1. 2017年11月 (1)年
  2. 2017年10月 (6)年
  3. 2017年8月 (1)年
  4. 2017年6月 (4)年
  5. 2017年5月 (4)年
  6. 2017年4月 (2)年
  7. 2017年3月 (5)年
  8. 2017年2月 (1)年
  9. 2016年12月 (1)年
  10. 2016年11月 (2)年
  11. 2016年10月 (1)年
  12. 2016年8月 (4)年
  13. 2016年6月 (1)年
  14. 2016年4月 (1)年
  15. 2016年3月 (4)年
  16. 2015年11月 (2)年
  17. 2015年10月 (1)年
  18. 2015年9月 (2)年
  19. 2015年8月 (4)年
  20. 2015年6月 (1)年
  21. 2015年5月 (1)年
  22. 2015年4月 (3)年
  23. 2015年3月 (1)年
  24. 2015年2月 (2)年
  25. 2015年1月 (1)年
  26. 2014年11月 (1)年
  27. 2014年10月 (2)年
  28. 2014年9月 (2)年
  29. 2014年8月 (2)年
  30. 2014年7月 (2)年
  31. 2014年5月 (1)年
  32. 2014年4月 (1)年
  33. 2013年12月 (2)年
  34. 2013年11月 (1)年
  35. 2013年10月 (3)年
  36. 2013年9月 (1)年
  37. 2013年8月 (1)年
  38. 2013年7月 (1)年
  39. 2013年6月 (1)年
  40. 2013年3月 (2)年
  41. 2013年2月 (4)年
  42. 2013年1月 (1)年
  43. 2012年12月 (2)年
  44. 2012年11月 (1)年
  45. 2012年10月 (3)年
  46. 2012年8月 (1)年
  47. 2012年7月 (1)年
  48. 2012年6月 (1)年
  49. 2012年5月 (1)年
  50. 2012年4月 (1)年
  51. 2012年2月 (2)年
  52. 2012年1月 (1)年
  53. 2011年12月 (2)年
  54. 2011年11月 (1)年
  55. 2011年10月 (1)年
  56. 2011年9月 (1)年
  57. 2011年8月 (1)年
  58. 2011年3月 (3)年
  59. 2011年2月 (2)年
  60. 2010年12月 (3)年
  61. 2010年11月 (1)年
  62. 2010年10月 (1)年
  63. 2010年9月 (1)年
  64. 2010年8月 (1)年
  65. 2010年7月 (1)年
  66. 2010年5月 (3)年
  67. 2010年3月 (2)年
  68. 2010年2月 (1)年
  69. 2010年1月 (1)年
  70. 2009年12月 (3)年
  71. 2009年11月 (2)年
  72. 2009年7月 (1)年
  73. 2009年6月 (1)年
  74. 2009年5月 (1)年
  75. 2009年3月 (2)年
  76. 2009年2月 (1)年
  77. 2008年12月 (2)年
  78. 2008年11月 (1)年
  79. 2008年9月 (2)年
  80. 2008年8月 (1)年
  81. 2008年4月 (1)年
  82. 2008年3月 (1)年
  83. 2008年1月 (1)年
  84. 2007年12月 (2)年
  85. 2007年8月 (1)年
  86. 2007年7月 (5)年
  87. 2007年6月 (1)年
  88. 2007年5月 (1)年
  89. 2006年7月 (1)年
  90. 2006年6月 (5)年
  91. 2006年5月 (3)年
  92. 2006年2月 (1)年
  93. 2005年6月 (1)年
  94. 2005年1月 (1)年
  95. 2004年10月 (1)年
  96. 2004年7月 (1)年
  97. 2004年6月 (1)年
  98. 2004年5月 (1)年
  99. 2004年4月 (1)年
  100. 2004年3月 (4)年
  101. 2003年5月 (1)年
  102. 2003年2月 (3)年
  103. 2003年1月 (2)年
  104. 2002年8月 (2)年
  105. 2002年5月 (1)年
  106. 2002年1月 (2)年
  107. 2001年8月 (2)年
  108. 2001年7月 (1)年
  109. 2001年3月 (1)年
  110. 2000年12月 (1)年
  111. 2017 (24)年年
  112. 2016 (14)年年
  113. 2015 (18)年年
  114. 2014 (11)年年
  115. 2013 (17)年年
  116. 2012 (14)年年
  117. 2011 (11)年年
  118. 2010 (15)年年
  119. 2009 (11)年年
  120. 2008 (9)年年
  121. 2007 (10)年年
  122. 2006 (10)年年
  123. 2005 (2)年年
  124. 2004 (9)年年
  125. 2003 (6)年年
  126. 2002 (5)年年
  127. 2001 (4)年年
  128. 2000 (1)年年

110V仕様ダブルエンドハロゲンランプ「J」および、「JP」
一部生産中止品のご案内

ウシオライティング株式会社
光源事業部

110V仕様ダブルエンドハロゲンランプ「J」および、「JP」
一部生産中止品のご案内



拝啓、貴社益々ご清栄の段大慶に存じます。平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

長らくご愛顧いただいておりますダブルエンドハロゲンランプ「J」および、「JP」の一部の製品において、材料の発注ロットの大幅な見直しと近年の高騰により従来と同様な小ロット販売と価格の維持ができなくなり、当該製品の生産を中止せざるを得なくなりました。
お客様には大変申し訳ありませんが、生産中止に当たり最終発注をお願いする次第です。

大変勝手申し上げますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

対象製品

Jランプ JPランプ
J100V250WAL
J110V200WAF
J110V300WF
J120V500W
J220V550W
J208V1500WB3
J220V1000W
J220V1500W
J225V1000WB
J225V1500WB
J225V2000WB
JP100V300WC2
JP100V500WB1
JP100V500WBL
JP100V500WC2
JP100V750WCU
JP100V1000WB
JP100V1000WCF
JP100V1250WB1
JP120V1000WS
JP120V1250WC
JP120V1250WCF
JP185V1000WS/UA
JP220V500WC/UA
JP220V1000WS
JP225V625WCL
JP225V1000WCL/UA
JP240/250V625WCF
JP240V1000WC1


カテゴリー: ニュース重要なお知らせ

照明のLED化に適した「LEDIU LED電球」
他にはない製品ラインアップ数で市場を深耕
多彩な色温度の新10品種を市場投入

ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅)は、一般照明、商業施設・店舗照明などで使用されている110V仕様ハロゲンランプ(JDR)のリプレイス、照明のLED化に適した、「LEDIU*1 LED電球 ダイクロハロゲン形(以下、LEDIU LED電球)」について、展開してきた『ラインアップの拡充』をさらに加速、今後はユーザごとで異なる、色温度、光の拡がり、照度ニーズを満たすべく、製品ラインアップ数を拡充することで市場を深耕、さらなるシェア獲得を目指し、事業を推し進めます。

その一環として、この度、JDR代替LED電球の、色温度が異なる新10品種を9月中旬から販売開始します。

Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ