1. 2019年6月 (2)年
  2. 2019年5月 (2)年
  3. 2019年4月 (2)年
  4. 2019年3月 (2)年
  5. 2019年2月 (1)年
  6. 2019年1月 (2)年
  7. 2018年12月 (1)年
  8. 2018年11月 (1)年
  9. 2018年10月 (3)年
  10. 2018年8月 (3)年
  11. 2018年7月 (4)年
  12. 2018年5月 (2)年
  13. 2018年4月 (1)年
  14. 2018年3月 (3)年
  15. 2018年2月 (4)年
  16. 2017年11月 (1)年
  17. 2017年10月 (6)年
  18. 2017年8月 (1)年
  19. 2017年6月 (4)年
  20. 2017年5月 (4)年
  21. 2017年4月 (2)年
  22. 2017年3月 (4)年
  23. 2017年2月 (1)年
  24. 2016年12月 (1)年
  25. 2016年11月 (1)年
  26. 2016年10月 (1)年
  27. 2016年8月 (4)年
  28. 2016年6月 (1)年
  29. 2016年4月 (1)年
  30. 2016年3月 (4)年
  31. 2015年11月 (2)年
  32. 2015年10月 (1)年
  33. 2015年9月 (2)年
  34. 2015年8月 (4)年
  35. 2015年6月 (1)年
  36. 2015年5月 (1)年
  37. 2015年4月 (3)年
  38. 2015年3月 (1)年
  39. 2015年2月 (2)年
  40. 2015年1月 (1)年
  41. 2014年11月 (1)年
  42. 2014年10月 (2)年
  43. 2014年9月 (2)年
  44. 2014年8月 (2)年
  45. 2014年7月 (2)年
  46. 2014年5月 (1)年
  47. 2014年4月 (1)年
  48. 2013年12月 (2)年
  49. 2013年11月 (1)年
  50. 2013年10月 (2)年
  51. 2013年9月 (1)年
  52. 2013年8月 (1)年
  53. 2013年7月 (1)年
  54. 2013年6月 (1)年
  55. 2013年3月 (2)年
  56. 2013年2月 (3)年
  57. 2013年1月 (1)年
  58. 2012年12月 (2)年
  59. 2012年11月 (1)年
  60. 2012年10月 (3)年
  61. 2012年7月 (1)年
  62. 2012年6月 (1)年
  63. 2012年5月 (1)年
  64. 2012年4月 (1)年
  65. 2012年2月 (2)年
  66. 2012年1月 (1)年
  67. 2011年12月 (2)年
  68. 2011年11月 (1)年
  69. 2011年10月 (1)年
  70. 2011年9月 (1)年
  71. 2011年8月 (1)年
  72. 2011年3月 (3)年
  73. 2011年2月 (2)年
  74. 2010年12月 (3)年
  75. 2010年11月 (1)年
  76. 2010年10月 (1)年
  77. 2010年9月 (1)年
  78. 2010年8月 (1)年
  79. 2010年7月 (1)年
  80. 2010年5月 (3)年
  81. 2010年3月 (2)年
  82. 2010年2月 (1)年
  83. 2010年1月 (1)年
  84. 2009年12月 (3)年
  85. 2009年11月 (2)年
  86. 2009年7月 (1)年
  87. 2009年6月 (1)年
  88. 2009年5月 (1)年
  89. 2009年3月 (2)年
  90. 2009年2月 (1)年
  91. 2008年12月 (2)年
  92. 2008年11月 (1)年
  93. 2008年9月 (2)年
  94. 2008年8月 (1)年
  95. 2008年4月 (1)年
  96. 2008年3月 (1)年
  97. 2008年1月 (1)年
  98. 2007年12月 (2)年
  99. 2007年8月 (1)年
  100. 2007年7月 (5)年
  101. 2007年6月 (1)年
  102. 2007年5月 (1)年
  103. 2006年7月 (1)年
  104. 2006年6月 (5)年
  105. 2006年5月 (3)年
  106. 2006年2月 (1)年
  107. 2005年6月 (1)年
  108. 2005年1月 (1)年
  109. 2004年10月 (1)年
  110. 2004年7月 (1)年
  111. 2004年6月 (1)年
  112. 2004年5月 (1)年
  113. 2004年4月 (1)年
  114. 2004年3月 (4)年
  115. 2003年5月 (1)年
  116. 2003年2月 (3)年
  117. 2003年1月 (2)年
  118. 2002年8月 (2)年
  119. 2002年5月 (1)年
  120. 2002年1月 (2)年
  121. 2001年8月 (2)年
  122. 2001年7月 (1)年
  123. 2001年3月 (1)年
  124. 2000年12月 (1)年
  125. 2019 (11)年年
  126. 2018 (22)年年
  127. 2017 (23)年年
  128. 2016 (13)年年
  129. 2015 (18)年年
  130. 2014 (11)年年
  131. 2013 (15)年年
  132. 2012 (13)年年
  133. 2011 (11)年年
  134. 2010 (15)年年
  135. 2009 (11)年年
  136. 2008 (9)年年
  137. 2007 (10)年年
  138. 2006 (10)年年
  139. 2005 (2)年年
  140. 2004 (9)年年
  141. 2003 (6)年年
  142. 2002 (5)年年
  143. 2001 (4)年年
  144. 2000 (1)年年

「福岡営業所 大分出張所」 開設のご案内

「福岡営業所 大分出張所」 開設のご案内

この度、主にプラスチック事業の拡大、九州地方におけるサービス体制強化を図るため、2月より、あらたに大分出張所(大分県杵築市)を開設する運びとなりましたので、お知らせいたします。
これを機に、提案力やサービスの質をさらに高め、より一層のお客さま満足度向上を図る所存です。
今後とも、倍旧のお引き立てを賜りたく、何とぞよろしくお願い申しあげます。

Continue reading

カテゴリー: ニュース重要なお知らせ

株式会社姫路ヴィクトリーナとのスポンサー契約締結に関するお知らせ



ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:牛尾志朗、以下、ウシオエンターテインメント)は、傘下のウシオライティング株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:椿隆二郎)を通じて、バレーボールのV.LEAGUE(Division2)加盟チームである「ヴィクトリーナ姫路」を運営する株式会社姫路ヴィクトリーナ(所在地:兵庫県姫路市、代表取締役球団社長:橋本 明)とのスポンサー契約を締結、オフィシャルライティングパートナーとして、その活動をサポートしていきます。

ヴィクトリーナ姫路は、2016年に設立された日本初の女子プロバレーボールチームで、今シーズン(2018/19シーズン)から、日本バレーボールリーグ機構が運営する「V.LEAGUE Divison2」に参戦しています。
同チームは、兵庫県姫路市を本拠地に、「姫路から世界へ」をチームスローガンとして活動しています。
ゼネラルマネージャーには姫路市出身で、バレーボール女子日本代表監督を8年間務め、2012年ロンドン五輪で日本女子バレー界に28年ぶりの銅メダルをもたらした眞鍋政義氏が、監督には同五輪でセッターとして活躍し、メダル獲得のチーム躍進を支えた竹下佳江氏が就任したことで、注目と期待が集まっています。

ウシオは、「地域社会との調和」、「地域の発展に貢献」を基本方針、行動指針の1つとして企業活動を推進するなか、創業の地でもある姫路に根ざし、姫路から世界を目指す同チームの活動をサポートすることは意義のあることだと考えます。また、単なるスポンサーにとどまることなく、ウシオが得意とする照明、映像、音響の、これまで重ねてきたさまざまな商業施設、テーマパーク、アミューズメント施設でのコラボレート実績をフルに活用し、公式ライティングパートナとしてホームゲームの試合会場を演出することで、会場を訪れる地域の方々に、元気と一体感をもたらします。
さらに、ワクワク、ドキドキするエンターテインメントシーンを創出、提供することは、バレーボールの魅力向上にも資すると信じています。




株式会社姫路ヴィクトリーナ
代表取締役球団代表 橋本 明

この度、ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社様からのご支援が決定したことは非常に嬉しく思います。
我々ヴィクトリーナ姫路は、女子バレーボール界初のプロチームです。
プロチームにとってホームゲームの演出は、今後の大きな課題でありもっとも力を入れるべきテーマですので、大変心強く思います。
ウシオエンターテインメント様の技術や力をお借りして、会場の一体感が高まりファンに一層喜ばれる試合となることを期待し、この度の合意が両者にとって有益なものとなるよう取り組んでまいりたいと考えております。



ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社
代表取締役 牛尾 志朗

私たちは、光や映像、音響による演出により、あらゆる場所で人々に「驚き」や「感動」を与えるエンターテインメントを創造してきました。
この度、ヴィクトリーナ姫路への支援を通じて、地域スポーツの健全な発展と、スポーツ観戦の新たな魅力創出に尽力する所存です。
また、ウシオ創業の地でもある姫路で、スポーツのさらなる発展、地域の活性化に寄与できる機会が得られたことを誇らしく思います。
私たちもヴィクトリーナ姫路とともに、姫路から世界へはばたきます。



►リリースPDFを開く



お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

ウシオライティング株式会社 広報 金子
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone:03-3552-8261 / Fax:03-3552-8263
E-mail:t-kaneko@ushiolighting.co.jp


2018-2019シーズン ホームゲーム演出


Photo Gallery







カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ