1. 2019年10月 (4)年
  2. 2019年8月 (2)年
  3. 2019年7月 (1)年
  4. 2019年6月 (2)年
  5. 2019年5月 (2)年
  6. 2019年4月 (2)年
  7. 2019年3月 (2)年
  8. 2019年2月 (1)年
  9. 2019年1月 (2)年
  10. 2018年12月 (1)年
  11. 2018年11月 (1)年
  12. 2018年10月 (3)年
  13. 2018年8月 (3)年
  14. 2018年7月 (4)年
  15. 2018年5月 (2)年
  16. 2018年4月 (1)年
  17. 2018年3月 (3)年
  18. 2018年2月 (4)年
  19. 2017年11月 (1)年
  20. 2017年10月 (6)年
  21. 2017年8月 (1)年
  22. 2017年6月 (4)年
  23. 2017年5月 (4)年
  24. 2017年4月 (2)年
  25. 2017年3月 (4)年
  26. 2017年2月 (1)年
  27. 2016年12月 (1)年
  28. 2016年11月 (1)年
  29. 2016年10月 (1)年
  30. 2016年8月 (4)年
  31. 2016年6月 (1)年
  32. 2016年4月 (1)年
  33. 2016年3月 (4)年
  34. 2015年11月 (2)年
  35. 2015年10月 (1)年
  36. 2015年9月 (2)年
  37. 2015年8月 (4)年
  38. 2015年6月 (1)年
  39. 2015年5月 (1)年
  40. 2015年4月 (3)年
  41. 2015年3月 (1)年
  42. 2015年2月 (2)年
  43. 2015年1月 (1)年
  44. 2014年11月 (1)年
  45. 2014年10月 (2)年
  46. 2014年9月 (2)年
  47. 2014年8月 (2)年
  48. 2014年7月 (2)年
  49. 2014年5月 (1)年
  50. 2014年4月 (1)年
  51. 2013年12月 (2)年
  52. 2013年11月 (1)年
  53. 2013年10月 (2)年
  54. 2013年9月 (1)年
  55. 2013年8月 (1)年
  56. 2013年7月 (1)年
  57. 2013年6月 (1)年
  58. 2013年3月 (2)年
  59. 2013年2月 (3)年
  60. 2013年1月 (1)年
  61. 2012年12月 (2)年
  62. 2012年11月 (1)年
  63. 2012年10月 (3)年
  64. 2012年7月 (1)年
  65. 2012年6月 (1)年
  66. 2012年5月 (1)年
  67. 2012年4月 (1)年
  68. 2012年2月 (2)年
  69. 2012年1月 (1)年
  70. 2011年12月 (2)年
  71. 2011年11月 (1)年
  72. 2011年10月 (1)年
  73. 2011年9月 (1)年
  74. 2011年8月 (1)年
  75. 2011年3月 (3)年
  76. 2011年2月 (2)年
  77. 2010年12月 (3)年
  78. 2010年11月 (1)年
  79. 2010年10月 (1)年
  80. 2010年9月 (1)年
  81. 2010年8月 (1)年
  82. 2010年7月 (1)年
  83. 2010年5月 (3)年
  84. 2010年3月 (2)年
  85. 2010年2月 (1)年
  86. 2010年1月 (1)年
  87. 2009年12月 (3)年
  88. 2009年11月 (2)年
  89. 2009年7月 (1)年
  90. 2009年6月 (1)年
  91. 2009年5月 (1)年
  92. 2009年3月 (2)年
  93. 2009年2月 (1)年
  94. 2008年12月 (2)年
  95. 2008年11月 (1)年
  96. 2008年9月 (2)年
  97. 2008年8月 (1)年
  98. 2008年4月 (1)年
  99. 2008年3月 (1)年
  100. 2008年1月 (1)年
  101. 2007年12月 (2)年
  102. 2007年8月 (1)年
  103. 2007年7月 (5)年
  104. 2007年6月 (1)年
  105. 2007年5月 (1)年
  106. 2006年7月 (1)年
  107. 2006年6月 (5)年
  108. 2006年5月 (3)年
  109. 2006年2月 (1)年
  110. 2005年6月 (1)年
  111. 2005年1月 (1)年
  112. 2004年10月 (1)年
  113. 2004年7月 (1)年
  114. 2004年6月 (1)年
  115. 2004年5月 (1)年
  116. 2004年4月 (1)年
  117. 2004年3月 (4)年
  118. 2003年5月 (1)年
  119. 2003年2月 (3)年
  120. 2003年1月 (2)年
  121. 2002年8月 (2)年
  122. 2002年5月 (1)年
  123. 2002年1月 (2)年
  124. 2001年8月 (2)年
  125. 2001年7月 (1)年
  126. 2001年3月 (1)年
  127. 2000年12月 (1)年
  128. 2019 (18)年年
  129. 2018 (22)年年
  130. 2017 (23)年年
  131. 2016 (13)年年
  132. 2015 (18)年年
  133. 2014 (11)年年
  134. 2013 (15)年年
  135. 2012 (13)年年
  136. 2011 (11)年年
  137. 2010 (15)年年
  138. 2009 (11)年年
  139. 2008 (9)年年
  140. 2007 (10)年年
  141. 2006 (10)年年
  142. 2005 (2)年年
  143. 2004 (9)年年
  144. 2003 (6)年年
  145. 2002 (5)年年
  146. 2001 (4)年年
  147. 2000 (1)年年

希ガス蛍光ランプ 「XEFL(ゼフル)」がJAPAN SHOP SYSTEM AWARDS 2008 に入賞、奨励賞を受賞

希ガス蛍光ランプXEFL
希ガス蛍光ランプXEFL 灯具付

JAPAN SHOP SYSTEM AWARDS 2008において、産業・商業用、および演出用光源である、水銀フリー 希ガス蛍光ランプ 「XEFL (ゼフル)」が、奨励賞を受賞しました。
JAPAN SHOP SYSTEM AWARDSは、(財) 店舗システム協会による、「小売業を通じて社会に役立つテクノロジーやソリューション」への表彰制度で、「生活者(使い手)-小売業(売り手・助けて)-製造業(つくり手)がよりよいコミュニケーションでむすばれる快適な生活/経済/社会を目指す」ことを理念に、、同協会が情報収集により選出した1,634件の中から1次選考、2次選考、最終審査を経て35件が入賞、その中から22件が奨励賞を受賞しました。

XEFLは、当社の重要テーマとしてあげている「光と環境の調和」、「光の質」にこだわった研究開発による技術、最新の技術を投入し、完成させたもので、「XEFL」とは、Xe Fluorescent Lamp(クセノン(希ガス)蛍光ランプ)を意味します。

水銀フリー、外部電極構造という特長により、光の質を高めただけでなく、長寿命、優れた演出性を実現、省エネや、環境のことを充分考えた製品で、近年、特に地球環境問題や有害物質に対する意識の高まりから、社会の要請、時代のニーズにマッチする「水銀フリー」が高く評価されるとともに、長寿命、故障要因の軽減といった点が、環境問題や省エネに貢献するものとして表彰を受けることになりました。

Continue reading

カテゴリー: 媒体情報

ページトップ