002年5月 (1)年
  120. 2002年1月 (2)年
  121. 2001年8月 (2)年
  122. 2001年7月 (1)年
  123. 2001年3月 (1)年
  124. 2000年12月 (1)年
  125. 2019 (11)年年
  126. 2018 (22)年年
  127. 2017 (23)年年
  128. 2016 (13)年年
  129. 2015 (18)年年
  130. 2014 (11)年年
  131. 2013 (15)年年
  132. 2012 (13)年年
  133. 2011 (11)年年
  134. 2010 (15)年年
  135. 2009 (11)年年
  136. 2008 (9)年年
  137. 2007 (10)年年
  138. 2006 (10)年年
  139. 2005 (2)年年
  140. 2004 (9)年年
  141. 2003 (6)年年
  142. 2002 (5)年年
  143. 2001 (4)年年
  144. 2000 (1)年年

水銀フリー*希ガス蛍光ランプ 新型 XEFL(ゼフル)を発表

希ガス蛍光ランプXEFL 灯具付
希ガス蛍光ランプXEFL
 ウシオライティング株式会社は、産業・商業用、および演出用光源である、水銀フリー希ガス蛍光ランプ 新型 「XEFL (ゼフル)」を発表、12月よりサンプル出荷を開始します。

 この製品は、当社の重要テーマとしてあげている「光と環境の調和」、「光の質」にこだわった研究開発、および最新の技術を投入し、完成させたもので、「XEFL」とは、Xe Fluorescent Lamp(クセノン(希ガス)蛍光ランプ)を意味します。このランプは、水銀フリー、外部電極構造という特長により、光の質を高めただけでなく、長寿命、優れた演出性を実現、省エネや、環境のことを充分考えた製品になっています。

 近年、特に地球環境問題や有害物質(特に水銀などの有害重金属)に対する意識の高まりから、ランプの長寿命化・性能の向上、有害物質の不使用・使用削減、さらなる省エネルギー化などが、市場から求められています。

ウシオグループの中核企業であり、光の専門メーカーであるウシオライティングは、ウシオ独自の「光」研究・開発技術、光学設計技術などをベースに、独自の電極構造、発光管製造・クセノンガス封入技術を駆使することで、水銀フリー*の希ガス蛍光ランプを誕生させました。

*:
フリーは「不使用」を意味します。製品には水銀を使用していません。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

新型ダイクロハロゲン 「ダイクロハロゲン ADVANCE(アドバンス)」シリーズ JDRΦ50を発表

ウシオライティング株式会社は、一般照明・商業施設用光源として新型ダイクロハロゲン 「ダイクロハロゲン ADVANCE(アドバンス)」シリーズ JDRΦ50を発表、12月1日(土)から販売を開始します。

Continue reading

カテゴリー: ニュースリリース

ページトップ