1. 2019年4月 (2)年
  2. 2019年3月 (2)年
  3. 2019年2月 (1)年
  4. 2019年1月 (2)年
  5. 2018年12月 (1)年
  6. 2018年11月 (1)年
  7. 2018年10月 (3)年
  8. 2018年8月 (3)年
  9. 2018年7月 (4)年
  10. 2018年5月 (2)年
  11. 2018年4月 (1)年
  12. 2018年3月 (3)年
  13. 2018年2月 (4)年
  14. 2017年11月 (1)年
  15. 2017年10月 (6)年
  16. 2017年8月 (1)年
  17. 2017年6月 (4)年
  18. 2017年5月 (4)年
  19. 2017年4月 (2)年
  20. 2017年3月 (4)年
  21. 2017年2月 (1)年
  22. 2016年12月 (1)年
  23. 2016年11月 (1)年
  24. 2016年10月 (1)年
  25. 2016年8月 (4)年
  26. 2016年6月 (1)年
  27. 2016年4月 (1)年
  28. 2016年3月 (4)年
  29. 2015年11月 (2)年
  30. 2015年10月 (1)年
  31. 2015年9月 (2)年
  32. 2015年8月 (4)年
  33. 2015年6月 (1)年
  34. 2015年5月 (1)年
  35. 2015年4月 (3)年
  36. 2015年3月 (1)年
  37. 2015年2月 (2)年
  38. 2015年1月 (1)年
  39. 2014年11月 (1)年
  40. 2014年10月 (2)年
  41. 2014年9月 (2)年
  42. 2014年8月 (2)年
  43. 2014年7月 (2)年
  44. 2014年5月 (1)年
  45. 2014年4月 (1)年
  46. 2013年12月 (2)年
  47. 2013年11月 (1)年
  48. 2013年10月 (2)年
  49. 2013年9月 (1)年
  50. 2013年8月 (1)年
  51. 2013年7月 (1)年
  52. 2013年6月 (1)年
  53. 2013年3月 (2)年
  54. 2013年2月 (3)年
  55. 2013年1月 (1)年
  56. 2012年12月 (2)年
  57. 2012年11月 (1)年
  58. 2012年10月 (3)年
  59. 2012年7月 (1)年
  60. 2012年6月 (1)年
  61. 2012年5月 (1)年
  62. 2012年4月 (1)年
  63. 2012年2月 (2)年
  64. 2012年1月 (1)年
  65. 2011年12月 (2)年
  66. 2011年11月 (1)年
  67. 2011年10月 (1)年
  68. 2011年9月 (1)年
  69. 2011年8月 (1)年
  70. 2011年3月 (3)年
  71. 2011年2月 (2)年
  72. 2010年12月 (3)年
  73. 2010年11月 (1)年
  74. 2010年10月 (1)年
  75. 2010年9月 (1)年
  76. 2010年8月 (1)年
  77. 2010年7月 (1)年
  78. 2010年5月 (3)年
  79. 2010年3月 (2)年
  80. 2010年2月 (1)年
  81. 2010年1月 (1)年
  82. 2009年12月 (3)年
  83. 2009年11月 (2)年
  84. 2009年7月 (1)年
  85. 2009年6月 (1)年
  86. 2009年5月 (1)年
  87. 2009年3月 (2)年
  88. 2009年2月 (1)年
  89. 2008年12月 (2)年
  90. 2008年11月 (1)年
  91. 2008年9月 (2)年
  92. 2008年8月 (1)年
  93. 2008年4月 (1)年
  94. 2008年3月 (1)年
  95. 2008年1月 (1)年
  96. 2007年12月 (2)年
  97. 2007年8月 (1)年
  98. 2007年7月 (5)年
  99. 2007年6月 (1)年
  100. 2007年5月 (1)年
  101. 2006年7月 (1)年
  102. 2006年6月 (5)年
  103. 2006年5月 (3)年
  104. 2006年2月 (1)年
  105. 2005年6月 (1)年
  106. 2005年1月 (1)年
  107. 2004年10月 (1)年
  108. 2004年7月 (1)年
  109. 2004年6月 (1)年
  110. 2004年5月 (1)年
  111. 2004年4月 (1)年
  112. 2004年3月 (4)年
  113. 2003年5月 (1)年
  114. 2003年2月 (3)年
  115. 2003年1月 (2)年
  116. 2002年8月 (2)年
  117. 2002年5月 (1)年
  118. 2002年1月 (2)年
  119. 2001年8月 (2)年
  120. 2001年7月 (1)年
  121. 2001年3月 (1)年
  122. 2000年12月 (1)年
  123. 2019 (7)年年
  124. 2018 (22)年年
  125. 2017 (23)年年
  126. 2016 (13)年年
  127. 2015 (18)年年
  128. 2014 (11)年年
  129. 2013 (15)年年
  130. 2012 (13)年年
  131. 2011 (11)年年
  132. 2010 (15)年年
  133. 2009 (11)年年
  134. 2008 (9)年年
  135. 2007 (10)年年
  136. 2006 (10)年年
  137. 2005 (2)年年
  138. 2004 (9)年年
  139. 2003 (6)年年
  140. 2002 (5)年年
  141. 2001 (4)年年
  142. 2000 (1)年年

小形電球代替LEDランプ LEDキャンドルライト 「Kirabi(煌火/きらび)」 販売開始
明るく、均等かつ広範囲に光を放つLED電球で、新たなアプリケーション提案

LEDキャンドルライト Kirabiウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅)は、小形電球代替LEDランプ LEDキャンドルライト 「Kirabi(煌火/きらび) 以下、Kirabi」について、6月12日(金)から販売開始することを、お知らせします。
本製品は、一般照明、商業施設・店舗照明などで使用される白熱電球のリプレイス、照明のLED化に適したもので、均等でムラが少ない光の拡がりを実現するだけでなく、省エネ、環境負荷低減に貢献します。

Kirabiは、一般照明、商業施設のエントランスや通路、店舗の高天井部分に設置されたシャンデリア、ブラケットなどに適した、明るく、均等かつ広範囲に光を放つLED電球です。
市場から求められている、「既存の白熱電球が放つ光と同等のイメージ」、「高照度・低消費電力化」を追求しました。 Continue reading

カテゴリー: ニュースニュースリリース

ページトップ